« 坪井復帰 | トップページ | 3差 »

2006/10/28

対磐田戦:鬼門

磐田3-2浦和
得点者 2分 犬塚
     6分 カレン・ロバート
    48分 ワシントン
    52分 福西
    70分 ワシントン

やっぱり、東海AWAYは鬼門です。今回も勝てませんでした。そんな試合をサポートしに行った皆様、本当にお疲れ様でした。

なんかTV中継がヘタクソなTBSのおかげで、面白い、というか熱くなれる試合も一気に冷めました。
それよりも前半2分と6分の立て続けの失点で冷めたのかも。
オフトなら間違いなく言ってくれたでしょう「前半は寝ていたと」・・・

詳しくも振り返りたくはないです。メモも怒りで止まっています。なんか暢久オフサイド?とか書いてあるし。

後半早々のメモには、怪我を無理して出場した坪井がOUT相馬がINで4バック、なんてメモがある。
奇策が上手く行ったのか、ワシントンがすぐに点を取って2-1へ。
しかし、急造の4バック。もろさを見せて、後半7分、福西に(オフサイドに見えたよ、TBSの中継では)ゴールを決められてしまいます。オフサイドをかけるの失敗したんですね・・・。
後半25分、暢久の蹴ったCKをワシントンがヘッドで決めて3-2になりました。
ここでTBSやってくれます、15秒のCMを入れやがった!!(スカパーもCM)

その後、永井・達也を入れて攻撃を熱くしますが、試合終了。

負けちゃいました。
DFの要である闘莉王がいないゲームは、やはり厳しいと思いました。
守備が良くて勝っているチームが3失点では勝てません。
明日、ガンバ戦を見た後に、また今節をしっかり振り返りますか・・・。

|

« 坪井復帰 | トップページ | 3差 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 坪井復帰 | トップページ | 3差 »