« 「藤田俊哉-浦和加入の信憑性」を読んで | トップページ | UEFAチャンピオンズリーグ決勝:すげー試合 »

2005/05/25

懐かしい場面

以前、浦議でウォリアーの速度が年々速くなっている、という書き込みを見たので、今日は過去のものと比較してみました。
オフィシャルのビデオやDVDだとウォリアーが編集されている事実と、わたくしハットリが映像データを持っていない(TV中継を残さない)ので、サンプルが少なくて申し訳ないのですが、比較として、2000年の44節、対サガン鳥栖戦ゲーム開始前と、昨年2004年チャンピオンシップ第2戦ゲーム開始前という条件で比較してみました。

結果
2000年のウォリアー1回の所要時間48秒。
2004年のウォリアー1回の所要時間64秒。

この2試合に限っては、タメができているのか、それとも精神的に追い込まれていないのが影響しているのか、速度は今のほうが落ち着いています。まあ、サンプルが少ないので申し訳ないです。

ただ、J2の最終節のビデオを見ましたが、伸二がいるし、ピクンや俊也などがいましたよ。西野はいるし、正樹はVゴール決めるし・・・。2000年終了時までにレッズとTOP契約していて、現在も残っているのはノブヒサ、岡野、永井、内舘、千島、啓太の6人です。(まあ岡野は1回神戸に移籍したからカウントできないかもしれないけど。)
4・5年でメンバーは代わっちゃいますね。
こんなこと言っている俺も年寄りですかね。

|

« 「藤田俊哉-浦和加入の信憑性」を読んで | トップページ | UEFAチャンピオンズリーグ決勝:すげー試合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/4275882

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい場面:

« 「藤田俊哉-浦和加入の信憑性」を読んで | トップページ | UEFAチャンピオンズリーグ決勝:すげー試合 »