« 2005年8月28日 - 2005年9月3日 | トップページ | 2005年9月11日 - 2005年9月17日 »

2005/09/10

対大分トリニータ戦:痛い敗戦

浦和1-2大分
得点者 18分 梅田
     27分 達也
     71分 マグノ アウベス
観衆:35,198人
P1000005

油断とでも言うのでしょうか?前節、鹿の国であれだけのゲームをやってくれた選手たちです。かなり期待して、埼スタ入りしました。
ゴール裏にもなんとなく、そんな残留争いをしている大分なら勝てる、という空気がありました。選手紹介でも知っているのは、高松とマグノアウベスくらいな感じでしたし。
それを吹き飛ばすようにコールリーダーの角田氏は、「そろそろ行こうか。鹿島との戦いで同点(引き分け)で満足していませんよね。入ったかもしんないんだよ、3点目がよ。俺らの力が足りないんだよ。このリーグ戦、まだ長いぞ。勝ち点3を勝ち取ろうぜ。勝ち点3を守って、戦おうぜ。(カモン、浦和レッズに続く。)」
という感じで試合に入りました。
前半開始から結構大分に攻め込まれていました。失点していないから、まあいいでしょ、って感じだったのですが、そんな楽観的な視点をぶっ潰してくれたのが、大分のトゥーリオと梅田でした。18分、トゥーリオからのパスを梅田が倒れながらシュート。それが決まって0-1。またレッズが先制を許してしまいます。
その後、レッズもなんとか目が覚めたのか(オフト風に言うのなら、それまで寝ていたのか)、やっとパスとかが繋がり始めた27分、永井がシュートしたボールを達也が頭でコースを変える感じで触ってゴール。1-1同点に追いつきます。
その後、前半終了間際、永井が敵陣ペナルティーエリアで倒されてPKかと思いましたが、そんなに甘くはなく、1-1、同点のまま、前半が終了します。
後半開始前、「ゴールで俺たちを熱くさせろ。」で選手たちを迎えました。それが選手たちに届いたのでしょうか?後半開始から積極的にシュートを打っていきます。後半15分までにシュートは7本。コーナーキック4本ですから。ここでゴールできなかったのが痛かったです。後半19分に達也が怪我(ギドのオフィシャルのコメントより)でプロ契約したセルヒオと交代した後に、坪井が怪我のため交代を要求。その交代が認められる前に、マグノアウベスが坪井を追い抜き、シュートしてゴール。1-2。再び突き放されます。
その後、坪井に代えて平川、アレックスに代えて岡野を投入しました。
セルヒオが終了間際に惜しいシュートがありましたが、結局そのまま試合終了。選手交代も裏目出てしまった、本当に痛い敗戦です。P1000007
手も足も出なかった試合じゃなく、決めるところで決めてしれば、なんでもない試合だったと思われます。(それが難しいのですが。)
ギドは失望感漂う試合と表現しています。そんなギドの采配にも疑問が残りました。特に岡野の左サイド。他の選手は岡野にボールを預けることもほとんどなく、全く攻撃では機能していたとは言い難かったです。
出だしで書いたように、俺達にも絶対慢心があったと思う。「大分になら勝てる」というか「勝って当然」という空気が少なからずあった気がする。それも敗因の一つ。
それと観客の少なさにも疑問が残りました。埼スタで4万を切ると少ないですよ、やっぱり。対戦相手に知らない選手ばかりなのかもしれませんが。北側のゴール裏もかなり空いてましたからね。誰も彼もすべてのゲームに来られないのは分かっていますが、もう少し来て欲しかったと思います。
「レッズをサポートしている」といろんな人や場所で言い、そのことを自負しており、いつもゴール裏で試合を見ている人達には。

ただ、まだ11試合もリーグ戦は残っています。希望を捨てずに、腐らずに選手達を後押しして行きたいです。例え、他力本願であったとしても・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/09

明日のDFライン

明日は、トゥーリオがジョージからの黄色いカードを2枚プレゼントされ赤いカードに昇格してしまったのと、堀ノ内が累積で出場できないため、DFラインが心配です。前節のスタメンが2人いないのだから・・・。

3バックなら、ネネ―内舘―坪井でやるのでしょうが、ネネは万全なのでしょうか?なんかサテライトでも試運転をしていない状態。ぶっつけ本番で、どこまでやれるのか・・・。
4バックなら、左から平川―内舘―坪井―ノブヒサで行くと思われます。(アレックスの左サイドバックは怖い・・・。代表でも上手くやっているとは思えないため。)
自分の意見を言わせても頂けるなら、4バック仕様で試合に臨んでいただきたいです。ネネが出場して、どのくらい機能するのかが本当にわからないから。何度も言うように、万全なら問題はないんですよ。

まあ、どっちにしても、どんな状況でも、一試合一試合勝たないと、逆転優勝なんて実現できないので、選手には頑張ってほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/08

セルヒオと正式契約

レッズのオフィシャルのHPにセルヒオと正式契約したそうです。(正確には二種登録から一種登録になりました。)
けど彼はアルゼンチンとスペインの2つの国籍を持っていたんですね、知らなかったです(というか勉強不足ですね・・・。)
来年父親が日本国籍を取得した後に、彼も日本国籍を取得する、という話もあるらしいです。

まあ、今まで以上にモチベーションも上がるだろうから、多く選手層がそれなりに厚くなったMF、またはFWとして点に絡む活躍を期待しています。

それとネネが次節の大分戦復帰しそうです。5ヶ月近く出ていないからチョット心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/07

見ていないけど

本日(昨日になっちゃうのかな)は、イロイロと忙しかったので、代表戦、見られませんでした。

今日の親善試合、対ホンジュラス戦。なんかノーガードの打ち合いだったみたいですね。
RED HOT BLOGSとかを読んでも、実りのないというか、面白くもないというか、ともかく見ても見なくてもどーでもいい試合になっていたみたいです。

あのテレ朝の中継を見るのは正直キツイので、見なくて正解だった、と思ってスポーツ紙をチェックします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

既に現実化

「誤審でW杯アジア予選5位決定戦やり直し」になってしまいました。ニュースソースはココ
この時の主審が吉田寿光氏。日本人が笛を吹いて、大失敗、ってことでしょう。吉田さんの笛で悪い印象は、今年の開幕戦で起きたアルパイ退場の笛ですね。
昨日書いていたことが現実になってしまいました。
日本の審判は、ワールドカップの本大会どころか予選で使えないなんてことになるとは(予選だからこそケチがついたのかも知れませんが)。

1-0で勝ったウズベキスタンが抗議して、「3-0でウチの勝ちにしろ」と主張。そこでFIFAも折衷案を出して再試合とのこと。
けど、これでもしウズベキスタンが引き分け、もしくは負けたら事態はどうなってしまうのでしょうか?

これでFIFAから「審判の質の向上をするように」と通達でも来れば、JFAも考えてくれるってことを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/06

エルゴラ9/5号と審判問題

本日のエルゴラッソの1面には、トゥーリオがジョージに詰め寄ろうとしているところを、都築、坪井、啓太、達也の4人が必死で抑えている場面の写真でした。達也なんかトゥーリオの腰を持っちゃってますよ。これ、なんだかラグビーのモールみたい・・・。
それに続く2面3面は、鹿島対浦和の大特集でした。
選手の採点で一番良かったのがアレックスの7.0、逆に一番悪かったのは3.5でトゥーリオ。コメントには「サッカーは一人ではできないことを認識してほしい」とまで辛口でした。

確かにあの異様な雰囲気で、試合のジャッジをする審判は大変だと思う。しかし、プロの試合である。やっている選手はその試合でプレイすることでお金を貰い、見に行った人達はその試合にお金を払っている。それは審判にではなく選手に対してである。だから審判が主役になってしまう試合は見ていて閉口してしまう。

なんとかJリーグの審判の質の向上を真剣に考えていただきたい、JFAには。来年はワールドカップが開催されます。日本人からも審判が出場(招集のほうが正しいのかな?)することでしょう。そのためにもレベルアップを協会主体で行ってほしいです。また東アジア選手権の西村様のときのように恥をかきたくないのなら。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/09/05

鹿嶋名物

昨日の並びの時間が結構長かったので、暇つぶしと思い、鹿島神宮まで行ってきました。思っていたほど遠くなかったです。

まあ、珍しいモノと言えば、やっぱり神社の境内に鹿がいることですかね。CIMG0640
鹿さんもかなり暑いらしく、元気に走り回るなんてこともなく、日陰でじーっとしていました。

それからおみくじも引いてきました。結果は半吉。20050903_1348_0000
望みはなかなか叶わない、みたいなことが書いてありました。(それが昨日のゲームに反映されてしまったのか・・・。)
あとアントラーズの選手のサインと願い事が書いてある巨大絵馬がありました。


あと、鹿嶋名物と言ったら、帰りの渋滞ですか。CIMG0647
確認しにくいかも知れませんが、♪どこまでも続く赤いテールランプが綺麗で♪みたいな感じでかなり連なっていました。潮来インターを使用した皆様、本当にご苦労様でした。
浦議とかには、平気で2時着とか3時着とかのご報告もあり、さぞやお疲れだと思います。
土曜日までにはその疲れ、取ってくださいね。というか社会人の皆様、疲れをとって出社しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/04

対鹿島戦:まだまだ終われない

鹿島2-2浦和
得点者 17分 小笠原
     27分 アレックス・ミネイロ
     77分 達也
     86分 ポンテ
観衆:35,467人

今日は試合開始前の並びの時からヒートアップしていました。警備の人の説明にブーイングしたり、開門10分前にコールを始めたりしていました。そしたら、開門後、メイン指定のところから鹿サポが覗き込んで、指を立てているんですよ、挑発して。それを気にせず入る順番を待っていたら、なんか頭にコツンって当たったんです。空のペットボトル(お茶)でした。いやー、そんなの当てられても・・・。

本当に今回、1階の自由席は満杯でした。12時には入っていた自分が、ゴール真裏の最上段でしたから。CIMG0644

試合開始前、「そろそろ行こうか。オイ、そう簡単に勝てると思うなよ。今日やることは、戦うこと。戦って、勝って、勝ち点3取ることだ。(途中よく聞こえず)浦和の誇り、見せ付けてやれや。(ウォーリアーに続く)」というUBの角田氏の言葉で始まった前半。ユニ旗と赤・白・黒のヴィジュアルを展開したのですが、TV(スパサカ)では一切確認できませんでした。
試合は互角と言うよりも、少しアントラーズペースで進みます。そんな前半の16分。左からのクロスを鹿島の誇る最強の守備的FW:鈴木の師匠が頭で合わせようとしたところを、堀之内がユニホームを掴んで倒してしまいます。堀之内にイエロー、鹿島にPK。(現場ではユニを掴んだのが確信できなかったのですが、スパサカで確認したら、「あぁー、やっちゃった。」的なファールでしたね。)これを小笠原がキチンと決めて1-0。鹿島が先制します。

その後、レッズは追いつこうと必死の攻撃をしていきますが、逆にカウンターを食らってしまいます。前半27分、アレックス・ミネイロが25m付近からミドルシュート。これが不運にもシュートコースを塞ぎに行った坪井の足に当たり、コースが変化。都築はこの変化に対応するのが難しく、ゴール。2-0。鹿島に追加点を許してしまいます。
2点とられた後は、流石に声のボリュームが落ちていましたね。残念なことです。(多分、自分も落ちていたと思いますが・・・。)
レッズもその後、攻撃はするのですが、得点には至らず2-0で前半終了してしまいました。

後半開始前、コールリーダー角田氏は「ピクニックに来てるんじゃねーんだよ。全然声出てねーぞ。どうしたんだよ、オイ、声出さなきゃダメだろうが。やる気あるんか、お前ら。戦えないんなら、とっとと帰ってくれよ。(途中よく聞こえず)俺たちの声がないと勝てないんだろ。お前ら、俺たちがレッズなんだろ。こんなんじゃダメだぞ。(PRIDE OF URAWAに続く。)」
今日の主審はジョージこと、柏原主審でしたが、なかなかの鹿島びいき、もといホームに有利に吹いていたような気がします。鹿島有利のときにはアドバンテージを取って流し、レッズ有利のときには笛を吹いて試合の流れを止める、という感じに見えました。もしかして、感情的になっていたのかな、ジョージは。
そんな事が続いた、後半の15分。トゥーリオがラフプレイでイエローを貰った時に、ジョージに猛抗議。顔がかなり怖かったのか、それともかなりの暴言を吐いたのか定かではありませんが、ともかくレッドカードを頂戴して、レッズは数的不利に立たされてしまいました。(ただ、あの怒り方は尋常ではなかった。)
後半20分、ギドは啓太に代えてアレックスを投入。左サイドにつかせました。運動量が上がったレッズ。攻撃を仕掛けて行き、後半の32分、達也がこぼれ玉をヘッドで押し込んで2-1。
更に永井に代えて岡野も投入し(鹿島はその前に2枚一挙に代えてきました。)、更に攻撃を仕掛けて行き、後半の41分、先ほど交代したアレックスからポンテにドンピシャのクロスが供給され、ゴール。2-2。ゲームを振り出しに戻します。その後、長谷部、平川と惜しいチャンスをモノにできず、タイムアップ。2-2の引き分けに終わりました。

試合後、都築をはじめ何人かの選手がジョージに向かって抗議していたのが印象に残りました。まあ、イエローカードが12枚も出る試合(ウチは7枚)も出る試合だから、抗議の1つくらいしたくなりますよ。CIMG0646
「みんな、よくやった。次、絶対勝とう。埼スタ戻って1つづつ勝っていこう。満足すんなよ、こんなんでよ。これが浦和の誇りだ。こんなんで満足するな。まだまだ終わんないぞ、俺たち。(浦和レッズコールに続く)」と試合後にコールリーダーの角田氏。

今回の試合は、簡単に勝たしてくれる相手ではない、アントラーズ。それに、この数的不利の中、追いつけるほどの自力ができたことには感心しますが、確かにこのレベルで満足していたら、優勝なんか語ってはいけない。
まだ、鹿島との勝ち点差は6。首位のガンバに至っては7差です。
これからも厳しい戦いが続きますが、Jを終わらせないためにも、しっかり勝って行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月28日 - 2005年9月3日 | トップページ | 2005年9月11日 - 2005年9月17日 »