2022/07/05

どんだけ足を引っ張る

レッズのサポーターというだけで非難を浴びそうな日々を過ごさないといけないのか、と思っております。
ガンバ戦や鹿島戦での声出し応援で罰金だそうです。今後度重なるようなら、無観客試合とか勝ち点はく奪とかになるとか。
もうさー、どんだけ足を引っ張るんだろう。これじゃサポートじゃなくて妨害です。
自分は北ゴール裏からコロナが始まった2020年から離れました。それは声出し応援が出来なくなったからです。それに一緒にいたら集団心理で声を出してしまいそうだから。
今ある規則を破った本人が罰せられるだけなら別に構わないけど、クラブに迷惑かけるのは違うんじゃないですか?
クラブに迷惑かける行為はやめてください。お願いします。

| | コメント (0)

2022/07/04

インテンシティー

この前のガンバ戦において、リカルド監督が「球際やインテンシティー、強度では、前半はガンバ大阪がすべて上回っていた。」というコメントがありました。
この中にあるインテンシティーって何?良くわからないので調べてみました。
インテンシティーは(intensity)と書きます。英語で名詞です。意味は、強烈、厳しさ、ということです。
実際のサッカー用語的には、フィジカルが強いことを指すのが多い使われ方の様です。ただ広義もあるらしく、思考的な部分でも使うようです。そうなると、なんだか発信する側にとっては使い勝手が良い言葉のような気がしました。
今回、なんとか追いついたガンバ戦後の会見で出た言葉ですから、フワッとした物言いのために使った言葉なのかなと感じました。

| | コメント (0)

2022/07/03

対ガンバ大阪戦:引き分け

ガンバ大阪1-1浦和
得点者
33分 齊藤未月
90+2分 アレクサンダー ショルツ

今回もDAZNで観戦しました。
正直、良く追いついたと思いました。
しかし、素人の自分が言うのもなんですが、本調子ではないと思われる江坂を先発で使い続けるのはどうなんですかね?まだ選手起用では方策があるような気がして。
まあ、負けたわけではないので、この辺で。

| | コメント (0)

2022/07/01

暑い

非常に暑いです。
正直、集中力が保てません。
こんなのが9月中旬くらいまで続くのかな・・・。
参っちゃいますよね。

| | コメント (0)

2022/06/29

心配

本日発売のエルゴラッソ。
神戸戦のレビューが掲載されています。
MOMはFKで決勝点をあげたモーベルグ、評点は7。当然といえば当然です。
その選手評価の中で心配になったのが江坂でした。コメントも「復調“気配”のままが続く」というもの。やっぱりそろそろコンディションを浮上させてほしいものです。そのためには休ませることも必要な気が。

| | コメント (0)

2022/06/27

対神戸戦:オフコース

神戸0-1浦和
得点者
90分 モーベルグ

ユンカーが開始5分でいなくなった時には、「これは、今日も良くて引き分けか?」とか思いました。ユンカーなしだと攻め込むことはできても、得点できない感じはありましたよね。
ただ神戸の攻撃がまずいのか、それともレッズの守備が良かったのか判断つきかねますが、あんまり負ける感じはしなかったです。
ハーフタイム時に酒井が宮本に代わって入ってから、その感じは強くなったような気が。特に後半31分に途中交代で入ったモーベルグが1回目のFKを蹴ったあたりからは、押せ押せのムードで、これで引き分けでは負けに近い引き分けかもと思いましたよ。そんな中の後半45分、2回目になったモーベルグのFKが見事に決まって、レッズが先制。そのまま、パワープレイに出た神戸を寄せ付けずにタイムアップ。

今までなんだか優先順位が低い感じに見えたモーベルグ。そのモーベルグが活躍してくれたこと自体、嬉しいです。そしてモーベルグの試合後のDAZNインタビュー。英語でのやり取りでしたが、モーベルグは最初に「Ofcourse」というのが印象に残りました。

| | コメント (0)

2022/06/24

暑さで

この暑さでおかしくなりそうです。
皆様は大丈夫ですか?
今週末はこんな感じらしくて、来週もしばらくはこんな感じらしくて。
なんだか、雨期は終わってしまったのかな。

| | コメント (0)

2022/06/22

えっ

天皇杯3回戦、ザスパに負けたの。
マジですか。
帰りの列車で人身事故。そのため、帰宅が大幅に遅れたため、よくわかりませんが。
なんだかなー、この前の名古屋戦は名古屋が悪すぎたってこと?
J1残留に集中かな、これは。

| | コメント (0)

2022/06/20

いつもとは違う

先日の名古屋戦。
いつもとは違うスタジアムでした。横断幕が北ゴール裏に1つだけ。
P6180022
“NO GUTS、NO GLORY.”だけしかないのです。

そして試合開始前に、ゴール裏中心部から「男なら・・・」の幕。
P6180028

その気持ちが選手を後押ししたんですかね。

本日発売のエルゴラッソにも、幕がなかったことは記載されていました。
エルゴラッソでのMOMは明本でした。まあ、得点はしなくても、FWでもサイドでも頑張っていましたから。
あと大久保の評価も高かったです。

| | コメント (0)

2022/06/19

対名古屋戦:快勝

浦和3-0名古屋
得点者
21分 ショルツ
23分 伊藤敦樹
36分 関根貴大
観衆 28,699人

P6180029
快勝でした。見に行って勝つなんて、ジュビロ戦以来ですか。待たせすぎです。

この試合で改めて思ったのは、先制点を前半のうちに取れば勝つ、ということ。やっぱり早めにチャンスを活かさないとダメだってことです。
最初のチャンスは名古屋に行きましたが、GK西川が上手くセーブしてくれました。
前半で3ゴールとったわけですが、一番嬉しかったのは関根のゴールでした。今シーズン、いいシュートを打つのですが、なかなか決められなかったので。
スタッツ比較を見ると、後半って終盤までシュートを打っていなかったんですね。結構攻撃している場面は多かったけど、シュートまで行けなかった、というところでしょうか。
そんな中、後半アディショナルタイムに途中交代で入った松崎がシュートして、GKにはじかれたところをモーベルグが詰めていてシュートしたのに弾かれてしまったところ。ここで一番印象に残ったのは、松崎の残念な顔がヴィジョンに大写しになったところでした。
P6180030

しっかり勝ち切って、なおかつクリーンシート。
後半にダメ押し点が入らなかった以外、文句のつけようがない試合でした。

次節以降もこの調子を持続してほしいです。

| | コメント (0)

«今日は