« 中沢がボルシアMGへ!? | トップページ | 「エメルソンの来日延期」について »

2005/06/23

ブラジルVS日本:本流VS亜流

ブラジル2-2日本
10分 ロビーニョ
27分 中村
32分 ロナウジーニョ
88分 大黒

ジーコが目指しているのは、最低限の約束がある以外、みんな自由にやらせて、ひとりひとりの技量があって相手を圧倒するようなサッカー。その理想のカタチがブラジルだと思います。そういう意味では本流(本家)のブラジル対亜流(分家)の日本、という構図になるような気がします。

良く引き分けました。
ブラジルの良い影響を受けたからか、それとも「失うものは何もない」というノンプレッシャーがもたらすミスを気にせずに戦えるというプラス思考からなのか、日本はダイレクトにパス回しをするし、大きく展開するし、バックパスは少ない、という良い攻撃を見せていたと思います。

俊輔は本当にいい動きをしていました。今日のマン・オブ・ザ・マッチは間違いなく俊輔。あんなシュート決めたら、リーガ・エスパニョーラで十分やっていけますよ。それと大黒。ブラジルのDF陣もてんてこ舞いって感じでしたからね。同点ゴールのポジショニングは絶賛ものですね。(運もあるかもしれないが)

けど、柳沢に交代して入った師匠。TVの画面に映ったのは、後半ロスタイムにちょこっと。
師匠、流石は尊敬すべきお方です。いつまであの11番をつけているのか・・・。

加筆修正版。

|

« 中沢がボルシアMGへ!? | トップページ | 「エメルソンの来日延期」について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/4669626

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルVS日本:本流VS亜流:

« 中沢がボルシアMGへ!? | トップページ | 「エメルソンの来日延期」について »