« 2005年4月24日 - 2005年4月30日 | トップページ | 2005年5月8日 - 2005年5月14日 »

2005/05/07

対ジェフユナイテッド市原・千葉戦:3連勝目指して

明日は対ジェフ戦です。
昨年は4試合やって、1度も負けていません。最近はことに相性が良いですね。
なので、明日もウチらしいサッカーを展開して、勝ちましょう。
ジェフで気をつけなければならないのは、やっぱり阿部でしょう。彼を抑えることによって、攻撃もスムーズに進むと思います。
レッズのスタメンですが、"Winnig team never change.”の考えで、GK:都築、DF:内舘、トゥーリオ、坪井、MF:長谷部、啓太、山田、アレックス、FW:永井、達也、エメだと思います。
選手も連戦で疲れがたまっているとは思いますが、がんばってほしいです。
明日のジェフ、来週のマリノス、しっかり倒して、あの鹿島に少しでも迫りたい。
勝ちにいきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/06

疑惑の温泉地、行ってきました。

疑惑の温泉地、そう、こともあろうに温泉に「草津温泉のもと」を入れていた、SHIRAHONE温泉です。
ローマ字じゃわかんねーよ、という方は、こちらの画像でわかって下さい。CIMG0411


あの騒動以来、観光客もいないのかな?とか思っていたのですが、結構いるんですよ、人が。駐車場は半分以上埋まっていました。適当なところで日帰り入浴を利用させていただきました。一応、その騒動もあったので、「かけ流し宣言」をしているところで。
お風呂はこんな感じでした。CIMG0410
お湯は単純硫黄化水素水で、今でも硫黄のにおいが体からします。本当にお湯が白いんです。お湯が出ている(この画像で真ん中の木のところ)には、石灰の塊が出来ていました。それだけカルシウム分があるのでしょう。効能は胃腸病、婦人病、糖尿に効果ありみたいです。良い感じに疲れもほぐれました。
バスクリン入れなくても、良い温泉なのに・・。それだけにあの騒動には、改めてがっかりです。そういう意味でも今後に期待しています。
本当にのどかなところなので、静かに落ち着きたいときに泊まりたいところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上高地に行ってきました。

本日、日帰りで上高地まで行ってきました。
夜に出て、夕方のこの時間に帰ってくる日程には、もう慣れました。
今日は曇っていましたので、景色がばっちり、というわけではなったのですが、連休の谷間だったので、人も少なくそれなりに快適に過ごせました。CIMG0392
大正池から見た焼岳です。天気がよければ、頂上付近から煙が見えるのですが・・・。


CIMG0395大正池から河童橋に行く間に、ニホンザルを見ました。上高地には何回も行っていますが、こうして見れたのは初めてです。一生懸命、木の芽を食べていました。こちらのことはお構いなしでした。

CIMG0399お約束の河童橋からみた穂高連峰です。朝方7時くらい、本当に人が少なかったですよ。


CIMG0405明神池にある穂高神社奥宮に参拝してきました。勉学、交通安全、家内安全、厄除け、縁結び、安産などなど、なんにでもご利益ありそうなので、絵馬を買ってこのように書きました。

CIMG0404
浦和レッズリーグ優勝祈願」と。日付は「8日」と間違えたことに気がつきましたが、この節から改めて祈願する、と言う意味で訂正しませんでした。(レッズ系のブログの落ちをつけました。)

ほかの人は、大学合格とか、国家試験合格とか書いていたのに・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/05

磐田の藤田は移籍するの?

この3試合、ジュビロ磐田の藤田俊哉選手(31)は先発で試合に出場しています。
レッズ戦では途中交代でしたが、その後の柏戦、ガンバ戦はフル出場しています。その柏&ガンバのときは、アシストまでしています。
これを考えると、藤田の移籍はないのかな?とか思ってしまいます。
ただレッズも4日以降(つまり今日あたり)から、磐田と交渉する予定(ニュースソースはココ)になっているので、今後の経過に注目ですね。

現在、レッズはTOP下に適任のプレイヤーが不在(長谷部はボランチの方が機能するような気がする)なので、藤田加入で良い影響が出ると思われます。(TOP下の直接的な補強はもちろん、チーム内の競争激化、という意味でも。)
実際に移籍がまとまるのは、リーグ戦の中断中かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/04

対ヴィッセル神戸戦:雑感

ヴィッセル神戸0-1浦和レッズ
得点者 前半29分 達也

本日は、神戸に行こうと思えば行けたのですが、今後の活動資金を考えて、行くのを断念しました。そのかわり池袋にあるエールハウスで試合をスカパー中継を見てきました。試合開始時には40人くらい人がいました。やっぱり結構人気のあるアイリッシュ系パブだと思いました。お店には大型のTVが2台と、普通のTVが1台。見やすかったですよ。
20050504_1525_0000

それはともかく、試合です。
今日は、勝ったことが最大の収穫ですね。念願の連勝ですから。前半は良かったですよ。神戸はカード覚悟で体を張って止めるしかないシーンが多かったですから。
でも後半、課題は多いです。まず、永井が消えている時間が多かったように感じます。また、永井が久々にボールをもったと思ったら、ドリブル突破しかけてボールとられているし・・・。こんな選手ではない、と思っていますので、今後の活躍に期待します。
あと、追加点、取れるときに取らないと。後半のロスタイム、松尾のヘディングシュートは、都築の真正面に行ったから良かったものの、あれが(以下省略)。

これで3勝3敗4分。勝ち点13。なんとか五分にしました。これからです。鹿島との差、12点。1つ1つ詰めて生きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/05/03

対ヴィッセル神戸戦:リーグ戦初の連勝を

もう、明日はヴィッセル神戸戦です。
神戸で気をつけなければならないのは、FWの播戸とMFの三浦淳宏と朴ですかね。
前回のナビスコ予選でも、播戸からのクロスをカズにゴールを決められてますから、カズも要注意ですか?
まあ、油断することなく、勝ちにいきましょう。

今日は、たまには大原に行くのも良いかな、と思っていたのですが、NACK5で大野さんが「大原周辺、見学で車が混雑している」というものですから、回避しました。
いろんなブログを見て(ココが結構詳しく書いてありました。)、先発を考えると、GK:都築、DF:坪井、トゥーリオ、内舘、MF:長谷部、啓太、アレックス、ノブヒサ、FW:永井、達也、エメだと思います。
明日のキーは、前節の名古屋戦のように、豊富な運動量で後ろから押し上げて攻撃ができるか、ということですね。そのためにも、選手全員が有効な無駄走りをすることに期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/02

レッズの国際試合3試合

レッズの国際試合は今年3試合あるわけですが、その中でワタクシの中の注目ゲームは7月30日の対マンチェスター・ユナイテッド戦だと思っていました。去年、マンチェスターまで行って、雷雨で中止ということがあっただけに、マンUも本気までは行かなくても、ベストメンバーに近い形でやってくれるかも、と思っていました。
ハンブルガーSV戦はナビスコの途中にやるし、バルセロナ戦にいたっては、あのロナウジーニョがコンフェデ招集でバルサにはいないのがわかっていましたから。
それが今日の日刊スポーツの記事だと、コンフェデに招集されないとのこと。そうすると、バルセロナ見たいかも・・。
ただ、どうなるのかわからないのが、サッカーだから。

そういえば、俺って今まで、国際親善試合って1度も行っていない。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/05/01

対名古屋グランパスエイト戦:「浦和は負けないんだ。」

浦和レッズ3-0名古屋グランパスエイト
得点者 前半35分 達也
     前半38分 エメルソン
     後半19分 エメルソン

今日はゴール真裏の最上段に行けました。やっぱり当日抽選でも真ん中くらいの数字を引けば、それなりのポジションに行けますね。20050501_1503_0000
試合前のウォーミングアップから、コールをやりました。「ゴールで俺たちを熱くさせろ。」とかを。ホームでこんなに早くコールしたのは、いつ以来なのかな?正直わかりません。埼スタでは初かも知れません。
そんな中、試合開始前のUBコールリーダー角田氏曰く、「(最初よく聞こえず)勝とうぜ。勝たせようぜ。俺たちのホームだぞ。(よく聞こえず。)世界一だぞ。お前たち、世界一だぞ。世界一の顔だぞ、お前ら。いい顔して行こうぜ。(チョットこんな感じで言ってたように聞こえました。)」ウォーリアーに続く。こんな感じで試合が進みました。
前半からレッズはよく動いていました。ボランチの啓太の押上げとかも素晴らしく、アグレッシブなプレーでした。ただ、FWの達也がシュートは外す、パスミスはするで調子が今一かな、と思わせていた前半35分。ノブヒサからのループ気味のパスを受けた達也がこれまたループでシュート。これが楢崎の頭を超えて、ゆっくりとゴールへ。1-0で先制します。その3分後、エメからのノールックパスを受けた永井がワンツーでエメに返して、エメが切り返し、シュート。ゴールで2-0。
いい形で前半を折り返しします。
後半開始前、角田氏は「後半、足が止まるかもしれない。それを俺たちのコールで動かそう。」というような言葉をかけて後半スタート。
60分名古屋の角田がボールを叩きつけました。それを審判への異議(今日の審判は長田氏。昔と比べたら、良いレフリングしてました。)とみなされ、2枚目のイエローで退場。そしてその4分後、左サイドから切れ込んでいったエメがシュートを放ちゴール。3-0。このシュートは神が降臨したかのような素晴らしいシュートでした。(すかさず"エーーーメーーー”のコール。)この後もかなりチャンスはあったのですが、なかなかゴールを割ることができずに、試合終了。3-0。ホームで初勝利です。
FC東京戦以来3節ぶりに気持ちよく"We are Diamonds.”を歌いました。

試合終了後、「ホームなんだからさ、勝って良かったなんて思ってんじゃねーよ、当たり前なんだよ。ホームなんだからよ、俺たちの。なあ、神戸、もっと集まれよ。上行かなきゃ行けないんだから。神戸に勝ってここに戻ってこようよ。市原だかなんだかわかんないけど、踏み台にして上まで行こう。上だぞ、上。もう負けられないからな。勝っていこうぜ。浦和は負けないんだ。もう一回立ち上がろう。」(途中よく聞こえない部分あり)と角田氏が言ってました。

そうなんですよね、ホームなんです。勝って当たり前、の心持(過信とか油断とかではない)で臨まないと行けないんです。こんなことで満足していてはいけない。けど、選手たちがあれだけフリーランニングしてくれて、アグレッシブにゲーム運びをしてくれたことに大変満足しています。

角田さん、申し訳ないです。神戸には行けません。けれど踏み台にすべきジェフユナイテッド市原・千葉戦には行きますので、よろしくお願いいたします。

最後に。今日、わたくしと行動をともにしたRさんの隣の場所の人は、かなりのオンチ&テンポがめちゃくちゃな人で大変だった、と試合とは関係のないトコロで少し凹んでいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年4月24日 - 2005年4月30日 | トップページ | 2005年5月8日 - 2005年5月14日 »