« 2005年8月7日 - 2005年8月13日 | トップページ | 2005年8月21日 - 2005年8月27日 »

2005/08/20

灰皿投げた男起訴

ガスサポの灰皿投げた男が起訴された、とのこと(東スポ)。

そんなチームはこてんぱんにやっちゃいましょう。20050820_1729_0000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/19

灰皿対策でアクリル板

明日はガス戦です。
明日のビジターシート側は残りも100枚程度なので、ガスサポも結構埼スタに来るみたいです。

以前、ガスサポの方が、灰皿を投げつけたと言う傷害事件が発生しました。そんなこんなも含めて、なので今回Jリーグはこんな措置を取ったみたいです。

それなら、いっそのこと、埼スタで協議されていた、アクリル板でAWAY側を囲むのもOKなのでは、と思ってしまいました。

まあ、明日はそんなに荒れることのないようにして欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/18

伸二の移籍先

中田英寿選手は、プレミアのボルトンに移籍が決まりました。(ニュースソースはココ
イングランドの地元新聞は冷ややかな対応らしいです。

さて、伸二の移籍騒動、どーなっているんでしょうか?スポニチの記事だと、移籍が前提で話が進んでいるようにも思えます。
どっちにしても、伸二がいい活躍ができるのなら、プレミアだろうがリーガ・エスパニョーラだろうが、どこでもいいんですけどね。
それとも移籍先が見つかるまで、レッズでやりますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/17

アジア最終予選 日本対イラン

日本2-1イラン
得点者 28分 加地
     76分 大黒
     79分 アリ・ダエイ

この試合、本当に最終予選なんですかね?親善試合かと思ってしまいました。やっぱりドイツ行きが決まってしまった後の消化試合ですから、緊張感がないことも仕方ないことかも知れません。
できれば先発で巻や阿部を使って欲しかったです。ただ、それをしないのが、コインブラ監督ですから。諦めもついています。

今日は、前半をTV朝日、後半をNHKのBSで試合を見ました。
前半のTV朝日のアナウンサー・角沢先生は、選手名が出てこなかったり、ロスタイムの時間を間違えたり、解説(?)の松木先生と息が合わなくてしどろもどろになる始末。
後半のNHK-BSの内山アナウンサー、井原・木村コンビの解説は、TV朝日と比べると余計なことはしゃべらずにいい感じの中継でした。
サッカー中継でこうも違うものなんですね。

そんなお遊びごとはともかく・・・。
この最終予選、MVPを決めるのなら、大黒を押したいですね。あのホームでの北朝鮮戦のロスタイムゴールがなかったら、多分こんな状況で8月は迎えられなかったと思います。
同じ意味で、バーレーンのサルミーンにもMVPをあげたいです。

この後、このメンバーに海外組やら、達也や巻、阿部といったアテネ組とも呼ばれる若手選手がドイツメンバーの争いをするわけですが、どれだけ現在のメンバーから変化するのか、期待したいです。
ただ、コインブラ監督だから(以下省略)。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/08/16

地震、大丈夫でしたか?

今日11時46分の地震、皆様大丈夫でしたか?
回はチョット大きいかな、と思ってしまいました。けど、7月の地震の方が大きかったんですよね。(埼玉県基準)7月の地震のとき、静岡エコパにいたので、全然なんともなかったのですが。

皆様、お気をつけてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/15

敵情偵察:FC東京

20日の土曜日に、ガス戦が埼玉スタジアムで行われます。

チョット敵がどんな感じ(ナビスコの試合がないので)の練習を組んでいるのか気になって、いろいろWebを探索してみました。
そうしたら、13日の土曜日に川崎フロンターレと練習試合をしていました。両チームとも見た感じベストメンバー風でした。(ガス・川崎フロンターレに興味が全くないので、こんな言い方になってしまいます。)FWのササとMFの今野が2ゴールずつあげて4-2でガスが勝ったそうです。
今度の試合、注意すべきはルーカスよりもササだと思いました。そうは言っても、この人もウチのポンテ・マリッチと一緒で最近来た人ですから、どこまでフィットしてくるかがポイントかも知れませんね。

こんな事を昼間に書いていたら、浦議のメインの情報によると、原博実監督が敵情視察をしに埼玉スタジアムに現れた、とのこと。昨日の試合を参考にするとなると、やっぱり守備固めの引きこもりサッカーで来るのかな?
まあ、攻撃的で来ようが守備的で来ようが、どっちにしても勝つだけですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/14

対清水戦:準決勝進出

浦和1-0清水
得点者:88分 長谷部
観衆 31,754人

今日の試合開始前、コールリーダーが使っているハンドマイクの電池切れという、なんとも出だしの悪い(?)モノになりそうでした。そんなUB角田氏曰く、「そろそろ行こうか。ニヤニヤしてんじゃねーぞ、お前ら。まだ終わったわけじゃないんだからな。熱く行こうぜ、俺たちのホームなんだからさ。選手たちに気持ち伝えようぜ。(途中よく聞こえず)」(Pride of Urawa に続く。)20050814_1731_0000

この試合、公式戦初出場のポンテとマリッチの動きを追って前半は見ていました。ポンテはやっぱりテクニシャンですね。ヒールパスとかの技を惜しげもなく(?)見せていきます。それとマリッチは前線から守備をやるマメな選手という印象が残りました。試合自体、前半32分にチョ・ジェジンが判定不服でボールを地面に叩きつけて2枚目のイエローで退場してしまい、ここでかなり決まってしまったのかもしれません。その後そんなにチャンスらしいチャンスもなく前半終了。
後半開始前、「俺たちが焦らずに行こう。前に前に行く気持ちはわかるけどさ。最後までさ、後押しして行こうよ(よく聞こえなかった。)」(アレー、フォルッサ浦和レッズ(GO WEST)に続く。)後半、シュート数では13-3というレッズがいい感じで攻撃している、って感じでした。(実際には清水のもコーナーキックとかあったから、一方的とは言えなかったが)ともかく、なかなかゴールが決まりません。後半30分くらいのとき、マリッチと交代で入った永井がヘディングシュート。これがゴールかと思われましたが、オフサイド。(周辺の人はゴールと思い、凄く喜んでいました。)他にも永井には結構チャンスがあったのですが、なかなか決められず。そんなこんな時間が過ぎていって、後半の43分。カウンターの形となり、長谷部がシュート。これが決まって1-0。このままレッズが逃げ切って試合終了。
試合終了後「お疲れ様でした。なあなあ、チョット決めるところで決めないとさー、長谷部の言ったとおりにつまらない試合にもなる、と思いましたが、あいつが決めてくれました。次、ココでFC東京戦だよね。切り替えろ。リーグ戦だよ。1つも負けられないからな。また、鹿島行くんだろ。自力で来いよ。お前らで来いよ。そこまで負けらんねーんだよ。お前らの力で鹿島来てみろよ。なあ、バス用意されなきゃー来れないじゃーよ、浦和レッズのサポーター名乗るんじゃねーよ、お前ら。お前らで来いよ。去年以上に鹿島に来てみろや。そのあとは万博もあるし、面白いこといっぱいあるぜ。1つも負けらんねーからな。お前らの気持ち1つで変わるんだぞ。ここで東京ぶっ潰そう。またココで会いましょう。」とUB角田氏。(アンダーライン部分はチョット聞き取れなかった。)

AWAYの鹿島まで負けられない。それはJリーグでもナビスコカップでも同じ。もちろん鹿島スタジアムでも負けられない。土曜日のFC東京戦、しっかり勝って鹿島を追い詰て行きましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年8月7日 - 2005年8月13日 | トップページ | 2005年8月21日 - 2005年8月27日 »