« 対横浜Fマリノス戦:リセット攻略を | トップページ | 安定感のある選手:内舘 秀樹 »

2005/05/15

対横浜Fマリノス戦:いい顔している

縁起を担いで、というか、流れを変える意味で、新横浜までのぞみで行きました。
ウチが勝てるように、と。

試合開始前、ゴール裏は密集していました。良い感じです。CIMG0420
角田氏の言葉は良く聞こえませんでした。というよりも、よく覚えていません。それだけ集中していたのだと思います。最初から「PRIDE OF URAWA」ですから。
試合は前半、かなり危なかったと思います。ポスト(バー)に2本ほど助けられたシーンがありましたから。よくあれで無失点で折り返せたと思います。トゥーリオが36分に下がりましたが、この後の試合は大丈夫なのでしょうか?担架に乗ったままの退場でしたし。それと、前半から長谷部が良い動きをしていました。今まで彼がTOP下をやるとあんまり機能しない印象があったのですが、今日は要所要所で素晴らしい動きをしていました。
前半終了後、控えの選手がアップというかシュート練習していました。その中で永井がゴール裏に向いている警備の人にボールを当てました。そのとき、永井コールが・・・。これが後半につながるとは・・・。
後半、客観的には一進一退のゲーム展開のはずなんですが、なんとなくマリノスに押されているような感じがしました。後半22分、達也→永井。正直、この交代でOKなのかな?と思いましたが、9分後答えが出ました。啓太のシュートをGK榎本がはじいたところを永井がつめてヘディングシュート。これが決まって0-1。そのころ、天候は雷でした。
ここから試合終了まで、マリノスに押されに押されました。よくぞ、守りきってくれた!!これで試合終了です。CIMG0423

試合終了後、角田氏曰く、「勝たなきゃいけなかった。ナビスコも勝っていこう。お前らいい顔してるよ!」と要約する(覚えている)とこのようなことを言ってました。
マリノスサポに聞こえるように、俺たちがココで勝った、と言う事を示すための“WE ARE REDS”は気持ちよかったです。
日産スタジアムの南側に虹がきれいに出ていました。この虹も含めて、いいモノを見せてもらった日でした。

|

« 対横浜Fマリノス戦:リセット攻略を | トップページ | 安定感のある選手:内舘 秀樹 »

コメント

雨の中ご苦労さん!永井いい所に居たな。マリノスは最後は2バックだったな。
うちも首位アントラーズ相手に気持ちの入ったいい試合したと思う。結果的には2点差を追いつかれての引き分けなので勝ち点3を逃した感じです。うちの得点は流れからの2点、2点差ついた時点で勝てるかな?思った反面危ない点差かなとも思った。1点取られてもまだ大丈夫という所から隙がでて追いつかれたかな?というよりは鹿島のほうは12人居たからな!鹿島側も今日は岡田のおかげで同点に追いついたと帰り道で言ってたらしい。
岡田は赤いチームに厳しいらしいな。開始前に鹿島からブーイングを受け、終わった後はうちからブーイングを受けていた。岡田と西村はやめたほうがいいな。後は鈴木はなんで代表なんだろう?不思議だ?鹿島だから選ばれてるのか?よく分からない!
こんどの土曜日、いよいよ今季初対決だな。うちはBESTか若いの使うか分からないがお互いいくらナビスコとはいえいい試合したいな。

投稿: 白鳥です | 2005/05/15 22:15

コメントありがとうございます。
岡田正義様には、コメントは控えさせていただきます。
鈴木隆行様が代表に選ばれているのは、鹿島の選手で、コインブラ様が良く知っていて計算できるからだと思います。
土曜日は直接対決ですね。
多分、レッズが勝ちます。

投稿: ハットリ | 2005/05/16 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/4139875

この記事へのトラックバック一覧です: 対横浜Fマリノス戦:いい顔している:

« 対横浜Fマリノス戦:リセット攻略を | トップページ | 安定感のある選手:内舘 秀樹 »