2019/03/19

ココログ リニューアル

本日、3月19日、ココログがかなり変更になりました。
正直14年近く使い込んでいたものから変更されたので、違和感いっぱいです。
こんなに良く変更したな、というのが第一印象です。
この記事が上手く反映されるかどうかさえ疑問です。ただ書き込みしない人には、特に変更ない様子です。

まあ、ボチボチ慣れていきますか。

| | コメント (0)

2019/03/18

そうなりますわ

月曜日発売のエルゴラッソ。
今回は3月17日日曜日の試合について書かれていました。
やっぱり自分は評点が気になってしまいました。
セレッソ戦、得点に絡んだ4人、興梠、杉本、山中、マルティノスが6.5の評点を取っていました。
しかし、1番高かったのは7点でオリベイラ監督でした。采配がズバリ当たったのが評価されたのでしょう。
まあ、そうなりますわ。

マルティノスが高評価は嬉しいサプライズです。
守備をするマルティノス、このままの状態でプレイしてほしいです。

| | コメント (0)

2019/03/17

対セレッソ大阪戦:逆転勝ち

C大阪1-2浦和
得点者
64分 ソウザ
76分 興梠
82分 杉本

この試合もDAZNでTV観戦でした。

5連戦の5試合目。それもAWAY3連戦の最終戦でした。
先発メンバーもほとんど変更なしですから、かなりキツイ試合になってしまったかと思います。

この試合のポイントじゃ2つ。
1つ目は前半を0点で抑えたこと。
ボール支配率が今回もかなりのセレッソボールでしたし、なおかつ都倉が結構怖いシュートを放ちましたが、これを防いだのが大きかったです。
ポイントの2つ目は、選手交代が上手く行ったことでしょう。
後半19分に森脇がファールで与えてしまったFKをソウザが綺麗に決められた後に、オリベイラ監督は宇賀神OUT山中IN、柏木OUTマルティノスINという2枚替えを敢行しました。
それがすぐに結果を出しました。
交代直後の後半31分、山中のFKを興梠がヘディングで決めて同点。
そして後半34分、マルティノスがボールをもらってドリブル。そのドリブルで突破する際にボックス内で倒されてPKを獲得、そのPKを杉本が決めて逆転となりました。

流れの中で得点が出来ないのかもしれませんが、それ以上にこの時点でしっかり結果を残したことを評価したいと思います。評価といえば、自分の中でマルティノスへの再評価をしても良いのではと思い始めました。PK獲得以外にも、それなりに守備をし始めましたしね。

これで1週間リーグ戦はお休みです。ここでどのくらい調整してくるかで、また変わってくるかと思います。インターバル期間の調整に期待しています。

| | コメント (0)

2019/03/14

1たまむずびリスナーとして

今回、ウルトラの瀧容疑者がコカイン使用の罪で逮捕された件について。
TBSラジオ『たまむすび』リスナーとして、非常に動揺しました。
特に3月13日水曜日のオープニングトーク。あの赤江さんが泣きながらしゃべっているのを聞いていて、非常に胸がつまりました。
そこを上手くフォローする大吉先生は、かなり好感度が上がりました。
その大吉先生が言っていた『このメンバーで10年、20年やっていくんだろうなー』という言葉を自分も何となく思っていただけに、こういう形で曜日パートナーがいなくなることは想定外でした。
自分がこの番組のリスナーとなってそろそろ5年。曜日ごとのカラーが異なるのが、この番組の面白さです。
まだまだ続けてほしい番組です。こんなトラブルに負けないでほしいです。

| | コメント (0)

2019/03/13

良く引き分けた

北京国安とのAWAYゲーム。
後半アディショナルタイムのオフサイドは微妙な感じもしますが、良く引き分けました。
あんな展開、スタッツもとんでもない数字が出ていますが、ポゼッション率北京66.4%に対して、浦和が33.6%と一方的に押されまくった試合なのに、引き分けで終わらせたのには感服いたします。
個人的なMOMは西川ですかね。良くも20本のシュートを打たれながら、無失点は上出来です。

この勝ち点1を活かすのも、次節以降になります。
本当にお疲れさまでした。

| | コメント (0)

2019/03/12

R-1グランプリ2019:雑感

確かに、霜降り明星の粗品氏のネタは面白かったです。
ただ、自分の好みではセントラルスパの大須賀氏の方が面白かったです。まあ、好みの問題ですけど。
なんか吉本的に霜降りをもっと前面に出したいみたいな動きが見え隠れしている、とかは勘ぐりすぎですか。
関根さんの松本りんす押しは、カツラをカミングアウトした称賛の評も入っているような気がします。それ以上にヅラネタが好きすぎるのかもしれませんが。

| | コメント (0)

2019/03/11

あんまり

今日発売のエルゴラッソ。
対松本戦のレビューが載っていました。
MOMは岩波が6.5という評点で獲得していました。同じ6.5で興梠も高評価でした。
その評点で松本の選手たちも負けたチームにしては軒並み点数が高かった感じです。4点台の選手はいなかったので。
これって、現状をそのまま正直に表している感じですね。あんまり差がないところが。
それでも勝ち点3を取れたことは大きいです。

| | コメント (0)

2019/03/10

Minori Chihara Live Tour 2019 ~SPIRAL~

3月9日土曜日、中野サンプラザで行なわれたライブ、Minori Chihara Live Tour 2019 ~SPIRAL~に行ってきました。
セットリストはこちらのリンクを参照してください。
今回はアルバム「SPIRAL」の楽曲が中心のライブでした。
ライブ時間は2時間40分程度、曲目数は22曲といつもと同じような感じでした。
ただ、今回は純白サンクチュアリが入ってなかったのが、ちょっと消化不良な感じです。そこだけが残念だったかな。

MCで言っていましたが、今年デビュー15周年ということで、大きな企画を用意しているようです。また武道館あたりでそこそこ大きいライブを開催していただけるとありがたいです。

| | コメント (0)

2019/03/09

対松本山雅戦:辛勝

松本0-1浦和
得点者
72分 興梠

この時期の松本は天候が読めなかったのと、AWAYゾーンが狭くチケット確保が難しいと思ったので、DAZNで観戦しました。

この試合、柴戸をボランチに起用しました。過密日程によってエヴェルトンを下げたのでしょう。実際、柴戸の方がフィットしているような気がします。それで、少しは守備が落ち着いたような気もします。
守備といえば、松本は守備をかなりしっかりやってきました。
まあ、あそこまでしっかりマークやあたりに来られたら、かなり厳しくなるのは当然です。
実際、松本のシュート数よりもレッズの方が少ないというスタッツ結果が出ていますから。
それでも松本に残念ながら決定力がないのに助けられた感がありますが、守備陣があの強風が吹く中、頑張れたのでしょう。

そこで頑張った結果が、後半27分、長澤が切れ込んで上げたクロスが相手ディフェンスのハンドを誘い、興梠がPKをしっかり決めて先制。
その後は、守り切って、レッズがリーグ戦初勝利となりました。

この試合、前節札幌にやられていたために、しっかり勝ったのは大きいです。
このまま、AWAYでの試合が北京、大阪・長居と続きます。
苦しい状況下ですが、奮闘を期待します。

| | コメント (0)

2019/03/07

まぁ

今回も外れました、totoBIG。
1等なしでキャリーオーバーですから、次回に期待。
ってこの展開何度あった事か。
そして、何度スルーされたか。
でも買っちゃいます。

| | コメント (0)

«初日