« 対大宮戦での出来事 | トップページ | マスコミの手のひら返し »

2005/06/08

北朝鮮対日本:ワールドカップ出場決定

北朝鮮0-2日本
得点者 後半28分 柳沢
     後半44分 大黒

中澤が先発でしたね。ついでに鈴木の師匠も先発でした。
けど、鈴木の師匠の見せ場は前半12分に相手に倒されたところだけ(しかもフリーキックもらえず)。
そんなんだから、後半開始と同時に大黒と交代してしまいました。師匠よ、もう少しフィジカル強くなってください、代表に残るのなら。
そんな師匠と比較するのは失礼かもしれませんが、大黒はいい動きしていました。
1点目の柳沢の得点もDFと競ったボールだし、2点目は落ち着いて決めました。

やっぱり、平壌でのAWAYでなく、バンコクでの中立地、しかも無観客が日本に有利に働きました。これが平壌でベルギーの主審ではなく、アジアの主審だったら、って考えたら・・・。

それと、今回、落ち着いた感じで見れたのは、この前のバーレーン戦に勝ったのと、ワールドカップ出場枠があったからかな。
○1994年アメリカ大会 アジア枠 2
○1998年フランス大会 アジア枠 3.5
○2006年ドイツ大会  アジア枠 4.5

以前、私は「ジーコが指揮している現在の日本代表には戦術がなく、個人のネームバリューとその能力に頼ったチームでしかないからである。」と、このブログで書きました。やっぱりその考えは変わりません。
ドイツでの目標が本大会ベスト8と聞いています。この後のコンフェデ杯でいい成績を残せなかったら、監督を変えてもいいと思う。やっぱり、鹿島の選手と海外組を多用するジーコは好きじゃない。(結局はそこか・・・。)

|

« 対大宮戦での出来事 | トップページ | マスコミの手のひら返し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/4471924

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮対日本:ワールドカップ出場決定:

« 対大宮戦での出来事 | トップページ | マスコミの手のひら返し »