« エメは戻ってくるのか? | トップページ | Thank you, Alpay. »

2005/07/03

浦和対新潟:追い詰めようぜ

浦和2-1新潟
得点者 40分 エジミウソン
     58分 山田
     64分 達也
観衆 39,696人

本日は都合により、5時半くらいにスタジアムに入りました。(結構遅いかも。)
当然、いつも行くようなところに空席はなく、仕方なし、というか狙っていたかのように通路に行きました。
埼スタでは初めての通路でした。(上にあがっていく皆様、申し訳ございませんでした。)
結構雨が降ったりやんだりしていたのですが、試合開始前くらいから、降りっぱなしの状態になりました。CIMG0525

試合開始前、UB角田氏から「そっちいいんかい。前のほうのマッタリさんよ。声出しているんかよ。そんな声が選手に届くのかよ。」と熱くない方を煽ってから、「そろそろ行こうか。分かっているよな、お前ら。上にいるんだよ、俺たちがココで走らせた相手がよ。角の生えた奴らだよ。そいつら追い詰めようぜ。追いかけるんじゃないんだよ。追い詰めろ。俺たちが責任とろうぜ。行くぞ。」(ウォーリアーに続く。)
という感じで試合が始まりました。
まあ、前半はいい形でゲームに入りました。が、相変わらずと言うかなんて言うか、シュートはいい形で打つのですが、なかなかゴールになりません。攻めていてもなかなかゴールを割れないというもどかしい状態が続いた、前半40分、海本の右からのクロスをエジミウソンがフワーンとしたヘディングが決まって、0-1。新潟先制します。
そのまま前半を折り返します。

後半開始前「1点取られたくらいで落ち込んでんじゃねーよ、お前らよ。ここはさ、俺たちのホームじゃねーかよ。(途中聞こえず)最後まで戦おうぜ。」(ゴールで俺たちを熱くさせろ、に続く。)
後半は、見違えるような、とまでは行かないですが、レッズペースになりました。ただシュートまではなかなか持っていけない、って感じでした。
そんな気持ちを吹っ切ってくれたかのようなプレイが、後半13分。ノブヒサがグランダーのシュートを放ち、それがゴール左隅に決まって1-1。同点となります。ゴール裏では、♪山田ノーブヒサ、ヒューウィーゴー♪の大合唱です。
そして、後半19分。右サイドにいた長谷部からのクロスを達也が押し込み、逆転。2-1。
そのあと、危ない場面も少しはありましたが、なんとか勝ちました。CIMG0527

点を取れる場面が何度もあったのに、そのチャンスをものにできないと、苦しい試合になってしまう。何度も経験しているゲーム展開でした。

「当たり前だよ、ホームだからな。勝つに決まっているだろ。信じてろよ。ゴール裏が信じていないとダメだろ。バックスタンドみたいにギャーギャー、ギャーギャー騒いでんじゃねーぞ。好きなんだろレッズが。最後まで信じて戦おうぜ。俺たちのホームだよ。簡単に勝てるぜ。(途中聞こえず)次、国立のヴェルディ。簡単だろ、楽に行こうぜ。お疲れ様でした。」とUBの角田氏。

まだ自分には、レッズを信じる力が足りないのかも。
ともかく、このHOT6。勝てるだけ勝って、鹿島との差を縮めていきましょう。

ただ、今日、帰りに北越谷行のバスに乗りましたが、全然前に進みませんでした。国道463号線に出るまで渋滞でした。バスに1時間くらい乗っていたかな。

バス組の皆様もお疲れ様でした。

追伸:バス待ちのとき、傘を持っていない自分に傘をかしてくれた幸手のオトーサン、ありがとうございました。改めてここでお礼を言わさせていただきます。

|

« エメは戻ってくるのか? | トップページ | Thank you, Alpay. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/4815567

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和対新潟:追い詰めようぜ:

« エメは戻ってくるのか? | トップページ | Thank you, Alpay. »