« 対HSV戦 雑感 | トップページ | 伸二×負傷×三味線(ハンター×ハンター風) »

2005/06/01

ワールドカップアジア最終予選:日本サッカーの今後のために

この文章は3月中旬に2ちゃんねるというイロイロ言われているサッカー掲示板に書いてあった文章です。(残念ながら、実物の書き込みは見ていません。友人からメールで送られてきました。)まずは読んでください、かなりの長文ですが・・・。


ジーコは就任当初から支離滅裂で監督としてどういうチームを作ろうとしているのかさっぱり見えてこなかった。選手の選び方、布陣、試合の進め方、何一つ取ってもこの監督はこういう人で、こういうことをやろうとしているのだ、というものが見えない。
トルシエは一流監督ではないかもしれないが、色ははっきり出せる人間で、だから見る側も批判のし甲斐があったし、結果が悪かったら解任だ、という緊張感が常に付きまとう中で、トルシエの代表チームは勝ったり負けたりしながら、どうにかチームとして成長して、W杯で予選リーグを2勝1分で勝ちあがった。

トルシエじゃなかったらもっといい成績を残せていたかもしれない。タラ・レバを言えば、だが。ジーコが監督になって以降と決定的に違う点は、トルシエは明確に批判できる存在だったことだ。ここがいい、ここが悪いと、そして結果が悪ければ批判の高まりで解任に追いこむこともできる存在だった。見る側にとって、良くも悪くもトルシエは非常にエキサイティングで、代表チームの行く末がファンにとっても自分自身の出来事のようになる、そういう現象を作り出していた。

だが、ジーコになって以降、この関係は崩れた。ジーコのやることはあまりにめちゃくちゃでどこから手をつけていいか分からないほど不可解なものだったし、またジーコを擁護する協会やファンたちの言い分があまりにも信仰じみているので、ファンの選択が「ジーコを信じるか、信じないか」になってしまったのだ。トルシエ時代は、トルシエのここが悪い、いいで熱弁を振るっていた人たちは、ジーコ時代になって、ジーコを信じますか、信じませんかと問われるようになって急激に熱意を失っていった。彼らは宗教には別に興味がなかったからだ。

今回、北朝鮮戦の苦戦でまたぞろ迷走を始めたジーコの姿はまさに絶望的なもので、本来ならサッカーファンはジーコの100の問題点を指摘して解任に追いこみたいのだが、ジーコを解任させるには日本代表が立ち直れないほど負ける以外にないらしいと分かってしまっているので、ただ呆然と事態の推移を見守るだけなのである。


という文章である。
私はこの文章を読んだときに、この書き込みと共感した部分がある。『ジーコを擁護する協会やファンたちの言い分があまりにも信仰じみているので、ファンの選択が「ジーコを信じるか、信じないか」になってしまったのだ。』という部分である。トルシエは試合に対する準備ができる監督だけど勝負師ではなかった。度胸がなかった。(2000年のオリンピック準々決勝アメリカ戦などが良い例。)ジーコは戦術指導などの準備は出来ないが、勝負師であり、かなりの幸運の持ち主である。(日本での北朝鮮戦、バーレーン戦しかり)このギャンブラーとしての才能がどこまで持つのか、なんて考えてしまうと、まさしく宗教である。
 “サッカーの神様”とは上手く表現したものである。ここまでの事を予測していたジーコへの称号だったのだろうか、とも思ってしまう。“サッカーの神様”だからこそ、戦術の組立、Jリーグでいい動きをしている選手の選出、相手チームへの対策など、こういうものが不要なのかもしれない。言い換えれば、神様にしかわからない感覚で指揮しているように見えて仕方がない。
それでも勝てれば文句は言わない。現に昨年のアジアカップでは、優勝という最高の結果を残したのだから。ただ、先のキリンカップの2試合で馬脚を現してきている。
 もう監督交代というカードは使えないと思う。この6月のAWAY2連戦で答えがほぼ決まってしまうから。あとは試合に出た選手たちに精一杯やってもらうしかない。なぜなら、ジーコが指揮している現在の日本代表には戦術がなく、個人のネームバリューとその能力に頼ったチームでしかないからである。こんな日本代表はワールドカップに出場しないほうがいいのかもしれない。ただ、日本がワールドカップに出ないことは、日本サッカーにおいてマイナスでしかない。この国は、代表が弱い競技は世間から忘れられてしまうから。
 そのように思いながら、今月のAWAY2連戦を見ていきたいと思う。

|

« 対HSV戦 雑感 | トップページ | 伸二×負傷×三味線(ハンター×ハンター風) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/4370733

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップアジア最終予選:日本サッカーの今後のために:

« 対HSV戦 雑感 | トップページ | 伸二×負傷×三味線(ハンター×ハンター風) »