« 対大分戦1-0:なんだこの試合! | トップページ | 体調崩しました。 »

2005/04/03

“審判の質”問題

あんまりこう言うネガティブな話は書くたくないのが本音ですが、浦議や埼玉新聞の記事を読む限りでは、書き込んでおいたほうが良いと思い、書きます。
やっぱり今回の大分戦のジャッジメントはおかしい部分が多かったと思います。けど、アルパイがゲームの開始早々にあんなプレーで退場処分。それで西村主審は、レッズの選手は言うことを聞かない、というフィルターがついてしまったのでしょう。明らかに大分よりのジャッジが多かった。
ギドもオフィシャルのコメントで、辛辣に語っていますしね。
それもこれも含めて、審判の質を向上させるにはどうしたらよいのだろうか?現在のJの審判は兼業(片手間)で審判業をやっているのが現状。これを岡田氏のようにJリーグの職員とかサッカー協会の職員と言う身分を与えて、審判業に専念させることはできないのだろうか?財政的に苦しいのかもしれないが、御茶ノ水にあんな立派なビルを建てる余裕があるなら、審判育成の資金も出せると思うのですが・・。どーですかね、川渕キャプテン。それとも「代表に呼んだのなら、坪井を試合に出せ!」なんて発言をしたギドへの嫌がらせの通達を西村主審に出したのかな?

|

« 対大分戦1-0:なんだこの試合! | トップページ | 体調崩しました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/3549562

この記事へのトラックバック一覧です: “審判の質”問題:

« 対大分戦1-0:なんだこの試合! | トップページ | 体調崩しました。 »