« 最終予選対イラン戦:もっとリスクチャレンジを | トップページ | 対大宮A戦 雑感 »

2005/03/26

3年B組金八先生シリーズ7:ファイナル

今回のファイナル、4時間の放送のうち、本編は3時間でしたが、いやあ、堪能させていただきました。
30歳を過ぎると涙腺が緩むのでしょうか?3回くらい目頭が熱くなってしまいました。
やっぱり狩野伸太郎が答辞を読みました、というか語りましたね。先週までは稲葉舞子かシマケンかなとも思ったのですが、やっぱり伸太郎の方がしまりました。伸太郎絡みで、ビビル大木のオールナイトニッポンで武田鉄矢が話していたそうですが、伸太郎や車掌は電車の中とかで相当絡まれたらしいです。「金八なめんな」とか言われて。でも実際はこの3B演じるのに苦労するほどおとなしい子が多かったとの事。
しゅうの少年院送致は、ドラマとして良い結果になったと思います。やっぱり覚醒剤をやったことに対する償いを視聴者に見せると言う意味でも必要だったと思います。
まあ、ドラマ全体で感想を言わせていただくのなら、前半にイロイロ問題をてんこ盛りにした感があるなー、と思いました。後半、小山内先生の脚本から清水氏に変更してからは、ドラッグという視点に絞った事によって、ドラマがスムーズに動くようになったと思います。

このシリーズ、スペシャルはあっても、8はないんだろうな。

|

« 最終予選対イラン戦:もっとリスクチャレンジを | トップページ | 対大宮A戦 雑感 »

コメント

はじめまして、岡枝と申します♪

‘しゅうの少年院送致は、ドラマとして良い結果になったと思います。やっぱり覚醒剤をやったことに対する償いを視聴者に見せると言う意味でも必要だったと思います。’

↑同意見です。制作側様ではさぞ結末について検討に検討を重ねられてのことと存じますが、英断でしたね。それでこそ、エポック・メイカー『金八先生』です。

後程TB&リンクさせて頂きます♪今後とも宜しくお願い致しますね♪

投稿: 岡枝佳葉 | 2005/03/28 03:32

コメント、ありがとうございます。
まあ、今回は必ず続き(スペシャル特番)があるようなエンディングだったなー、と思います。

投稿: ハットリ@管理 | 2005/03/28 06:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/3444744

この記事へのトラックバック一覧です: 3年B組金八先生シリーズ7:ファイナル:

» 『3年B組金八先生』第七シリーズ終了
‘人として’、我が母校に贈ります怨恨歌
[Art Grey]
『金八先生』乞うカムバック!私の失われた中学時代をまた取り戻させて!…なります駄文。 [続きを読む]

受信: 2005/03/28 03:49

« 最終予選対イラン戦:もっとリスクチャレンジを | トップページ | 対大宮A戦 雑感 »