« ホームラストゲーム | トップページ | バックスタンドA自由席 »

2006/06/03

対川崎フロンターレ戦:ワシントン×4

浦和4-3川崎
得点者  9分 ワシントン
     18分 ジュニーニョ
     32分 中村
     49分 ワシントン
     63分 マルクス
     68分 ワシントン
     73分 ワシントン
観衆 19,292人
P1000474
今日は本当にワシントン様様な試合でした。
前半9分、左サイドの相馬からの折り返しをヘディングで決めて1-0。これは楽な展開になるのかな、と思っていたのに、18分にジュニーニョ、32分に中村とゴールを許して1-2と逆転を許して前半を折り返します。
前半終わったときに思いましたよ。こういう記念ゲームには勝てないチームなのかもと・・・。そして奥谷、なんていうことをやらかしてくれるんだと・・・。

しかし、今日は違いましたね。
後半から、調子が良くない、というかタルそうにしていた暢久から平川にチェンジ。(この交代があとから効いてくるとは。)キャプテンマークも暢久からウッチーにチェンジ!
後半からギアが上がったように良い感じでチャンスを作るレッズ。その後半4分、ポンテが蹴った左コーナーキックをワシントンが右足で合わせて2-2、同点に追いつきます。
ここからは落ち着いて、とりあえず勝ち越し点を取れば良いと思っていたところでしたが、後半18分にマルクスが得点を決めて2-3、また川崎に勝ち越されます。
ここで川崎はマルクスを下げて守備固めをし始めました。逃げ切ろうとしたんでしょうね。結果的には裏目に出ました。後半23分、永井からのパスを平川が諦めずにエンドラインギリギリで中央に折り返し、これをワシントンがゴールに押し込み3-3の同点。ハットトリック達成です。
ただ、今回のナビスコは2試合同点の場合、AWAYゴールルールを採用しているのでなんとか勝ち越してほしいと思っていた後半28分。左からの折り返しのボールをペナルティエリア内でもらって、切り替えしを何回かおこなってシュート。これが見事に決まって4-3。レッズ、逆転です。(このシーンを見たシャア少佐なら言ってくれたでしょう、「連邦のモビルスーツは化け物か・・・」と。)
なんとか川崎の反撃を跳ね返して、試合終了。
P1000482
ワシントン×4のTシャツは作られるのかな?ただ、カップ戦だから・・・。

それはともかく、AWAYゴールルールがある場合のホームでの3失点は良くないですね。まあ、等々力で引き分けなら間違いなく準決勝進出。

7日は参戦できないので、参戦される方、よろしくお願いいたします。

画像見てもわかるかもしれませんが、今日は6年ぶりくらいにバックスタンド自由席に行きました。
明日はその話でもUPします。

|

« ホームラストゲーム | トップページ | バックスタンドA自由席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/10379653

この記事へのトラックバック一覧です: 対川崎フロンターレ戦:ワシントン×4:

« ホームラストゲーム | トップページ | バックスタンドA自由席 »