« ベンゲル、日本代表監督? | トップページ | Jリーグ第33節を終えて »

2005/11/26

対ジュビロ磐田戦:PRIDE OF URAWA

浦和1-0磐田
得点者 79分 オウンゴール(金)
観衆 54,883人
P1000054
トイレに行ったときに209ゲートの付近のコンコースで見つけました。「此処ニ求ムノハ闘士ノミ!」という弾幕。これを見た時に、今日はやるしかない、って気持ちになりました。
選手のアップ時から、コールが始まりました。水曜日になんとも嫌な敗戦をしていたのを吹き飛ばすかのように「好きにならずにいられない」を歌いましたよ。
試合開始前、角田氏は「必死にやっていこう。勝たなきゃならねーんだよ、今日はよ。いいかお前ら、勝つんだろ。優勝とか、ホームとか、(関係なく)全部勝つんだよ。(一部聞こえず)ウォーリアーに続く。」P1000055
今日は、ヴィジュアルをやるので、手伝ってほしいと、朝呼びかけていたのですが、どうしても参加できなっかたのが心残り。それでもかなりの数の人たちが参加していたのを確認しました。
メインには小旗、バックには赤白のビニールシート、そして北側ゴール裏からは今年のユニ旗がでました。

さて、試合の方ですが、今日の試合の入り方は良かったと思います。前線からプレスしていたし、キャプテン暢久もしっかり動いていましたから。シュート数ではレッズ6のジュビロ2でしたが、そんなに大差はなかったような気がします。それよりも、ジュビロに以前ほどの怖さを感じなくなっています。世代交代期の端境期なのでしょうか?ゴンが先発という時点でかなりやばいぞ、人間力。

後半開始前、「みんな声出しているけど、1点入るまで“PRIDE OF URAWA”、止めないで歌って行きたいんだけど、どうですか?(ここで拍手が起こる。)1点入るまで止めないから。みんなの気持ち、伝えたいから。1点取らなきゃさー、終わりだよ俺達。(途中聞こえず)“PRIDE OF URAWA”に続く。」と角田氏が言ってから、いつ終わるとも分からない(早く終わってほしいが)“PRIDE OF URAWA”のロングコールが始まりました。

後半、結構危ない場面ありました。特に後半25分過ぎくらいの名波のFK。DFに当たってのゴールポスト当たり。この時は救われたって思いましたから。
その後、いろんなことをやってくれる福西先生が、今年は長谷部に悪質ファールを犯し一発レッド。レッズが数的優位になり試合を有利に進めていきます。
そんな後半34分。岡野に代わって右サイドにポジションを取ったキャプテン暢久が多分マリッチかポンテに上げたクロスをジュビロの金の足に当たり、綺麗なループを描いてゴールへ。1-0、レッズ先制します。
その後、結構攻めるのですが、得点には至らず、後半ロスタイム、逆にジュビロのCKからドフリーの選手を作ってしまいましたが、そのドフリーの方が外していただき、1-0のまま試合終了。その間ずっと、“PRIDE OF URAWA”をやっていました。

なんとか勝ちました。もう、ココまできたら勝つことが最優先です。

試合終了後、今節ホーム最終戦なので、選手一同が歩いてフィールド1周している時に、達也の姿がヴィジョンに映し出されました。この時、チョット涙腺が緩みそうになってしまいました。達也コールのときには、声が震えてしまいました。確実に直してください。P1000057


選手が退場した後、角田氏が「お疲れ様でした。俺、みんなに謝らなければならないことがある。1点入ったのに、“PRIDE OF URAWA”止めなかった。(ここで拍手が起こる。)ごめんな、けど、みんなの目を見たら、止めちゃいけないと思ったんだ。勢いもあったし。まだできるはずなんだよ、この選手。嵌り出しちゃったらさ、ああいう千葉戦みたいな試合とか、大事なところで負けてしまうだよ、このチーム。ダメな奴なんだよ。俺達が教えていかなきゃいけないんだろ、このチーム。それ、伝えられたよな、今日。勝ちたいよな。最後の新潟もしっかり勝ちましょう。勝たなきゃ何も始まらない。俺達で勝ちに行きましょう。まだあるんだからさ、これで満足しちゃダメなんだよ。ドンドン上に行こうぜ。(アイーダに続く。)」コール終了後「もう1つ、勝つまで、戦い抜こうぜ、俺達。それが浦和のスタイルだ。俺が言いたいのは、それだ。なあ、最後の最後まで戦い抜けってことだよ。お疲れ様でした。」とUB角田氏。

P1000059
ここまで優勝争いに係われるなんて、思ってもいなかった。こんなに盛り上げてくれる、Jリーグ、そして浦和レッズにこちらから、ありがとう、って言いたいです。
そして、浦和のスタイルを貫いて、あと1試合勝ちましょう。


|

« ベンゲル、日本代表監督? | トップページ | Jリーグ第33節を終えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/7333316

この記事へのトラックバック一覧です: 対ジュビロ磐田戦:PRIDE OF URAWA:

« ベンゲル、日本代表監督? | トップページ | Jリーグ第33節を終えて »