« 岡野・・・ | トップページ | 首位攻防:G大阪対鹿島 »

2005/09/24

対横浜FM戦:ホームで引き分け

浦和0-0横浜
観衆 49,800人

今日は雨が降っていたので、チケットが完売に近かったのに、5万を切ってしまったのは残念です。
P1000011
そんな試合開始前、ロッソ・ビアンコ・ネロの人達がビニールシートを配っていました。「今日はハートのビジュアルをやります。よろしくお願いいたします。」とおっしゃりながら、セッティングしていました。会場後にシート配るのを見たのは久しぶりかも。

そんなことを思いながら、試合開始前にテンションが上がるところで、いつものようにコールリーダーの角田氏が「そろそろいこうか。勝ちたくねーんか、お前ら。勝ちたいよな。勝ちてーよな。俺たちで勝ちを呼びこもうよ。ホームだ、ホーム。こんなんでどーすんだよ。次、始まんないぞ。俺、本気だぞ。優勝すんだよ、俺ら。オイ、去年忘れたのか、お前ら。本気で優勝したいんだよ、俺は。どーすんだよ、勝ちたいよな。ホームなんだよ、やれるはずなんだよ、お前ら。大いに騒ごうぜ。(一部違うかも知れません。)」このあとウォーリアーに続く。

これで試合が始まりました。
前半レッズは前から積極的にディフェンスしていたので、いい立ち上がりだったと思います。
ただ相手がマリノスだったのが・・・。立ち上がり以外は五分五分ってトコロですかね。中沢はやっぱりいい選手です。再三再四、達也と永井のドリブル突破を止めていました。あとマリノスって中盤省略してくるんですね、相変わらず。最終ラインから立てパスで勝負って言うのが多かった気がします。(中盤の選手がそんなに必要ないからリセット山瀬はベンチ入りもしなかったの!?)

後半も最初の15分はレッズはいい感じで攻めていたような気がします。
アレックスのシュートや暢久のシュートもゴールを感じさせるようなシュートでしたから。
ただ、後半のマリノスの攻撃は右からが多かったです。それだけアレックスの守備は問題ありってことでしょうか?あれだけ嫌らしい岡田監督、相手の弱いところは突いてくるものです。ギドも結局アレックスから平川に交代させましたから。
後半30分過ぎからはレッズ、マリノス共にチャンスはあったのですが、決定的なチャンスはマリノスのほうが多かったですね。レッズの選手が打つシュートは枠に行かなくて、マリノスの方のシュートは枠内に飛んでいたくらいですから。

ギドの言うとおり、今回の試合結果は妥当なもの、だったってところでしょう。ワタクシの主観的には負けなくて良かった、と思わせてしまう試合でした。ただ、今日は勝って欲しかった。8月20日のFC東京戦以来、ホームで勝っていません。勝たせるためには、今日以上に声を出して選手を後押しするしかないですね。P1000012


まだ諦めない。ガンバとの直接対決も残っているし、まだ9試合残っているから。万博行く準備しましょう。
ホント、諦めが悪いんですよ、俺は。(みなさんも、かな?)

|

« 岡野・・・ | トップページ | 首位攻防:G大阪対鹿島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/6099709

この記事へのトラックバック一覧です: 対横浜FM戦:ホームで引き分け:

« 岡野・・・ | トップページ | 首位攻防:G大阪対鹿島 »