« なんとか | トップページ | 本日のエルゴラ »

2006/09/24

対清水戦:結果がすべて

浦和1-0清水
得点者 16分 ワシントン
観衆 48,378人

土曜日は週間天気予報では、曇時々雨なんて言っていたので心配していましたが、実際には晴れてよかったです。
そんなことを思いながら、今日もゴール裏にいました。
P1000679
試合開始前、UBのコールリーダー角田氏は「そろそろ行こうか。俺たちは拳を突き上げろ。いつも突き上げているよな。でも、今日は振り上げる時なんだよ。拳上げているよな。いつもグダグダやっている奴に聞こえるようにやってやろうぜ。ここはホームなんだよ。声出していこうぜ【微妙に違うかも知れません、あしからず】(ウォリアーに続く)」で試合開始。
前半いい形を作っていましたが、なかなか得点には至りません。自分のツレは「達也が勝負に行かない」と不満を漏らしていましたが、確かにそうですね。やっぱりまだカンとか戻っていないのかも・・・。あと一歩がない、とレッズナビでも言ってましたからね・・・。
そんな達也に冴えがなくても、決める人は決めてくれます。ワシントン。前半16分、CKから中央にいたアレックスがふあっとしたボールをワシントンに。それを見事に決めて1-0、レッズが先制します。
その後は山岸のファインプレイあり、レッズが少し押し気味に試合を進めていた感もありますが、追加点は取れず、そのままハーフタイム。

後半開始前、角田氏は「最後の最後まで闘おう。俺たちがいることをレッズの選手に教えてやろうよ。WE ARE REDS!」で試合再開。
後半もここで追加点を取れば楽に勝ちこせるだろうと思ったのですが、シュートがなかなか決まらない。特に後半30分くらいの暢久がシュート、西部がそれをはじいたところにワシントン。ワシントンが大きくふかす・・・。(このプレイの直後、ワシントン自身が交代要請・・・orz)
それで最近、見られる傾向でだんだん足が止まってきて、清水に押し込まれる場面が増えてきました。特に攻守に渡ってよく動いていた(ような気がする)暢久が交代する間際には、ミスが多くなっていましたね。それでもなんとか凌ぐレッズ。
P1000685
ロスタイムが3分表示でしたが、結構長く感じました。
それでなんとか試合終了。
とりあえず、大切な一戦をものにしました。


P1000687
We are Diamonds.を歌い終わった後「お疲れ様でした。こんなんで満足していないよね。もっとビジョン高いから。もっと勝とうな。AWAYだろうが、どこだって俺たちは浦和だから。満足できないけど、勝ちは勝ちだから。次京都、次勝とう。以上」と角田氏。

P1000688
内容は満足できるものではないけど、徐々に良くはなっているような気がします。
特に長谷部と啓太。
長谷部は代表に呼ばれる前のドリブル突破を見せてきた。啓太はここ2試合での休養が効いたのか運動量が戻ってきた。

あとはガンバが調子を落としてくれるとありがたいのですが、今節、川崎がケチョンケチョンにやられちゃった・・・。
ヤマは東海であるAWAY2試合かな・・・。

試合とは直接関係ないんだけど、ピッチ上にずっといた鳩が気になりました。

|

« なんとか | トップページ | 本日のエルゴラ »

コメント

達也。
本人も「体調は万全」といっているだけに、今は、気持ちの問題でしょうか。
勝負に行かない達也より、失敗してもいいから、何度でも勝負に行く達也を見たいですよね。
早く、吹っ切ってくれることを望みます。

投稿: 相馬マルクス達也 | 2006/09/26 01:22

コメントありがとうございます。
気持ちの問題でしょう、達也は。
けど、選手は体調面の話になると正直に告白しないから、少し代表疲れもあるんでしょうね・・・。
ともかく、がんばってほしいものです。

投稿: ハットリ | 2006/09/26 12:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんとか | トップページ | 本日のエルゴラ »