« 若手起用!? | トップページ | トルコ対スイスの試合後 »

2005/11/16

対アンゴラ戦:不安と脱力感

日本1-0アンゴラ
得点者 89分 松井
観衆 52,406人

前半15分までに決定的チャンスが何度あったのだろう。高原といい、柳沢といい、外しまくり。あれでは苦戦するよ・・・。前半で2-0とか3-0の試合であったほしかった。前半アンゴラの守備は機能していなかったんだし。
ただ、勝ったことは、それはそれで評価できるかな。「アンゴラは球離れが素早く、スピードと個人技もあり、強いチームだった。大きな1勝だと思う。」とコインブラ様のコメント。大きな1勝なのかな?どーなんでしょ?

しっかし、これでワールドカップの決勝トーナメント行けるのかな?不安にさせるだけの今期の代表の最終戦でした。
あと、もう2つ。背番号と名前のアルファベット、かなりの脱力感・・・。なんだかなー。
国家斉唱の松浦亜弥。これにも脱力感。代表、凄い人選してくれます。今度は誰だろう。テレ朝中継時にSMAP(香取君)ですかね?

|

« 若手起用!? | トップページ | トルコ対スイスの試合後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/7148938

この記事へのトラックバック一覧です: 対アンゴラ戦:不安と脱力感:

» 松井のゴールで日本代表が勝利 サッカーアンゴラ戦 [[K]こあら日記]
う〜ん、点を取るって難しいねぇ・・・(笑) てか、最後まであきらめずに集中力切らさずに、よく1点をもぎ取った。おそらくメディアは決定力武不足って騒ぐだろうから、褒めておこうかな。 誰もコンディション悪くないというか、逆に切れてた。ヒデも運動量多いし、高原も....... [続きを読む]

受信: 2005/11/17 00:47

« 若手起用!? | トップページ | トルコ対スイスの試合後 »