« エルゴラ9/5号と審判問題 | トップページ | 見ていないけど »

2005/09/07

既に現実化

「誤審でW杯アジア予選5位決定戦やり直し」になってしまいました。ニュースソースはココ
この時の主審が吉田寿光氏。日本人が笛を吹いて、大失敗、ってことでしょう。吉田さんの笛で悪い印象は、今年の開幕戦で起きたアルパイ退場の笛ですね。
昨日書いていたことが現実になってしまいました。
日本の審判は、ワールドカップの本大会どころか予選で使えないなんてことになるとは(予選だからこそケチがついたのかも知れませんが)。

1-0で勝ったウズベキスタンが抗議して、「3-0でウチの勝ちにしろ」と主張。そこでFIFAも折衷案を出して再試合とのこと。
けど、これでもしウズベキスタンが引き分け、もしくは負けたら事態はどうなってしまうのでしょうか?

これでFIFAから「審判の質の向上をするように」と通達でも来れば、JFAも考えてくれるってことを期待します。

|

« エルゴラ9/5号と審判問題 | トップページ | 見ていないけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/5817342

この記事へのトラックバック一覧です: 既に現実化:

« エルゴラ9/5号と審判問題 | トップページ | 見ていないけど »