« M-1グランプリ:雑感 | トップページ | セミファイナルに向けて »

2006/12/27

反省のお手紙

親愛なる鈴木 啓太 様

今シーズン当初、あの小野伸二選手が復帰することになったときに、3-5-2のフォーメーションで、長谷部選手・ポンテ選手・小野選手・アレックス選手・暢久選手だから、あなたは控えかな?とか言っていました。
ところが、シーズンが始まったらそんなことはなく、リーグ戦34試合中31試合出場し1得点。そして、あのアホな代表監督からオシム監督に代わってからは代表のレギュラーにも定着。
しかも、ウクライナのディモナ・キエフからオファーが来るほどの活躍ぶり。

正直、ここまで鈴木啓太という選手がブレークするとは思いませんでした。
自分の考えが、まだまだ甘いということを認識させられました。反省しております。

今後は、正確なミドルシュートを身につけて、得点も出来る守備的MFになっていただければ、と思っております。

今後とも、あなたの更なる活躍を期待しております。

|

« M-1グランプリ:雑感 | トップページ | セミファイナルに向けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« M-1グランプリ:雑感 | トップページ | セミファイナルに向けて »