« 2006年4月2日 - 2006年4月8日 | トップページ | 2006年4月16日 - 2006年4月22日 »

2006/04/15

対京都パープルサンガ戦:負けなしで行こう

浦和3-0京都
得点者 55分 長谷部
     72分 ワシントン
     84分 ワシントン
観衆 40,567人

並んでいるときは、雨は降りそうもないものの曇り空で風が吹いていたので寒かったです。
まあ、スタジアムに入るころには、かなり日差しが出てきてそれなりに暖かくなりました。
P1000392
試合開始前UBのコールリーダー角田氏は「そろそろ行こうか。この間のここでの試合の名古屋戦、点取れなかったよね。ここでは俺たちらしく、ゴール裏らしく、やっていこうぜ。相手が弱いから?関係ないよ。しっかり俺たちらしくしっかり闘おうぜ。勝点3相手から奪い取ろうぜ。勝つのは大変なんだよ。なあ、俺達博多で思っただろ。諦めない気持ちを持った奴が結果を出すんだよ。オイ、トゥーリオが最後に見せてくれたじゃねーかよ。俺達の意地を見せてやれよ、お前ら。(Come On 浦和レッズに続く)」という言葉で試合開始。
今回、怪我の伸二に代わって平川が右サイドで先発。
前半は、攻めるんだけどなかなか相手を崩すことができずに試合時間が経過します。
チャンスだけは本当に多いんだけど、得点に至らない。なんだかここ数試合のリーグ戦、見慣れた感じの前半で試合が終了しました。

後半開始前角田氏曰く、「「後半、選手達をのせてさー、こっち側でゴールいっぱい見ようよ。ホームなんだぜ。やること1つだろ、俺達。(旧福永の「浦和レッズ」に続く。」
後半もレッズペースで試合が動きます。ここいらで得点しないとまずいなー、感じの気分になっていた後半10分。左サイドのアレックスが深く切れ込んだところでセンタリング。このボールを長谷部が右足で押し込んでゴール。1-0、レッズが先制します。(最初はオウンゴールかとも思いましたが・・・。)
暫くはレッズがそのままゲームを支配しているにも関わらずなかなか得点できなかった感じでしたが、後半27分、アレックスからのパスをワシントンが押し込んでゴール、2-0。レッズが追加点をあげます。
その後はワンサイドに近い展開になりました。平川に代わって入った岡野がいい動きをしていたり、堀之内、トゥーリオが前線で活躍したりと強気モード全開の後半39分、アレックスが左からワシントンにパス。ワシントンがボックス内で少しためてシュート。これが見事に決まって3-0。これで勝負ありました。
P1000394

試合終了後、GKの都築と京都の誰かわからない選手ともめていましたけど、なんかあったんですかね?

「お疲れ様でした。ここまではこんな戦い方でも行けたけど、これからは勝負だと思うんだよ。次静岡でしょ、ここで大宮、そしてフクアリ、ここで鹿島。4つ残り、しっかり勝ちましょう。今日はこれで勝った。次からはそうは行かないから。ゴール裏でしっかり声出して、闘いましょう。しっかり闘いましょう。中断までしっかりやって、負けなしで行きましょう。お疲れ様でした。」とUBの角田氏(一部編集しました)。

確かに今日はこの戦い方で勝てたけど、ジェフやアントラーズにはそうは行かないでしょう。
守りを固めてきた相手でも、前半のチャンスをしっかりモノにする。それができるチームだと、自分は思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/13

まだやるのか・・・。

Jオールスターの途中経過が発表されました。ニュースソースはココ
しかし、まだオールスターやるんですか?
いらないだろ、このイベント。
けど、新規のファンを増やすには必要なんでしょうね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/12

対アビスパ福岡戦(ナビスコ):ループシュート

浦和3-1福岡
得点者 8分 アレックス(福岡)
    25分 堀之内
    54分 暢久
    84分 トゥーリオ

今回もスタメンをだいぶ変えてきましたね。
GK山岸、DF坪井、トゥーリオ、堀之内、MF平川、啓太、内舘、相馬、長谷部、FW暢久、黒部という布陣。
本当に今年のレッズはターンオーバー制でやっていく感じです。

さて試合ですが、前半8分、ゲームが落ち着く前にアビスパに先制されてしまいます。正直、うまくやられたって感じでした。
なんだか嫌な展開だと思っていた前半25分、右CKからのプレイで堀之内がゴールに押し込み、1-1の同点。
そのまま前半終了します。
後半は押せ押せの展開になりました。
(公式のシュート数レッズは33で、そのうち後半のシュート数は18本、対してアビスパのシュート数が6本、そのうち後半のシュート数は2)
後半8分、暢久が相手がインターセプトしそこなったボールを奪ってドリブルし、それを人を小馬鹿にしたようなループシュートで見事に決めて、2-1、レッズが逆転しました。
その後は攻めてもなかなか点が取れない展開に。ただ、今日のアビスパは日曜日とは別のチームみたいに攻撃に迫力がありませんでした。
このままで終わりかな、と思った後半39分。相馬からのクロスをトゥーリオがヘディングで決めて3-1。これで勝負あり。レッズがそのまま逃げ切りました。

先発5人入れ替えても結果を出すチームになるとは、レッズも本当に変わりましたね。
ひとつ心配なのは、今回途中出場もなかった酒井。腐らないことを祈るのみです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/04/11

椎間板ヘルニアの山瀬

リセット君こと横浜FMの山瀬功治選手が手術するとのこと。ニュースソースはスポニチのココ

復帰までに3~4ヶ月かかるという話。
山瀬は本当に怪我に悩まされる選手ですよね。

まあ、横浜に移籍してしまった選手ですから、そんなに親身には心配にはならないんですけど。
(ってこういう書き方は冷たいかな・・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/10

伸二、京都戦欠場

日刊スポーツのこの記事「浦和小野、左足首ねんざで全治1週間」、とのこと。
ここで伸二には怪我の治療もありますが、レッズと代表の行き来で溜まった疲れをとってほしいものです。

水曜日のナビスコは、かなりスタメンを変えそうなのは予測はつきますが、土曜日の京都戦は伸二の代わりに誰を使うのか非常に気になります。
定石通りなら、いつも伸二の交代要員のウッチーをボランチにして長谷部を前目に使うのでしょうけどね。
はてさて、どーなることやら・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/04/09

対アビスパ福岡戦:大きい

福岡0-1浦和
得点 89分 トゥーリオ

今日の試合の入りは良かったですね。前半10分間はアビスパ陣地だけでゲームをやっていた印象でしたから。(ただこの展開はこの前の名古屋のときもそんな感じだったような・・・)
ただシュートは打つんですが、なかなか決まらない。
ワシントンが打とうが、伸二が打とうが本当に決まらない。
レッズのCKが前半で6(試合全体では9)とチャンスもあったのに・・・。
前半はレッズペースで押しているのに、なかなか相手を崩せずに0-0で折り返します。
後半は徐々にアビスパがペースを掴んできました。その中でも、アビスパの20番の林選手、いい動きしていましたね。体を張るし、前線からしっかりやるし。
守備を固めてカウンター狙いのアビスパに、焦らされていくレッズ。まるで先週の試合みたいです。
そうこうしているうちに、後半15分に伸二がウッチーと交代。(NHK BS1の伸二カメラもお役ごめんです。)
それでも状況は打開されません。
後半38分、ギドはポンテに代えて岡野、ワシントンに代えて黒部を投入します。
もうだめかな、と思った後半ロスタイム。
交代で入った岡野が右からクロス、それをトゥーリオがヘディングで決めて1-0。これが決勝点になりました。

引き分けだと思っていましたが、トゥーリオが言うように「最後まで諦めない」ことが大切なんですね。
今回の勝点3は大きいモノとなるでしょう。
これから対戦するチームにも、レッズは強い、って印象が残りますから。

最後に現地で闘ってきた皆様。試合後の“WE ARE REDS!”コールには誇りを感じました。お疲れ様でした。
ナビスコのアビスパ戦、それと京都戦、しっかり勝たせましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月2日 - 2006年4月8日 | トップページ | 2006年4月16日 - 2006年4月22日 »