« マリノス・岡田監督辞任 | トップページ | 首位になってしまった訳だが »

2006/08/26

対セレッソ大阪戦:勝った

セレッソ大阪1-2浦和
得点者 16分 堀之内
     68分 永井
     84分 藤本

今日はCSでTV観戦。
前半は終始浦和ペースでした。
そんな中、得点を決めたのが堀之内。前半16分メインよりのCK、アレックスが入れて、達也がスルー、それを堀之内が右足で決めてレッズが先制します。
攻撃はしているのですが、ゴールがなかなか決まらないレッズ。結局前半でシュート11本打って1得点・・・。
そんな感じで前半を終わります。
後半、セレッソは名波を投入し、自分達のペースにしようとします。
その矢先の後半5分、大久保がやらかしてくれます。堀之内にエルボーを食らわせ、一発レッド。
これでレッズ安泰かな、と思ったのですが、そうにはならず一進一退の攻防になってしまいました。
そんな中、先に得点したのはレッズ。後半23分、アレックスがコーナーを蹴り、セレッソがクリアー、そのボールを長谷部が広い、クロスを上げ、それを達也がヘディング。これは決まらなかったのですが、永井が押し込んで0-2、レッズがセレッソを引き離します。
ただ、ココからがいけない・・・。レッズの選手の足が止まりました。その対策なのでしょうか、平川OUT暢久IN、ケガのために伸二OUT内舘IN、達也OUT黒部INでしたが、目に見えた効果がなかったような気がします。
そんな後半41分、セレッソの藤本にミドルを決められて1-2。
もしかして、という場面もありましたがなんとか逃げ切ってレッズがなんとか勝ちきりました。

大久保が退場した時点で、大差勝ちも考えたんですがそんなことにはなりませんでしたね。

この夏の連戦も30日の大分戦で一区切り。なんとか勝って終了させましょう。

|

« マリノス・岡田監督辞任 | トップページ | 首位になってしまった訳だが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/11618933

この記事へのトラックバック一覧です: 対セレッソ大阪戦:勝った:

« マリノス・岡田監督辞任 | トップページ | 首位になってしまった訳だが »