« 2005年8月14日 - 2005年8月20日 | トップページ | 2005年8月28日 - 2005年9月3日 »

2005/08/27

対名古屋戦:よくやった!

名古屋0-2浦和
得点者 16分 トゥーリオ
     30分 マリッチ
観衆 18,817人

今回は、諸般の事情により名古屋遠征を諦めて、URAWA POINTで観戦しました。

それはともかく、ポンテは素晴らしい選手です。2得点のアシストはポンテでした。
14分のCKも、30分のクロスもポンテ。
14分の得点は、トゥーリオがボレーシュート、楢崎が上手く防いだ様に見えたのですが、ボールを見失った楢崎の背中にあたってゴールイン。
30分は、ポンテのピンポイントクロスを綺麗にマリッチがヘッドで決めて2-0。
前半終了前に、マリッチがPKを得たのですが、これをPKを得た本人が楢崎に止められて得点ならず。

後半、永井がポストに当てるという惜しいシュートや、啓太が絶好のシュートチャンスをものにできないなどありましたが、なんとかそのまま逃げ切りました。

ポンテは凄いや。ポンテが出場した4試合で2得点3アシストです。

鹿島との差が6点差になりました。
次節、勝つことによって3差になります。そうなると、ターゲットはガンバ。万博遠征を本気で考えないと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の観戦場所

ウラワポイントになりました。
20050827_1841_0000
スタンディングは結構イッパイイッパイです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/26

げんかつぎ

皆様は、げんをかつぐことありますか?
例えば、勝った試合の次の試合は、勝ったときと同じルートで来るとか、同じ時間に行くとか。たはまた同じ飲み物を同じ店で購入しスタジアムに行くとか。占いとか少しは信じる自分はそういうバカな事をやっています。以前、電車で埼スタに行っていたときには、たまたま勝った試合がタクシーでスタジアムに行ったため、昨年までタクシーを使って埼スタ入りしてました(2,000円の出費)。やっぱり、そのくらいのことでもチームの勝利になるなら、と思ってしまうわけです、バカだから。

なんでこんな事を書いたかと言うと、レッズは明日、かなり分の悪い瑞穂でのグランパス戦です。リーグ戦ではレッズの8勝、グランパスの20勝(1分)、瑞穂のAWAYに限って言えば、95年11月15日、福田が2得点して勝った試合以来勝っていないらしいです。(間違っていたら、コメントに訂正を書いてください。)いくらなんでも、遥か昔に感じてしまいますよ。福田が得点王の時から、おおよそ10年勝っていない。

参戦される方、ワタクシは諸般の事情により瑞穂には行けませんが、精一杯のサポートお願いいたします。
明日は浦和で試合を見ています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/08/25

聞こえてきた会話から思ったこと

昨日の試合のハーフタイム、近くから聞こえてきた会話の中に「坪井がフツーのDFになっている」という言葉でした。
確かに以前の坪井と比べたら、物足りないように感じるかもしれません。

昨年、坪井が代表戦で怪我して、今シーズンの第2節の川崎戦から復帰して以来、リーグ戦19試合出場しています。ただ、まだ本調子ではないような気がします。そういう意味では、まだ怪我の後遺症が残っているのでしょうか?伸二が99年のオリンピック予選で怪我をして復帰した後も、ベストな状態に戻るまでかなりの時間がかかったような気がします。(’01年コンフェデのFKのゴールの時にはベストに戻ったと思っています。)やっぱり、手術までするような怪我だとコンディション回復までに結構な時間がかかるものだと思ってます。

本人も今年の開幕のMDPで「試合に出ることがリハビリの最終段階」だと言ってるので、コンディションのブラッシュアップと今まで以上のスーパーな坪井になることを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

対ヴィッセル神戸戦:悪い癖

浦和2-2神戸
得点者 34分 平瀬
     51分 永井
     56分 三浦淳宏
     89分 ポンテ
観衆 16,173人(平日とはいえ、この人数はチョット悲しい。)

今日のスタメンを知ったときには、チョット驚きましたよ。J1出場300試合になる山田暢久を外してきたんですから。長谷部が今回警告累積で出られないから、その絡みでバランスの関係上外してきたのか、はたまた何か罰則的なことがあったのか分かりません。CIMG0627

それと同じくらいに神戸のスタメンには驚きました。知っている選手が、アントラーズにいた平瀬と金古、あとは三浦淳宏くらいですから。

そんなこんなで試合が始まりました。
なんとなくですが、選手の動きが良くないんですよね。こういうときって、中盤が機能していないか、DFがピリッとしていないか、はたまた審判がヘナチョコ(浦和よりとかそういうのではなく、判定が曖昧など)な場合なんですよね。
前半はそこそこ攻めてはいるんですが、なかなかシュートが打てなかったりしていて、得点チャンスを逃していました。そんな中の前半34分、相手の右からカウンターを食らって、平野がゴール前の混戦からシュートして、先制0-1。都築のセーブもあったし、DFの枚数も足りていたのでOKだろうと思っていたのに、なんとも言えない後味の悪い失点でした。
後半頭から、アレックスに代えて岡野、酒井に代えて暢久が入りました。
後半、レッズペースで試合が動きだしました。そのペースをつかんだままの後半6分。左サイドの岡野からのクロスを永井がヘッドで押し込んで1-1。同点です。(前半終わったときに自分の横で「9番はシュート外すのが当たり前」などと言っていた輩がこのゴールで喜んでいるのを見て、「永井さんに謝れ」と思いました。)
そんないいペースで進んでいた、後半11分。岡野がファールをして直接フリーキックのピンチ。まさか直では狙わないだろうと思っていたのに、三浦淳宏が直接打って、2-1。またリードを許してしまいました。まあ、このシュートは打ったほうを褒めるべきだと思います。あれは止められないでしょう。
こうなったら、ウチとしては押せ押せです。トゥーリオがFWかというくらいのポジションでボールを取りに行っていました。マリッチに代えて横山(カニ)を投入し、攻撃を強めますが、なかなか点が入りません。これはまずいかな、と思った後半44分。岡野からのパスを、ポンテがシュートを放ち、ゴール。2-2。終了間際に追いつきました。その後、トゥーリオの惜しいシュートがありましたが、得点できずに試合終了:2-2のドローでした。CIMG0632

長谷部の穴は大きかったですね。彼がボランチにいるのといないのでは、レッズのサッカーの面白さが違うのかが分かりました。
あとウチの悪い癖が出てしまったかな、相手に合わせてしまうという。

レッズは今節終了で勝ち点33。順位は4位に後退。首位鹿島との差は9となってしまいました。
土曜日の名古屋戦、参戦される方は精一杯サポートしてきてください。(俺はどこで見ようかな・・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/24

暢久、先発落ち

暢久、先発落ちだそうです。
まぁ、世の中上手く行かない、てことですかね。
CIMG0626

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/23

山田暢久、Here We Go!

山田暢久選手(29)が、明日の試合でJ1通算出場300試合になるそうです。ニュースソースはココ
デビュー当時の暢久の背番号って2番の印象が強い。それも昔大旗で「のぶひさーず」(カタカナだったかも)のユニホーム型の大旗が2番だったからかもしれない。

大野勢太郎氏から、J2に落ちた時の語る会では、「暢久は100%力を出し切っていない」などの批判を浴びるほどムラのあるプレイヤーである暢久。キャプテンになって、自覚が出たのか、少しはしっかりしてきたように見える暢久。キャバクラ騒動の煽り(?)で代表選考から漏れている暢久。昔、NACK5のインタビューでTOP下をやりたいと言っていた暢久。(そのときはウーベがいるから無理だろ、と思っていたら、昨年は山瀬の怪我の後、TOP下やっていて夢が実現したのかな。)
ともかく、J1出場300試合、おめでとうございます。

明日のMDPの表紙は暢久ですかね?
記念の試合、勝って鹿島との勝ち点を縮めて、プレッシャーをかけていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/22

小笠原の移籍問題:その2

前節の広島戦で、気持ちの整理がつかないと試合出場を辞退した小笠原選手。
今日はサイン会の方も気持ちの整理がつかなかったのか、31日まで延期してしまいました。ニュースソースはココ
彼の鹿島フロントに対する不信感は相当なモノがあります。
鹿島はサッカービジネスは、上手くなさそうですね。

まあ、こっちとしては、9月3日も気持ちの整理がつかなくて、TOP下不在のアントラーズの方が対戦しやすいのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/21

アフターバー

昨日の試合の後、チョットした集まりに参加させていただくことになって、アフターバーに初めて行きました。
最初は西野&水内コンビが適当なこと(多分今日の試合のこととかを話していたと思います)をしゃべっていた後に、警備員がゾロゾロと舞台の裏に進んでいくのがわかりました。何事だと思ったら、ギド監督でした。CIMG0624
(画像、左からギド、山内通訳、水内、西野)
かねてから、一度顔を出したいといっていた希望が通ったとのこと。ギド曰く「素晴らしいサポーターに応えるために、優勝する。」みたいなことを言っていました。その後、ギドの音頭で乾杯。
その後、犬飼社長が挨拶をしていました。社長に「ポンテの補強は素晴らしいです」などの声が飛んでいました。
それが終わったらもう9時で、バーの終了時間でした。
その後、ダラダラいて10時近くまで、話をしていました。

それから、昨日のユニ旗、ココに画像があったので、リンクしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

対FC東京戦:辛勝

浦和 2-1 FC東京
得点者 5分 ササ
    39分 永井
    54分 ポンテ
観衆 44,400人

今日の試合前、結構時間があったので、AWAY側はどのくらい隔離されているか、見てきました。
CIMG0618
いつもの南側の雰囲気が分からないので、なんとも言えないんですが、画像でもお分かりのように、ガードマンがそれなりの人数いました。それにビジターゾーンかなり広くとっていましたね。今回は灰皿などが投げられるような事件性もなくて良かったです。


さて、試合開始前、「負けられないんだよ、ココからは。」というコールリーダーの角田氏からの言葉から始まった本日のゴール裏。最初、パジェロバージョンのユニ旗が出たあとに、vodafone型のユニ旗が出ました。旗の下にいたので、どのように見えたかまったく分からなかったです。CIMG0620


試合の方は、前半5分。なんかオフサイドぽかったのですが、ササにヘディングを決められて、0-1。FC東京に先制されます。その後、結構レッズが押し気味に試合を進めますが、なかなか得点には至りません。そんな中、前半20分くらいまで、ノブヒサ君は寝ていたのでしょうか?なんともピリっとしないプレイを連発します。自分の後方からは「ノブヒサ、やる気ないんだったら、交代しろ。」なんていう野次が聞こえてきました。
そんな嫌な雰囲気を吹き飛ばしてくれたのは、永井でした。前半39分、ポンテからのパスを、ゴール左のポストに当てる、素晴らしいゴールを決めて1-1、同点。そのまま、前半は終了いたしました。

後半開始前、角田氏は「このままじゃ、終われねーからな。こっちでゴールを呼び込もうぜ。(ゴールで俺たちを熱くさせろ、に続く)」という気合入れで試合に入りました。
その気合入れが選手に通じたのでしょうか。後半の9分。ポンテが素晴らしいゴールを決めました。これで2-1。逆転です。けど、このゴールはウーベが打ったシュートみたいでした。本当にポンテがテクニシャンだと分かるゴールでした。それ以上に、周りが良く見えているように見えました。今回のポンテの加入は、エメの穴をしっかり埋めてくれるような気がしています。
その後、レッズもチャンスがあったのですが、モノにできず。それどころか、シュートがゴールポストに当たって難を逃れるなど、かなり危ないシーンがありました。選手たちも耐えてくれて、2-1で試合終了。

「応援していれば、通じるんだよ。甘くないよ。キツイかもしれないけど、大事に行こうよ。1個も負けられないからね。まだ先は長いからね。1試合、1試合大事に勝って行こう。まだまだ敵は多いよ。こんなことでへこたれてたら、しょうがねーぞ。次、駒場だよ。なあ、また戻れるぞ、駒場に。またパワー持っていこうぜ。あそこはさ、俺たちの心のよりどころだから。次も勝ってパワー持っていこう。駒場でパワー吸収して、瑞穂、鹿島行こうぜ。負けらんねーぞ。お疲れ様でした。」とUBコールリーダー角田氏。
負けられない。本当にそう思います。
今節、ガンバとアントラーズが負けたので、差が縮まりました。
ゴール裏というポジションにいる以上、選手たちに声というカタチで思いを伝えて行きたいと思った、今日でした。
(その後、アフターバーに行ったことは、また明日にでもUPします。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月14日 - 2005年8月20日 | トップページ | 2005年8月28日 - 2005年9月3日 »