« 2005年12月11日 - 2005年12月17日 | トップページ | 2005年12月25日 - 2005年12月31日 »

2005/12/24

天皇杯準々決勝:対川崎フロンターレ戦

浦和2-0川崎
得点者 68分 マリッチ
     83分 堀之内
観衆 27,589人

今日はウォーミング・アップ時から、マリッチコールでした。来シーズン、契約更新しない(と思われる)マリッチに対しての激励の意味が強かったです。P1000100
試合開始前、コールリーダー角田氏は「オイ、そろそろ行こうか。おい、四国行ってない奴は久しぶりだよな。おい、レッズ見たかったろお前ら。なあ、一週空いただけでレッズ見たくってしょうがなかったよ、俺は。なあ、そうだよな。オイ、まだ終わらせる訳には行かないよな。オイ、まだ終わらないよな、お前ら。あと3つ行こうぜ、オイ。決勝まで行こうぜ。ガンバに勝てなかったくせに、生意気言ってんじゃねーぞ。(周りから拍手が)負けらんねーんだよ。(オオー浦和レッズ、ゴールで俺達を熱くさせろ、に続く。)」

こうして試合が開始されましたが、試合の入り方は悪かったように感じます。前半では間違いなくフロンターレの出足の方が良く、決定的なチャンスも2回ほどありました。レッズにとっては、ただ単に、運が良かっただけかもしれません。前半で川崎のシュートが9本に対してレッズが6本ですから。
けど、なんかこの埼玉スタジアムでのフロンターレ戦というのは、因縁みたいなのがあるのでしょうか。川崎の関塚監督が文句を言いそうな。前半44分に森が2枚目のイエローで退場。これで11対10の試合になってしまいました。(数的有利を活かせそうな雰囲気が最近では出てきましたし。)

後半開始前「焦らず戦えば、勝てるから。最後まで戦おう(ロビーコールに続く)」と角田氏が言って始まった後半。
10人になった川崎は、なんだかチンタラプレイしている印象を受けました。もしかしてPK狙い?
そんなことを考えていたのですが、後半のレッズは右サイドを中心に攻撃を組立てている印象を受けました。岡野、暢久、ポンテとスペースを有効に活用し、攻撃を仕掛けていました。
ただ、10人の相手になかなか点が取れないと、大丈夫かな?とも心配になりましたが、そんな不安を後半23分に振り払ってくれました。ポンテの右CKをマリッチが「これがヘディングシュートです」とお手本のようなゴールを決めていただき1-0。レッズが先制します。マリッチのゴールは嬉しかったですね。やっぱり自分のためでもあろうけど、チームのため、サポのため頑張ってくれているのが見えましたから。
その後は、攻撃を仕掛けてくる川崎のボールをカットしてのカウンターが上手くいきますが、フィニッシュが上手くいきません。
1-0のまま逃げ切ってくれればと思い始めた後半38分、右サイドの岡野からのクロスを堀之内がアタマであわせて2-0。レッズ、追加点を奪います。
川崎の反撃も凌いで、このままタイムアップ。2-0、レッズ準決勝に進出です。
P1000101
試合終了後、選手達が挨拶に来る時に、なんか弾幕を持っていました。“Merry X'mas for All Reds Supporters.”だと思います。(良く見えなかったので、正確なことはわかりません。申し訳ございません。)“Merry X'mas to All Reds Supporters.”でした。今BSの録画中継で確認しました。
選手達が引き上げた後、角田氏は「お疲れ様でした。あのー、クリスマスとか関係ないからな。次の試合さー、絶対に勝とうよ。去年は、ここで(勝って)、次で負けているんだよ、俺達。去年の悔しさ、忘れてないよな。(何言っているかわからず。)ゴメン、寒くて口が回っていない。ここまで来ているんだよ。マリッチは来年いないのに、頑張ってくれているんだよ、俺達のために。元旦の国立で、勝ってアイツを送り出してやろうよ。元旦のレッズを見たいんだよ、俺は。オイ、元旦のレッズみたいだろ、お前ら。来年の夢だよ。次勝たないと話にならないから。29日、国立でまた会いましょう。(ジングルベルに続いた後)元旦、国立でレッズを見ましょう。日本人なら元旦でしょ?お疲れ様でした。」(一部良く聞こえない部分があったので、少し違うかも知れません。あしからず)

カップ戦です。リーグ戦ではないので、勝つことが第一です。内容はこの際、問いません。マリッチを優勝で送り出しましょう。
準決勝の相手は、てっきり鹿島だと思っていたのですが、大宮になりました。国立で埼玉ダービーです。
今年は3勝1敗の相手ですが、油断せずにしっかり勝っていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/12/23

本日の大原

今日は時間があったので、大原までTOPの練習を見てきました。P1000076

いつもと違うなー、と思ったのは、GKに都築がいなくて、山岸と加藤。
DFに坪井、堀之内、そして南。ってことは明日のDF先発は南なのでしょうか?出来る限り、南には頑張って欲しいです。

練習のメニューは、5分間のミーティングの後、25分間アップを行い、その後20分間のミニゲームでした。
P1000081

ミニゲームでは、岡野が一番元気に声を出していました。覚えているだけでも「動いたんだからしっかりやれよ」とか「ハンドだよ。ハンドだよね、絶対に。」とか大騒ぎしていました。
やっぱり底抜けに明るいというかなんと言うか。
あと、キャプテン暢久はミニゴールにほとんど張り付いて、守備をしていました。疲れているのか、それともいつもなのかはわかりません。

その後、岡野・セルヒオ・赤星・マリッチの4人と、GKの山岸と加藤が居残りでシュート練習(守備練習)していました。
P1000088
マリッチは他の選手がシュートを打つときに、「スイマセーン」とか「アリガトウゴザイマス」とか覚えた日本語を駆使して邪魔をしていました。

さて明日は、川崎戦。
我那覇、マルクス、ジュニーニョの三人を上手く封じて、上に進みましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/22

想定内ですが

今年も準決勝に進んでも、トゥーリオはいません。
まあ、ニッカンスポーツの記事ですけどね。
でも、毎年のことですよね。ブラジル人が天皇杯の時期にチームにいないのは。エメもそうだったし。

ただ、ギドは元日決戦を望んでいるみたいなので、期待して見ましょう。

川崎戦に勝ったら、決勝のチケットを確保しないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/21

ワシントン獲得&平行線

オフィシャルでも発表になりましたが、東京Vに所属していたワシントンを獲得、とのこと。
あのチーム状態で33試合中22得点は、素晴らしい。日本の環境ウンヌンを考えなくて良いのが非常に大きいメリットです。
環境ウンヌンを考えなくていい、もう1つの補強案である伸二のレッズ復帰ですが、本日の電話交渉では特に進展はなさそうです。
根気強く交渉していくしかないですね。何度も書いていますが、伸二にはヨーロッパでの活躍を期待してますけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/12/20

3億円の夢

♪ジャンジャンジャンボで、ドカンと当たる、3億1億ドカンと当たる♪と所さんが歌っている年末ジャンボ宝くじ、今日が販売最終日でした。
20051220_1038_0000
今日は、営業に出ている時、銀座を通ったのですが大変です。西銀座デパートの1番窓口の行列が有楽町マリオンまで続いています。「ここからだと2時間半待ちです。」なんてアナウンスしている始末。
確かに当たる窓口なんでしょうが、2時間半待つ価値があるのかな?と思ってしまいました。

20051220_1040_0000
ちなみに、今回ワタクシ、年末ジャンボ宝くじは購入していません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/19

一喜一憂

小野、復帰の結論持ち越し…フェイエと交渉も本人は欧州希望(サンスポより)

まだ帰ってくるのは早い、と思っておりましたので、あえて言うなら想定内のことです。
ただ、他からのオファーがあるのでしょうか?残念ながら伸二はケガをしております。1月の移籍マーケットって即戦力重視、そうなると有力な移籍先が見つかるかどうか・・・。
まだまだこのことでは、一喜一憂しそうです。(土曜日までネタがないからか・・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/12/18

サンパウロ優勝

リバプール、あれだけ攻めていて点が入らなかったですね。残念です。シュート数でリバプール21のサンパウロが4。コーナーキックに至ってはリバプール16に対してサンパウロ0。けど、こんな試合展開は何回も見てきているので。
サンパウロのGKセニは上手かったですね。2点くらい防いでいました。

あの前半早々の乱入事件なんとかならないものですかね。
日本のスタジアムは、警備とか緩いのかな。けど、本場ヨーロッパのスタジアムみたいに、アクリル板設置とかは止めて欲しいです。

けど、今年のトヨタカップ、以前ほど熱く見なくなった気がします。なんでだろう?やっぱりアジアのチームにも出場権が得られるようになって、レッズにもチャンスが出てきたからかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月11日 - 2005年12月17日 | トップページ | 2005年12月25日 - 2005年12月31日 »