« 対ヴィッセル神戸戦:悪い癖 | トップページ | げんかつぎ »

2005/08/25

聞こえてきた会話から思ったこと

昨日の試合のハーフタイム、近くから聞こえてきた会話の中に「坪井がフツーのDFになっている」という言葉でした。
確かに以前の坪井と比べたら、物足りないように感じるかもしれません。

昨年、坪井が代表戦で怪我して、今シーズンの第2節の川崎戦から復帰して以来、リーグ戦19試合出場しています。ただ、まだ本調子ではないような気がします。そういう意味では、まだ怪我の後遺症が残っているのでしょうか?伸二が99年のオリンピック予選で怪我をして復帰した後も、ベストな状態に戻るまでかなりの時間がかかったような気がします。(’01年コンフェデのFKのゴールの時にはベストに戻ったと思っています。)やっぱり、手術までするような怪我だとコンディション回復までに結構な時間がかかるものだと思ってます。

本人も今年の開幕のMDPで「試合に出ることがリハビリの最終段階」だと言ってるので、コンディションのブラッシュアップと今まで以上のスーパーな坪井になることを期待しています。

|

« 対ヴィッセル神戸戦:悪い癖 | トップページ | げんかつぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/5634343

この記事へのトラックバック一覧です: 聞こえてきた会話から思ったこと:

« 対ヴィッセル神戸戦:悪い癖 | トップページ | げんかつぎ »