« 犬飼社長退任!? | トップページ | 加藤のポテンシャル »

2006/05/21

対横浜FM戦:TOPで予選通過

浦和4-2横浜
得点者 23分 ワシントン
     32分 相馬
     43分 ワシントン
     70分 ワシントン
     73分 塩川
     81分 田中隼
観衆 43,129人

今日はいい天気でしたね。ただその分、気温が高くなるのが気になりました。
試合開始前、今日のGKは加藤という情報を入手、どのくらいやるのだろうと思いながら、試合前のアップを見ていました。(その加藤については後日書きます。)
P1000465
試合開始前、UBのコールリーダー角田氏は「そろそろ行こうか。オイ、余裕であいつらに勝てると思っている空気、蔓延していないか?楽に勝とうと思っていねーか、オイ?思っているんだろ、なあ、思っていねーよな。オイ、ここどこだと思っているんだよ、俺達のホームじゃねーかよ。行きましょう、行きましょう、このまま。ファイトしねーゴール裏なんて浦和じゃないぜ。勝点3しっかり積み重ねようぜ。(マフラータオルを回転させる『オ、オ、オ、オ、オ、オ、オ、浦和レッズ』に続く)」
試合開始から15分はマリノスが押し気味に試合を進めていました。何がそういう風にさせたのかを分析はしていないのですが、やっぱり余裕というか予選突破を決めていた油断からなのでしょうか。
そんな中、前半23分、右サイドにいた永井からワシントンへのパス。これがメイン側の副審はオフサイドの判定でしたが、この日の主審はあの穴沢氏。このオフサイドを流して、ワシントンがシュートしてゴール、1-0でレッズ先制します。しかし、このプレー、最初喜んでいいのかわかりませんでした。副審はフラッグ上げているし、マリノス側の選手はそれを見てプレイを止めていましたから。
まあ、そんな疑惑つきに思えるゴールも忘れさせるようなプレイが前半32分。ゴール前にいた暢久がポストの役割を果たして、相馬へ。相馬が綺麗にシュートを決めて、2-0。レッズ、追加点をあげます。
前半43分、ほとんど試合を決定付けるようなプレイが出ました。永井が右サイドの平川にパスし、それを切り込んで平川がクロス、それをワシントンが右のアウトサイドキックで見事にシュートを決めて3-0。これで前半を折り返します。
後半は「バモス ワシントン フェズゴール」のコールで始まりました。
後半開始からマリノスはハフーナーと吉田を投入し、なんとか打開策を見出そうとしますが、いかんせん3-0。策士岡田でも上手く行かなかったのでしょう。というよりも今日はマリノスに小憎たらしい3番と35番がいませんでした。(河合は累積らしいですが)
そんな中、レッズにチャンスが多かったです。そんなチャンスをものにしたのが、後半25分。平川に代わって途中出場した右サイドの岡野からのクロスをワシントンがヘッドで決めて4-0。これで勝負ありと思いました。
ここから少し崩れました、というかレッズの選手達の足が止まった感じがします。
その3分後の後半28分、ハーフナーのハンドまがいのトラップ&パス、これを塩川につめられて失点4-1。後半36分にはFKからつめていた田中隼になんだかわからないような感じで決められてしまい、4-2。ここで昔の記憶が甦っちゃいましたよ、98年11月の国立の苦ーい記憶が・・・。
まあ、そのときとはメンバーも場所も違うので、あんなことにはならず4-2で試合終了。レッズはTOPで予選突破しました。
P1000471
試合終了後「お疲れ様でした。(点の)取り方も良いけど、取られ方も悪い。不満はあるけれど、次は駒場。俺達のホームでしっかり、フロンターレ倒しましょう。リーグで上にいるけど、次にリーグで当るときのために、俺達の駒場でしっかりホーム(の雰囲気)作って、勝点3取って、等々力に乗り込みましょう。まだまだこの上あるから。駒場だぞ、駒場。俺達のホームじゃねーか。圧倒しようぜ。川崎圧倒しようぜ。お疲れさまでした。」とUB角田氏。

確かに2失点は余計でした。それでもこのメンバーで4-2でマリノスに勝利。これは素直に評価したいです。ワシントン、やっぱ凄い選手だ。
準々決勝は6月3日に駒場でフロンターレと試合です。
フロンターレ、調子良い、いや、強いんで気合入れて臨みましょう。

|

« 犬飼社長退任!? | トップページ | 加藤のポテンシャル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/10173645

この記事へのトラックバック一覧です: 対横浜FM戦:TOPで予選通過:

« 犬飼社長退任!? | トップページ | 加藤のポテンシャル »