« 伸二×負傷×三味線(ハンター×ハンター風) | トップページ | 対大宮アルディージャ戦:予選突破 »

2005/06/04

バーレーン0-1日本:勝ち点9に

試合開始前、テレビを見ながら漠然と考えていました。
中澤は大丈夫なのか、加治が先発で淳宏使わないのか、とか付け焼刃に見える3-6-1の1トップ2シャドー、やっぱり個人の能力に頼るしかない、約束事のないジーコジャパン、これこそギャンブラー:ジーコの真髄とか、もういろいろ考えながら。
キーマンはやっぱり中田英寿だと思ってみていました。フィオレンティーナで試合に出させてもらえないのは嫌がらせなのか、それとも戦術的な意味で出させてもらえないのかわかりませんが、試合感が鈍っているので、どこまでやってくれるのか・・・。

そんなこんなで試合が始まりました。
心配していた中澤はいい守備を見せてくれました。怪我明けにも係わらずここまでやってくれたら満足です。
前半の開始から25分くらいまでは、バーレーンの方が押していたかな、って感じでした。実際シュート数もバーレーンの方が押していましたし。
そんな押され気味の34分、中田からのパスを俊輔が受けて、俊輔が小笠原へ。小笠原シュート。これがゴール。0-1。日本先制します。
44分にバーレーンに危ないミドルシュートを打たれますが、ポストに助けられ、なんとか0-1で折り返します。

後半は、試合が進むにつれて、バーレーンの足が止まっていましたね。後半30分過ぎからはシュートがなかったような気がします。調整がうまくいかなかったのかな?

ともかく、勝ちました。0-1。これで勝ち点9になりました。ヒデがいい動きをしていました。伸二が抜けた後、どのように対応するのか心配していましたが、流石はヒデ。試合感ウンヌンは杞憂でした。フリーランニングをはじめ運動量の豊富さ、コーチングなど、素晴らしい動きでした。

ただ次の試合、6月8日の対北朝鮮戦。不用意にシミュレーションをやったアレックス。今日、MVPだと思うくらいのいい動きをした中田英寿。なんでカードをもらったのかわからない中村俊輔。この3人がイエロー累積で出れません。
ギャンブラーがどのような選手起用で来るか、楽しみでもあり、不安です。

さて、この後睡眠とって、埼玉スタジアムに行って、大宮戦です。

|

« 伸二×負傷×三味線(ハンター×ハンター風) | トップページ | 対大宮アルディージャ戦:予選突破 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/4401249

この記事へのトラックバック一覧です: バーレーン0-1日本:勝ち点9に:

« 伸二×負傷×三味線(ハンター×ハンター風) | トップページ | 対大宮アルディージャ戦:予選突破 »