2019/09/18

ACL準々決勝対上海上港戦:考え事

浦和1-1上海
得点者
39分 興梠慎三
60分 ワン シェンチャオ
観衆 28,553
Dsc_0127

1日経って、新聞を読んだり、いろんなところのサイトを見たりして思ったのは、まだACLが終わらなくて良かった、という事でした。

関根からのクロスを決めた興梠のヘディングシュートでのゴールは素晴らしかったですし、かなりシュートの意識も高かったし、エヴェルトンも前に良く顔出ししていました。それと橋岡も良い上がりをしていました。(ただクロスなり、シュートの精度が良ければ、もっと良かった。)
後半15分に同点になってしまいましたが、その後も攻撃的に行ったのが良かったような気がします。

昨日の試合が終わった後、レッズはリーグ戦とACLでは何が違うのか、考えてみました。
個人の主観でしかないのですが、組織よりも個人の力や技が主体になってしまう中国のチームなどを相手にするとレッズは良いサッカー(そこそこ勝負になるサッカー)をします。でも、個人よりも組織力、チームでまとまった戦術があるJクラブには上手くはまらない、というところでしょうか。言い方を変えると、今のレッズは組織よりも個の強さを出して戦っている、という事なのかもしれません。
あと今のレッズは1点で勝てる感じがないんですよね。やっぱり2点3点取らないと厳しいです。

ACLの準決勝は広州恒大に決定しました。レッズの強みが活かせる相手になりました。
でもその強みが出せるかどうかは、レギュラー陣の疲れが取れるかどうかだと思います。
9月25日の天皇杯4回戦よりも、9月28日のAWAYサガン鳥栖戦に注力してほしいです。
ホンダFC戦で興梠や関根、青木あたりを出場させるようなことはしてほしくないです。それと同じくらいにサブでくすぶっているサイドの選手とかなかなかベンチにも入れない外国籍選手などの奮起を期待します。

| | コメント (0)

2019/09/17

結果が全てだが

ACL準々決勝のセカンドレッグ、1-1の引き分け。
AWAYゴールの差で準決勝に勝ち上がりました。
結果が全てですが、勝ってほしかった。
結局、天皇杯の水戸戦以来勝ち無しが続いています。
闇が深い感じが・・・。
明日にでもまとめます。

| | コメント (0)

2019/09/16

ノーサイド・ゲーム

TBSドラマ『ノーサイド・ゲーム』、かなり楽しませてもらいました。
日曜劇場で池井戸潤原作は、やっぱり面白いです。
ドラマパートとラグビーパートともにしっかり出来上がっている感じもしましたし、悪を成敗するという池井戸潤作品らしくなっていました。

自分はそんなにドラマってそんなに見なくなったんですが、何でだろう。TVがメインの娯楽になっていないからかな。
日曜劇場の次回策は木村拓也ものですか。たぶん、見ないんだろうなー。

| | コメント (0)

2019/09/15

MGC

男子マラソンを久々にフルで見ちゃいました。

箱根から出ている選手が多いです。出身大学に興味が行っちゃいました。
設楽選手がスタートから逃げで行くなんて、ツインターボーみたいでした。
しかし最後は、上手くコントロールした中村選手と服部選手。マラソンって難しいですよね。

こういう選考方法は、非常にわかりやすくて良かったと思います。
このわかりやすいオリンピック選手選考方法が定着するかしないかは、オリンピックの結果次第。
なので、オリンピック本戦で良い成績を期待します。

| | コメント (0)

2019/09/14

対セレッソ大阪戦:試合に関係ない話が多い

浦和1-2セレッソ大阪
得点者
47分 松田 陸
60分 興梠慎三
84分 田中亜土夢

この試合も帰宅しながらDAZNで観戦。
セレッソのマツダがゴールした時と興梠が荻原のシュートのこぼれ球をゴールした時に、電車の中で小さく声を上げてしまいました。
田中のゴール時は声も出ませんでしたが・・・。

確かに阿部の退場は悪いし痛いわけですが、阿部選手自身の衰えもあるかもしれませんが、それ以上に反則までしないと止められなかったことが問題だったんでしょう。組織よりも個で守るというところですか。それも後半35分過ぎでのラフプレイでしか止められなくなってしまっていることが問題でしょう。根性論に近いのかな・・・。
根性論は悪くないと思います。ただその前に戦術なり、攻撃や守備のカタチがほしいです。

ここのところ思うことですが、なぜスタメンに外国籍選手が少ないのだろう。セレッソ戦に限って言えば、外国籍選手の出場は0人。外国人というよりも、外国人枠って優秀な選手のために使うんですよね。その優秀な選手を集められないのは強化部として仕事をしているんですか。もう何年も前からですが、他のJクラブで活躍した実績のある選手以外の加入って少なすぎですよ。そろそろ、この1点だけでも改善しないと中長期どころか今シーズンという短期でのクラブ方針が定まらないと思います。
そもそも、こんな感じで続いているクラブってどうなんだろう。古くは1999年とか2000年シーズン、最近では2011年シーズンでもいえるわけですが、行き当たりばったりの監督人事をはじめとするクラブ運営がそもそもダメなんでしょう。そういえばミシャの監督人事だって岡田氏と西野氏に断られての人事でしたね。

あと金曜日のフライデーナイトゲーム、今シーズンは0勝全敗です。4試合、全部ホームで負けています。単なるジンクスです。
ジンクスですが、自分も平日は行きにくいので、金曜日のナイトゲームはやめてください。本当にお願いいたします。

今回は試合に関係ない話が長くなりました。

| | コメント (0)

2019/09/13

分からないけど

セレッソ戦、負けました。
もう降格圏に突入です。
正直、素人の自分には何が悪いのかわからないけど、雰囲気が悪いのは良くわかるし、攻撃にしても守備にしても何となくですが組織立っていない感じがします。
結果論的なところですが、監督が行なう選手交代のタイミングも問題のような・・・。
ともかくモヤモヤし過ぎて纏まらないので、明日にでも振り返りますか。

| | コメント (0)

2019/09/12

桃鉄新作

あの桃太郎電鉄に新作が出来るとのこと。
PLAYしたのは数回ですが、面白かったのは覚えています。
スイッチで発売ですか。
どうしましょうかね。でもゲームやる時間がない。

| | コメント (0)

2019/09/11

もう大変

夕方の雷雨、見事にぶち当たってしまいました。
こんなんじゃー、帰ってもずぶ濡れです。
こんな感じで、天気が進行すると、本当に体調が悪くなりそうです。
ヤバイです。

| | コメント (0)

2019/09/10

無難

ミャンマーとのワールドカップ2次予選の初戦。
しっかり勝ち点3を上げました。
あれだけピッチも荒れているし、雨まで降っている中での試合。
無難に勝ち点3を勝ち取ったことを評価しましょう。

それでも評価できないのはTV中継の方法。
日テレが乗り込んで撮影していたら、まだまともなものだったかもしれませんが、このミャンマーが作成したであろうTV中継画面は悪すぎです。
なぜここでリプレイ、とか思っちゃいましたから。まだまだ伸びしろがありますよね。

| | コメント (0)

2019/09/09

プライムステージ 準々決勝セカンドレグ対鹿島アントラーズ

鹿島2-2浦和
得点者
28分 エヴェルトン
66分 犬飼智也
77分 関根貴大
87分 伊藤 翔

この2試合を通して、わかったことが2つあります。
1つ目はCFの興梠の代わりが出来る選手が、今現在いない、ということ。
あれだけ前でボールをキープし、攻撃できる選手の代わりがいないのは良くわかりますが、セカンドレグでも見られたように、興梠が途中でいなくなったり、試合に出られない状況になった時に、いったいどのような有効に機能するフォーメションなり、攻撃オプションを結局用意できない状態だという事です。
ファブにしても杉本にしても、1TOPの選手じゃないんでしょうね。そもそも1トップ2シャドーをいつまで続けるんだという疑問も出てきますが。
2つ目は、失点の仕方が安すぎること。守備が軽いんです。
ミスをしたマウリシオしかり、しっかり詰めていない槙野の守備しかり。残念すぎるんですよね。槙野もVARを使え、とか注文するのなら、その前に自分たちの失点場面をVTRでしっかり確認してほしいです。

でも、この準々決勝、良かったと思えるのは、現状でも鹿島相手に勝てるかも、という希望が持てたことかな。(このクラスのことを良かったと上げること自体がマズイんですが。)

| | コメント (0)

«代償は大きいか