2018/06/21

直輝とナバウト

直輝がトレーニング中に骨折。
全治4カ月。今季復帰は難しそう。直輝は故障がちなのが残念です。
ナバウトも試合中に右肩脱臼。
7月中旬には戻ってこれるのかな。
どちらの選手も心配です。

| | コメント (0)

2018/06/20

つけ

ここにきて、仕事関係のつけを支払っている感じです。
暫く楽していたから、仕事自体が結構体に応えます。
まだ週の半分が終わったところ。
いやー、大変です。

| | コメント (0)

2018/06/19

謝罪

サッカーというスポーツを真剣に見始めて24年近くになります。
それでもジャイアントキリングなるものをかなり見てきましたが、まさか自分が応援するチームが成し遂げることはなかなかないことです。
そのジャイアントキリングを日本が実現するとは。
ゲーム序盤で非常にラッキーなことがあったのは間違いないです。
でも、結果をしっかり残したのは大きいです。
なので謝罪します。
まずは西野監督、代表メンバー、スタッフの方々。最初から勝てないだろうと思っていたこと、申し訳ございませんでした。このメンバーなら、もっと若いメンバーを選出してほしいなんて思っていたこと、ごめんなさい。
そしてハリル監督から西野監督に代えた日本サッカー協会強化部の方々に、謝罪いたします。あなたたちを脳無呼ばわりしたこと、申し訳ございませんでした。

次回はセネガル戦。しっかり闘っていきましょう。まだ決勝トーナメントに進んでいないので。

| | コメント (0)

2018/06/18

大阪の地震

6月18日、大阪にてちょっと大きな地震発生。
知り合いから特に連絡が来ていないので大丈夫かと思いますが、大丈夫でしょうか。
自然災害はどうしようもないからな・・・。

| | コメント (0)

2018/06/17

メッシは輝けないのか

アルゼンチン対アイスランド戦。
アイスランドは守備が凄く良かったです。なんとかアルゼンチンの攻撃陣を食い止めようというのが感じられましたし、実際1失点で抑えたのは上出来です。
そのアルゼンチンの攻撃陣を引っ張っていたメッシ。メッシはバルセロナでは輝いていますが、アルゼンチン代表となると、輝ききれません。やっぱりバルサみたいにメッシありき動いているチームじゃない、ということなのかな。
メッシ自身もPK止められて、その後空回りしていましたからね。本人が一番分かっているかもしれません、空回りした理由は。

| | コメント (0)

2018/06/16

レベル高っ!

スペイン対ポルトガルの試合をじっくり見させていただきました。
レベルの高い試合を見て、唖然としております。
スペインのコスタが決めた1点目のゴールといい、ナチョの抑えたボレーシュートといい、3-3に追いついたC・ロナウドのFKといい、こんな試合を2日目から見れるとは。
ヨーロッパのTOPはこのレベルなんですね。
それと今の主流はポゼッションよりも、個が強い感じのカウンターなんですか、良くわかりませんが。ポルトガルがカウンターサッカー展開していたので。
最後、C・ロナウドが足を気にして倒れていたシーンが気になります。

| | コメント (0)

2018/06/15

地元って強い

開幕ゲーム、ロシアが圧勝しました。
やっぱり地元は強いです。地の利がある分、良い感じなんでしょうね。
2得点目が非常に良かったです。
それに対して、サウジが・・・。
アジア地区はあんな感じになっちゃうのかな。いろいろと心配です。

| | コメント (0)

2018/06/14

優勝国予想

今回のワールドカップ、優勝国の自分の本命はドイツ。
ドイツは選手層が厚いので、多少のトラブルも何とかしてしまうでしょう、たぶん。
対抗はスペインかな。イニエスタが最後の代表選出で奮起して優勝までして、ヴィッセルに来ればJも盛り上がるので。
穴はブラジルかアルゼンチンで悩みましたが、ブラジルを入れます。ただ、ヨーロッパでの大会で南米勢が勝つのは難しいので。
こんな感じです。
いよいよ今夜始まります。ロシア大会。

| | コメント (0)

2018/06/13

光明なのか

パラグアイ戦で、西野監督になってから初勝利となった日本代表。
この勝利自体が光明になるのかどうか。
確かにワールドカップに出ないパラグアイ相手に善戦しても意味がないかもしれません。
ただ、西野監督が純粋にコンディションが良い選手をピックアップし、試合をするという思いが固まったなら、それだけでも良いと思います。
変な忖度が働かないことを切に願います。

| | コメント (0)

2018/06/12

監督の差なの

9日に行われた甲府とのセカンドレグ。
エルゴラッソに評価が載っていました。
一番に目が行ったのがそれぞれの監督の評価でした。
オリベイラ監督の評点が5に対して、甲府の上野監督の評点が7でした。
これは2戦トータルの評価がそういう評価になったのでしょう。
監督の差、というよりもルヴァンカップに対する監督の考えで差が出たと思っています。少し負け惜しみかな。

| | コメント (0)

«PK戦、やり直し