« 奪取2005 | トップページ | 鹿島戦、追伸記入 »

2005/03/05

腹の底から、声出して、12月まで行こうぜ。

今日は7時に埼玉スタジアム入りしました。それでも普通のリーグ戦の(開幕戦ということも加味しても)当日抽選でこんなに人来ますか?本当に参った。20050305_0728_0000けど本当に参ったのは、自分の引いた番号4桁でした。引いた瞬間、おもわず笑った。
まあ、それはともかくスタジアム内に入れたのは12時過ぎ。やっぱりそれなりの番号を引かないとダメですね。ちなみに今回の席位置は画像の感じです。

UBのコールリーダー角田氏の試合前の気合入れ。「そろそろいこうか!ニヤニヤしてんじゃねーよ。(途中よく聞こえず)We are Reds.ホンモノにしていこうぜ。お前らのWe are Reds.見せてみろよ!腹の底から、声出して、12月まで行こうぜ!」(ウォーリャーに続く)
こんな感じで始まったのです。最初はレッズペース。なおかつ主審がなぜかレッズびいきの判定をしてくれていました。前半20分までに結構得点チャンスありました。が、点が取れず、仲間内と「なんかまずい展開だね。」とか言っていた、前半29分。GKの都築が前に出たところを上を抜かれて、失点。DFとの連携が失敗・・・。その後前半44分、鈴木隆行(あの長髪はズラという未確認情報あり?ハゲなのか?)とアルパイがやりあったらしく(ボールに意識が集中していたため、気がつかなかった)、アルパイの非紳士的行為で退場。前半そのまま終了。主審に対して詰め寄る選手が多い事からみても、かなり今日のジャッジはおかしいものだったと判断できます。
20050305_1334_0000
ゴール裏も重い空気のまま後半戦へ。
後半に入る前のコールリーダーの言葉。「「笑ってんなよ!俺達がビシっとしないとダメだろ。(途中良く聞こえず)最後に勝つのは俺たちだろ。しっかり呼ぼうぜ。ゴールに向かってくるのを見よう。」(大脱走へ続く)
凄く積極的に攻めていたと思います。シュート数では6-1とかなりウチが押してましたから。でもゴールが遠い。それと鹿島の選手が良く倒れる。(それともウチが倒しているのか?)演技がかなりお上手って感じでした。
達也・岡野と投入して、それなりにチャンスは作ったのですが、結局ゴールを割ることができずに試合終了。
無得点のホーム試合での負けって03年の横浜FM戦以来です。

試合後ゴール裏に向かってくる選手に『オーオー、浦和レッズ、ゴールで俺達を熱くさせろ!』のコールで選手達に檄を飛ばしました。
試合後角田氏曰く、1.ユニホームのニセモノの星なんていらない。2.俺達はチャンピオンシップに負けたんだよ。いつまでも思い出に浸っている場合じゃない。3.次のAWAYの川崎、しっかり勝とう。4.声を出す熱い奴は12月まで来てほしい。5.熱い気持ち持っていれば大丈夫だから。(良く聞こえなかったので、箇条書きにしました。)

この負け、この後の試合に悪影響を与えなければいいのですが・・。ともかく、前半のいいリズムのときに先制できなかったのが痛かったです。アルパイには猛省してほしいです。鈴木と小競り合いで退場するなんてことは、もうやめてほしい。それもこれも含めて、まだまだチームが良い状況ではないってことですかね。

|

« 奪取2005 | トップページ | 鹿島戦、追伸記入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/3183271

この記事へのトラックバック一覧です: 腹の底から、声出して、12月まで行こうぜ。:

« 奪取2005 | トップページ | 鹿島戦、追伸記入 »