« 2006年3月12日 - 2006年3月18日 | トップページ | 2006年3月26日 - 2006年4月1日 »

2006/03/25

対横浜Fマリノス戦:走り続るために

横浜1-3浦和
得点者 43分 山田
     48分 ワシントン
     89分 大島
     89分 長谷部
観衆 50,572人

試合開始前、マリノスのジュニアユースとレッズのジュニアユースが試合をやっていました。
結果は2-1でレッズの勝ち。いい感じでスタートしようとしたら、なにやらバックスタンドでもめている。
(このことは明日にでも書きます。)

P1000234試合開始前、「そろそろ行こうか!俺達の上に目障りな奴らがいるだろう。あのチーム、目障りだから引き摺りおろしてやろうぜ。負けられないぜ、この試合。(ウォーリアーに続く。)」とコールリーダー角田氏が言って試合開始。
前半は五分五分に近い内容、という印象があります。
流石に両チーム、首位争いをしているだけのことはあります。守備がしっかりしている印象がありました。
そんなときにはセットプレーでしか点が入らないだろうなー、と漠然と思っていた前半43分。コーナーキックからのボールを暢久がゴールに叩き込んで0-1、レッズが先制して前半が終了します。

後半は暢久がゴールを決めたことによりレッズペースになりました。早速そのチャンスをつかんだ後半3分。ワシントンがボールをもらい、ペナルティーエリア内をドリブルして、マリノスDFなどなぎ倒すような勢いでシュート、これが決まって0-2、レッズが追加点をあげます。
その後は安心して試合を見られるかと思ったのですが、以前2-0からひっくり返されたのを思い出し('98年11月のマリノス戦)、余裕をもつことなく見ていました。
今日、坪井がしっかり久保を抑えていたのはうれしかったです。「腰が痛い」とか言うことが多くても、やっぱり代表のFW。それを抑えたことを評価したいです。
それと伸二は良くなかったですね。疲れが溜まっていそうです。ウッチーと交代する直前には決定的なチャンスでシュートをふかしてしまいましたし・・・。
その後は一進一退の状態なので、このままなんとか無失点で終われるかと思った後半44分、マルケスからのクロスを大島がヘディングで決めて1-2。マリノスが一矢報います。
これで終わるかと思われた後半ロスタイム。長谷部がドリブルで持ち込みミドルシュート。これが綺麗に決まって1-3、このプレイで試合終了。
レッズがしっかりマリノスを引き摺り降ろしました。
P1000237

試合終了後「いい試合してくれたよ。次は駒場でみんなが好きな東京戦。その後、埼スタで名古屋戦。ホームが続くから、勝ち続けよう。こんなんで満足しないで、もっと勝ち続けようよ。俺達の浦和レッズはこのまま勝ち続けましょう。最後まで走り続けましょう。お疲れ様でした。(少し違うかも)」と角田氏。

今日はリーグ序盤のひとつの山でした。それも大量点、マリノスから3点取った試合って覚えがない(とられたのには覚えがあるけど・・・。)。それだけいい結果を残しているのでしょう。
ただ、今のチーム状態は連携もまだ不十分な部分が多いので、まだまだ発展途上だと思う。もっと連携を高めてより質の良い試合を見せてほしいです。

     

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/03/24

なんかアホだよね

「<PSE>マークなしでも販売認める、経産省が4月以降も」のニュースを見てなんだか、アホに思えてしまいました。
結局、家電を新しく買い換えろ、というのが透けて見えてしまう法案だし、全くもってのお役所仕事ですよね・・・。それと電気用品安全法のことをこの3月になって騒ぎ始めたマスコミもマスコミだと思います。まあ、リサイクル業者や坂本龍一教授のようなミュージシャンなどの当事者じゃないと気にしないことなのかも知れませんけど。
まあ法律を通してしまう国会議員の中にも、簡単な嘘も見破れないようなこんな奴がいるし、もうめちゃくちゃですよ。
コイツ、マジで議員辞めないのかな?普通の会社でも出処進退伺いをするぞ。

この国はどこに行ってしまうのだろう?とチョットマジトーンで書いてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/23

伸二、発熱で練習休む

伸二が発熱で練習を休んだそうです。ニュースソースはココ

まあ、レッズに復帰してからというもの、代表にリーグ戦にと忙しかったから、疲れが出たのでしょう。
ただ、このまま伸二がマリノス戦出場不可ということになれば、誰が代わりに出るのかにすごく興味があります。
けど、固定した選手をなかなか代えないのがギド。多少きつくても試合には伸二が出そうな予感・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/22

ヴィジュアル片付けその他

昨日も、当日抽選終了後に、ロッソ・ビアンコ・ネロさん達がヴィジュアルの片付けを手伝ってください、と言っていたので、暇だったこともあり、今回も手伝いに行ってきました。P1000211
今回の仕事は、前回ヴィジュアルで使ったシートを赤・白、それと前回使わなかった黒のシート掃除および収納という仕事でした。
約100人程で行い、1時間くらいで終了しました。
まあ、自分の中では準備もやったのだから初志貫徹、と言う意味でも参加してよかったと自己満足に浸っております。

P1000213
それと南入り口にあるこの「みんなの手拍子で強い浦和を作ろう」の弾幕と手拍子の絵。
この趣旨に深く共感したので、画像を掲載させていただきます。
この手拍子と声で、次節のAWAY、雨でもないのに傘差している奴等なんかにはしっかり勝ちましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/21

対セレッソ大阪戦:引き摺りおろすために

浦和3-0セレッソ大阪
得点者 47分 伸二
     57分 ワシントン
     79分 トゥーリオ
観衆 43,815人

今日はいい天気になったので、自転車で埼スタまで行きました。流石に疲れる、というか腰に痛みがきています。
そんなことはどーでもいいですね。

P1000217
試合開始前、「そろそろ行こうか。今日はシートとかのヴィジュアルはないけど、俺達の声と手拍子で勝点3をとろうぜ。そのくらい俺達ならできるよな。これが浦和のゴール裏だっていうのを見せてやろうぜ。俺達らしく、浦和らしく、俺ららしく勝点3を取ろうぜ。しっかり勝って勝点3積み上げよう。(アレーファッサ浦和レッズに続く)」というコールリーダー角田氏の言葉で試合開始。
前半早々、ワシントンがヘディングシュートするなどチャンスメイクはできたのですが、なかなか得点することができません。というよりも、なかなか上手くリズムを作ってシュートに持っていけない感じがしました。そこがそんなに得意にしていないセレッソ相手というところでしょうか?
結局、0-0のスコアレスで前半終了します。
後半開始前、角田氏が「今度俺達でさ、乗せていこうよ。リズム悪いから。焦る事はないよ。乗せていこう。(大脱走に続く。)」
これで上手くリズムに乗せることができたのかもしれません。後半2分、ゴール前のルーズボールを伸二がボレーで叩き込んで、ゴール。1-0、レッズが先制します。
その後はレッズペースで試合が進みます。ポンテ、ワシントン、伸二とシュートは打つのですがなかなか決まりませんでしたが、後半12分。ワシントンが相手DFのボールを上手く奪った感じで叩き込んで、レッズが2-0とリードを奪います。
この得点後、少しセレッソペースになりそうな部分もありましたが、今日のセレッソには怖さを感じませんでした。試合トータルでシュート数が4本。このままだと・・・、という印象もありましたね。
レッズペースのまま試合が進んだ後半34分。ワシントンからのパスをトゥーリオが決めて3-0。これで勝負がありました。
P1000220
調子の上がらないセレッソ相手とはいえ、完封試合は良いものです。
試合終了後、「お疲れ様でした。ホームだから当然だよね。次、横浜乗り込んでやってやりましょうよ。俺達の上にいるからさー、邪魔だろ。上が似合うのは俺達だろ。このまま大挙、みんな行って、乗っ取ってやろうぜ、横国。あっ、日産スタジアムか。まあ、どっちでもいいや。とにかく、上から引き摺り下ろして、いい思いしようぜ。そのままTOPにたってそのまま行こうぜ。また会いましょう。土曜日、また横浜でやりましょう。お疲れ様でした。」
とUBの角田氏。

気持ちいい勝ち方をして、横浜に乗り込めます。
今年最初の山場ですね。マリノスも今節しっかり勝ちました。なので油断できないし、そして不足のない相手です。
P1000222
土曜日も伸二のこんなシーンが見られれば、しっかり勝点3を積み上げられると思います。
自分達はゴール裏でやれることをやって、選手達に奮起してもらいましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006/03/20

伸二は大丈夫なのか?

明日は中2日で、昨年勝っていないセレッソ戦です。
そんな中、伸二が左足を痛めていたというニュースがありました。(ニュースソースはココ。)
ただ、幸いにも軽症のため明日の出場には影響がないとのこと。無理だけはしてほしくないです。

レッズに戻ってきてから、以前よりもキレがないのが一番の心配だったりします。試合中も消えているときも少なくないので、心配です。TV・新聞やWeb上では「笑顔でプレイしていない。」などの表現も良く見られますからね。
そろそろ、本場ヨーロッパで鍛えられたというパフォーマンスを見せてほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/19

ボーダフォン買収で報知の記事

もともと記事のソース自体がスポーツ報知なので、協議があったのかも疑いたくもなるようなものですが、「ボーダフォン買収で浦和社長が緊急協議」というものがありました。疑いたくもなるような記述も。『孫社長は大のサッカーファン。』なんて書いてある。

まあ、三菱自動車が現在の持ち株50.63%を売却しない限り、ソフトバンク主体の「浦和レッズ」は設立されないはず。
けど、胸のユニフォームスペースが07年からは空白になるわけで、そこをSoftBankだとかYahoo!とかになる可能性もありそう。(その前に、ソフトバンク系列の会社ってこともないだろうけど・・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月12日 - 2006年3月18日 | トップページ | 2006年3月26日 - 2006年4月1日 »