« まだチャンスはある。 | トップページ | 教えてください。 »

2005/09/18

対サンフレッチェ広島戦:辛勝

広島3-4浦和
得点者 32分 永井
     43分 佐藤寿
     44分 ポンテ
     49分 佐藤寿
     52分 O・G (森崎和)
     70分 ネネ
     72分 佐藤寿

今日は流石に広島までの交通費とか、自分の所用があったためにBS1で自宅観戦しました。

前半はかなりレッズが押していたのにも係わらず、なかなか得点できずにイライラというよりも「こんなにチャンスがあるのに決められないと苦しくなる」と思っていました。この前の大分戦の後半スタート時みたいに。広島サイドでほとんど試合をやっていた印象があったくらいですから。
そんな不安を吹き飛ばしてくれたのは、永井と達也でした。
前半32分、アレックスがボールを左に張っていた達也にパス。そのボールを中にめがけてグランダーでパス。そこに永井が詰めていてゴール。0-1。レッズが先制します。
その後もレッズが押していたのですが、43分。広島のロングスローで、佐藤寿が詰めていてH・S。1-1の同点に。
前半ロスタイム、達也がシュート気味のパスをポンテが押し込んで1-2。レッズが突き放します。
このまま前半が終了します。公式記録でも広島シュート3に対してレッズが12本。レッズがかなり押していました。

後半は、広島ペースの試合となってしまいます。
後半開始0分1分と立て続けにシュートを打たれていました。これは押されているなー、と思った後半4分。李のクロスに佐藤寿がボレーシュート。これが決まって2-2。再び同点です。
9分には、ガウボンがドリブルで切れ込みゴールを狙おうとしますが、トゥーリオがなんとか防いでピンチを脱します。(ただこの時にトゥーリオが足を痛めたみたいで、堀之内と交代してしまいます。)
後半17分、永井が広島ゴール近くの右サイドからクロスをあげたら、森崎が素晴らしいH・SでO・G。2-3で再び引き離します。この得点は本当に大きかった。
後半25分、ポンテからのコーナーキックをネネが綺麗にH・S。これが決まって2-4。
その後2分後の後半27分、駒野からのクロスをまたまた佐藤寿がゴールを決めて3-4。再び1点差とします。
この後、広島の方がチャンスが多かったように感じます。かなり押されていました。
3分のロスタイムも長く感じましたが、なんとか勝利しました。
そんなこんなでMVPは、普通に考えればチャンスメイクが多かった達也かもしれませんが、自分は森崎のO・Gに1票です。

今日のTV放送で、広島のサポよりも我らが同志の声の方が大きくて、かなり頼もしく感じました。参戦された方、本当にお疲れ様でした。
これで首位ガンバとの差が7差となりました。もう勝つしかない。勝って、上位2チームを追い詰めて行きましょう。

|

« まだチャンスはある。 | トップページ | 教えてください。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/6004429

この記事へのトラックバック一覧です: 対サンフレッチェ広島戦:辛勝:

« まだチャンスはある。 | トップページ | 教えてください。 »