« 対大宮戦:失速 | トップページ | マジかよ »

2005/07/10

STAR WARS エピソード3:シスの復讐

見てきました、シスの復讐。
映画評論家が言うように、パズルがだんだん完成して行くのを体感していく映画でした。
この後のⅣ・Ⅴ・Ⅵに、様々な伏線を引いています。最後の方は、「あれがこうなって、そうなるんだ」と一人頷きながら、映画を見ていました。(悪く言えば、ルーカスのアリバイ作り)

この前見た「宇宙戦争」が霞んでしまっています。

ありがとう、ルーカス。この夏一番の映画だと思います。

あとでコメントにネタばれみたいなことを書きます。

|

« 対大宮戦:失速 | トップページ | マジかよ »

コメント

ネタバレコメントです。
どうぞ、映画を見てから読んでいただければ幸いです。


アナキンがダークサイドにとらわれてしまう理由が、パドメが死んでしまうかも知れないという恐怖心とジェダイ評議会への不信感。
そこをパルパティーンにつけこまれてしまった。そのパルパティーンに騙される始末。
まあ、ジェダイの教えを守らなかったアナキンが悪いわけですが。

あと、なんでシスが台頭し、ジェダイが衰退したのかもよくわかりました。
政治の嫌な部分を存分に見せてくれています。けど、これを小学生だった自分が理解できるかと言ったら、結構キツイかも。

映画のシーンで印象に残っているのは、マスター・ウィンドー対パルパティーンの対決シーン。(あそこでアナキンがベイダー卿になってしまった。)
それとヨーダ対パルパティーン、オビ=ワン対アナキンの対決シーン。
ライトセーバーを使った対決は面白かった。
あの"オーダー66”が実行されたときは、なんとも悲しかったです。

あとエンディングのタトゥイーンで、ルークの伯父と伯母の2人がルークを抱いて夕日を見ているシーンが、エピソード4のルークが同じように夕日を見ているシーンを思い出して頷いていました。

投稿: ハットリ | 2005/07/11 12:38

ハットリさん
コメントありがとうございます。スター・ウォーズはシリーズ全体を通して、ある意味人生の縮図として楽しめる作品だと思いました。結局旧3部作をもう一度見てしまいました。

投稿: TORO | 2005/07/12 01:11

コメント、ありがとうございます。
こんな面白い映画、もう出会えないかも知れないですね。

投稿: ハットリ | 2005/07/12 18:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/4915225

この記事へのトラックバック一覧です: STAR WARS エピソード3:シスの復讐:

» スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 [MOVIE SHUFFLE]
『STAR WARS: EPISODE III - REVENGE OF THE SITH』 アメリカ/2005 監督:ジョージ・ルーカス 出演:ユアン・マクレガー ヘイデン・クリステンセン ナタリー・ポートマン     イアン・マクディアミッド サミュエル・L・ジャクソン クリストファー・リー 「君が教えた少年は、ダース・ベイダーになってしまった」 ついに完結する壮大なSF大作。 監督、脚本はもちろんジョージ・ルーカス。 出演は前作に引き続き、ユアン・マクレガー、格好良... [続きを読む]

受信: 2005/07/10 23:08

» スター・ウォーズ エピソードIII シスの復讐 [こまろぐ]
悲しすぎる感動と完結。そう言わざるをえないストーリー。 ★★★★★ 28年にわたる壮大な宇宙戦争映画「スター・ウォーズ」、思えば、10歳のとき、初めてアメリカの字幕映画を見たのが、この作品だった。ことSF映画が好きになったきっかけもこの作品である。今回のエピソ... [続きを読む]

受信: 2005/07/11 01:09

« 対大宮戦:失速 | トップページ | マジかよ »