« 新加入と制裁 | トップページ | 対サンフレッチェ広島戦:状況打破は己次第 »

2005/07/17

浦議の応援掲示板にて

「水曜日の国立」というタイトルでゴール裏のサポートについて書かれていました。
その書き込みの部分に、「今は、常に殺気立っていて、新しくゴール裏に来た人を受け入れない空気がある。なんとなく声を出すのは強制的になっていませんか?自発的に声を出したいと思わせるサポートが広がっていくサポートだと思います。声を出す人が減ってきた今、サポーターを増やしていく必要性があると思います。」という文がありました。
自分が国立にいた場所は、12番ゲートの上のほう(Z列くらい)なので、中心地から離れてもいなくて近くもない場所でした。なので、良く分からないんですよね、中心からチョット外れた場所って。
自発的に声を出せるような空気は大切だと思います。ただ、現状の埼玉スタジアム前段の「花見客」と言われている人達や、「地蔵」と言われる人達をどのように巻き込んで応援していくか、難しい問題ですね。あのレッズサポの近くで試合を見る、という変なステータスをもって観戦しにきている限りは。
サポーターを増やすために何ができるのか?やっぱり知り合いの中に少しでもサッカーに興味がある人がいたら、ゴール裏に連れて行き、サポートの面白さを分かってもらうことからはじめないといけませんね。

|

« 新加入と制裁 | トップページ | 対サンフレッチェ広島戦:状況打破は己次第 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/5008475

この記事へのトラックバック一覧です: 浦議の応援掲示板にて:

« 新加入と制裁 | トップページ | 対サンフレッチェ広島戦:状況打破は己次第 »