« 2005年9月25日 - 2005年10月1日 | トップページ | 2005年10月9日 - 2005年10月15日 »

2005/10/08

テレビ朝日・・・

今日の代表戦、真剣に見ていなかったのでなんとも言えませんが、テレビ朝日のK沢アナと松K氏は相変わらず、やかましいだけでした。
Kアナは選手名を間違えることが多かった印象が強い・・・。

まあ、民放のテレビ局にあんまり期待していないから、どーでもいい、ことなんですけど。

それにやっぱり代表の親善試合、坪井とアレックスが出ていても力入んないなあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/07

昨日の疑問点

疑問は、3点あります。

まず1点目。
昨日は、啓太が累積で出場停止だったわけですが、いつもなら酒井を啓太の代わりに出場させる、と思ったのですが、それがありませんでした。今回も酒井はベンチで、結局出場することはありませんでした。昨日の場合、フォーメンションの違いもあったと思います。ただ酒井選手、今シーズン最後に出場したのは8月24日の対神戸戦。このままだと来シーズンは移籍してしまうのではと、心配してしまいます。

2点目。
永井選手のFW起用について。昨日は右サイドでいい動きをしていました。なんか今までの彼とは違うような素晴らしいさ。あれをみると、永井選手は今後、FWにこだわるのではなく、右サイドをやることで、いいプレイヤーになるのではないでしょうか?ただ本人が、FWでやりたいとおっしゃっておりますが、そろそろ自分の一番活躍できるところ(自分の器量)をご理解いただくのも必要だと思うのですが。(そもそもどこが良い、とか言ってられない状況だと思います。)

最後に3点目。
ギドが監督会見で「審判が悪い」と言うことを全面に出すのは、今後の試合に深く影響しないか、と言うこと。
今回、審判団の試合前の「気をつけろよ」のことを詳しくは書きません。トゥーリオが、鹿島戦でジョージに殴らんばかりに迫ったことが、そもそもの発端だと思っております。
レッズ側は今回のレフリングに対して、抗議文を出すといっていますが、TVでしか見ていた自分には、上川氏の笛は、長田氏やジョージに比べてまともなものに見えましたから。
ギドが会見で審判の質に対し、文句を言う→審判に不快感を与える→次の試合からレフリングが厳しくなる。のような悪循環を生むような気がして。
まあ、言いたくもなるような試合が多かったのも、頷けますが・・・。

私的なことですが、しばらく試合がないので、更新が止まるかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/06

対ジュフ市原・千葉戦:ナビスコ終戦

ジェフ2-2レッズ
得点者 19分 トゥーリオ
     27分 達也
     47分 阿部
     86分 阿部
観衆 11,286人

昨日、ワタクシはトゥーリオの起用はギャンブルに近いと書きました。

トゥーリオは怪我から復帰したばかりなのに、よく動いていました。
インターセプトしたり、ドリブル突破したり、FWかと思う位置にポジショニングとったり。本当にいい動きをしていました。
それが証明されたのが、前半17分のゴールであったと思います。あれだけプレスをかけていた前半に点を取れないとキツイ、と思っていた矢先だったので、非常にいい時間帯でゴールできたと思います。(原博実風)
その後も攻め続けた結果が27分の達也のゴールに繋がったと思います。
これでトータル3-3のイーブンに。

前半終わった時点で、一緒に見ていた周りの人の雰囲気が、楽観までは行かないまでも危機感を感じなくなったので、これはヤバイ、と思っていた後半2分。CKから阿部のヘッドで1点返され、トータルの勝ち越しに。
その後もレッズは攻め続けますが、なかなか点が取れず。そんな中、後半25分。トゥーリオがペナルティーエリアで倒れ「PK!?」かと思ったら、ダイビングの判定でイエロー2枚目で退場です。
その後、長谷部をアレックスに、永井を岡野に、ポンテを堀之内にと交代させ、なんとか打開策を見つけようとしましたが、上手くいかず、逆に後半41分、ジェフの阿部に追加点を許してしまいます。

これで万事休す。
トータル5-3でジェフが決勝進出です。

トゥーリオは本当にいい動きをしていたと思います。後半10分くらいのFKからのヘディングシュートとかもいい感じだったし。それだけに、今回の2枚目のイエローはいただけない・・・。しかし、鹿島戦のときにトゥーリオも勉強したのかも知れませんが、上川氏に抗議には行きませんでした。あれを見る限りには、トゥーリオ自身、ダイビングしたのを自覚していたのかもしれません。それとも、審判団から試合前に、こんな事言われていたから抗議しなかったのかも知れませんが・・・。
それもこれも含めて、ギャンブルは失敗でしたね。

11月5日の国立はなくなってしまいましたが、1月1日に国立へ行かせてくれることをお願いしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/05

勝ってくれ!

ウラワポイントでジェフ戦を多くの仲間と見ます。
勝ってくれ!頼むよ。20051005_1846_0000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギャンブル

水曜日のナビスコ準決勝第2戦、対ジェフ戦にトゥーリオがDFラインに復帰しそうです。
これはもう、のるかそるかのギャンブルになってきました。怪我がこれ以上悪化しないことを祈るのみです。

まあ、ネネがこんな事になってしまった以上、もう仕方がないのかも知れません。

スタメンで誰が出るとか、この前調子の悪かった誰を外した方がいい、とかではないと思います。気持ちだけではどうにもならないかも知れませんが、選手一丸となり、もう一度あの最高の舞台へ連れて行ってください。

明日はテレビでじっくり見させていただきます。現地参戦の方、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/04

浦和駅西口伊勢丹前

「弾幕にメッセージを書き込んでいます。本日終電までやっていますので、よろしくお願いいたします。」という書き込みを見て、会社帰りに行ってきましたよ、浦和駅西口に。

UB(なのかな?)の若い男の子3人が、西口改札で「選手に気持ちを届けるためにメッセージを記入してください。」と大声を張り上げていました。
浦和レッズの選手のパネルが飾ってある前で、「去年の悔しさ忘れてないよな?」の弾幕にみんなメッセージを書き込んでいました。
ワタクシは20:45くらいに現場に到着したのですが、現場にいたのは20人ほどいました。
もう、ほとんど書き込むスペースがなかったくらいです。

このようなカタチで、試合観戦に対するモチベーションを持たせてくれたサポートの中心メンバーであるUBなどのクルバの方々に感謝いたします。

さて、ナビスコ準決勝第2戦、必死で頑張って欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/03

優勝への勝ち点

26節終了時点で、レッズの勝ち点が41。現在首位のガンバの勝ち点が51。
その差10点。(得失点差はレッズが+12、ガンバが+23です。)
仮にレッズが全勝するとして、勝ち点65。
対する首位のガンバ。4勝で勝ち点65になります。
得失点も考えると、3勝以下でシーズンを終了しないと、レッズに優勝の目はなくなります。

先に書いたように、レッズが全勝しての条件なので、なんとも・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/02

対セレッソ大阪戦:完敗

セレッソ大阪3-1浦和
得点者 9分 森島
    53分 ファビーニョ
    58分 古橋
    69分 マリッチ

試合経過をメモしながら、TVで試合を見ていましたが、後半の途中でやめました。
なんと言うか、勢いの差、もっと言うならフリーランニングの差が勝負を分けましたね。

1失点目の森島のヘッドは、まぐれというかセレッソの勢いがそのままボールに乗り移った、って感じのゴールでした。これは仕方がない、としても、前半はセレッソが1-0で折り返したのも運が悪い、としか言えない感じでした。(都築と坪井のファインセーブは目を見張るものがありました。)
2失点目のファビーニョのゴールなんか、後ろから走りこんできたのもあるかもしれませんが、フリーもフリー、ドフリーでしたよ。
3失点目の古橋のゴールは、古橋がシュート、都築はじくのが精一杯、セレッソのだれぞやがシュート、これまた都築ファインセーブではじく、古橋押し込んで頭で押し込んでゴール。

レッズは、マリッチがなんとか1点を返すのが精一杯。

個人攻撃をしたくはないのですが、前半から、永井がポンテよりも下にいるというのはどうなんでしょうか?彼はFWなんだし、前線に張っていた方がいいと思うのですが。(その考えは素人考えでしょうか。)

あと、この試合を象徴していたのが、後半40分過ぎ、ギドはベンチに座って指示を出すことを止めていました。
頬杖しながら試合見てましたよ。

正直、これで優勝は難しくなりました。
優勝を目指して戦うチームのあるべき姿なのか、今一度、選手・チームスタッフに問いたい。(その前に、本日、現地に行っていないワタクシにその権利があるのか、とも言われそうですが・・・。)

暫くブログを更新できそうにもありません。ただナビスコ準決勝までには、戦う気持ちとともに戻ってきます。(来れるかな・・・。)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月25日 - 2005年10月1日 | トップページ | 2005年10月9日 - 2005年10月15日 »