« 諸般の事情で | トップページ | チケット争奪戦 »

2006/02/10

中島みゆき 夜会Vol.14

昨日、青山劇場まで行ってきました。
"中島みゆき 夜会Vol.14「24時着00時発」”に。
20060209_1834_0000
予備知識のないライブに行くのは本当に初めてでした。
今までこういうモノに行くときは、新譜のアルバムをチェックしたり、BEST盤を聞いたりして出かけるところですが、今回はまったくそういうことをしませんでした。というかできませんでした。
当日、チケットを入手したから。けど、チケット代でS席20,000円です。結構高いですよね。
そのチケット代から来るのでしょうか、年齢層が自分がいつも行くライブ等とは違い、思いっきり高いんですよ。30後半から40くらいが主流だったような気がします。もちろん、開演中はスタンディングとかはしませんでした。(けど立見席はあったけど。)

夜会って、中島みゆき本人が言うように「ヘンなコンサートです。」というように、ミュージカルのような、演劇のような感じで、間違いなくコンサートという部類ではなかったし。ともかく、変わったコンサートでした。バンドとかはステージではなく、ミュージカルのようにステージ下で演奏していましたから。休憩が20分あるし、指揮者がいるんですよ。指揮者がいるライブ(コンサート)なんてクラッシクでしか見たことなかった。
演劇としてもかなり楽しめましたよ。
ちなみにセットリストの構成はアルバム「転生」からが主体だったそうです。(近くの席の人が語っていました。)

思ったことは、「中島みゆきは歌が上手い。本当に上手い。」と思いました。今まで行ったアーティストの中で一番歌が上手いように感じました。CDと同じ様に歌うんだから。

見に行って思ったのは、自分みたいな中島みゆきの基礎的なことを知らない人間が、この「夜会」に行ってよかったのかな、ということでした。楽しめたけど、20,000円は高いな・・・。

|

« 諸般の事情で | トップページ | チケット争奪戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/8598202

この記事へのトラックバック一覧です: 中島みゆき 夜会Vol.14:

« 諸般の事情で | トップページ | チケット争奪戦 »