« オッズから見たチャンピオンズリーグ | トップページ | 暴露:あなたの携帯電話が盗聴器になっているとしたら? »

2005/03/12

もうコリゴリ:対川崎フロンターレ戦

本日、ウメダ様が先発隊を引き受けていただき、自分自身は11時過ぎに等々力に入りました。(先発は7時半入りしたとの事。)
20050312_1307_0000いい場所、取れそうかなと思っていたのですが、やっぱり甘くバックスタンドのコーナー付近になってしまいました。まあ、1階に場所があるだけOKだろ、と思っていたら、UBの角田氏が「ココでやらしてください。」とハンドマイクで言うからチョットびっくり。いきなり爆心地になってしまいました。

そんなUBの角田氏のゲーム前の言葉。「そろそろいこうか!」(オイ!)「いい声してるね。(オイ)ココ久しぶりだよね。俺、結構ココ好きなんだよね。95年アルシンドVゴール。2nd福田得点王。99年ファイナル。(正確にはファイナルの1つ前の試合)J1上がって天皇杯、ココだったよね。ココは浦和レッズが使えるスタジアムです。俺達のスタジアムです。アイツらより使ってやりましょう。開幕負けたけど、ココでしっかり勝とうよ。意識持ってきたよな。お前らの意識見せてみろ。勝利をたぐり寄せろ。お前らたぐり寄せろ。」(アイーダに続く)
ゲームが始まりました。が爆心地のため、身長が170センチほどの私はほとんど見えず終い。TVで確認してジュニーニョにPKで点を取られ、酒井が上手くゴールを決めて1-1でハーフタイム。
正直、等々力のスタジアムの造りにかなり不満。テラス席、もう少し、段の高さ設けてもらえないかな。

後半はいる前に「後半、コッチゴールだから。みんなで呼んでさ、勝利たぐり寄せようぜ、俺達で。」(We are Reds!We are Reds!We are We are We are Reds♪に続く)
後半は前半よりも良く見えるようになりました。が、我那覇に決められ、ネネ→内舘の交代、アウグストにFKを決められ、2点のビハインド。正直、ヤバイなー、なんとかしてくれ、と思ってみていました。
ココでギドが酒井→岡野、達也→カニ横山と2枚同時に代えるという、この試合勝つ意識を見せてくれました。その岡野がカニとのコンビネーションで点を取って3-2。そしてロスタイム、トゥーリオがダイビング・ヘッドで体ごとゴールで同点、3-3。ゴールしたことに喜んでゴール裏に近づいてきたアレックスが見えました。ここでタイムアップ。なんとか引き分けてくれました。

試合後、角田氏曰く「なあ、イライラするんじゃなねーよ。選手達にメッセージ伝えようよ。ゴールだろ。」オーオー、浦和レッズ、ゴールで俺達を熱くさせろ。 「勝ってねーんだよ。最後追いついたけど、これで満足したらダメだからな。もうコリゴリだ本当に。ちゃんと引き寄せような、もっとな。もっと俺達の力、必要なんだよ。もっともっと強い気持ち持って、次臨もうよ。負けなかったことだけ、それだけ。お前らイライラして途中で帰るんじゃねーぞ。もう懲り懲りだ。次、頑張ろう。お疲れ様でした。」(一部違うかも知れません。違っていたら申し訳ございません。)

なんとか引き分けることができましたね。
本当にこういうのはこりごりです。やっぱりベストメンバーが組めないのと、エメの調子が復調するまではこんな感じになってしまうのかな?本当に岡野が入ることによって、流れが変わりますね。そしてゲーム自体も変えてくれました。主審が穴沢様なので、もう少し荒れるかと思いましたが、そうでもなくて良かったです。
リーグ戦は4月まで空きます。この間のナビスコの2試合で調子が整っていない選手には立ち直ってほしいです。

|

« オッズから見たチャンピオンズリーグ | トップページ | 暴露:あなたの携帯電話が盗聴器になっているとしたら? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/3273005

この記事へのトラックバック一覧です: もうコリゴリ:対川崎フロンターレ戦:

« オッズから見たチャンピオンズリーグ | トップページ | 暴露:あなたの携帯電話が盗聴器になっているとしたら? »