« 2006年5月21日 - 2006年5月27日 | トップページ | 2006年6月4日 - 2006年6月10日 »

2006/06/03

対川崎フロンターレ戦:ワシントン×4

浦和4-3川崎
得点者  9分 ワシントン
     18分 ジュニーニョ
     32分 中村
     49分 ワシントン
     63分 マルクス
     68分 ワシントン
     73分 ワシントン
観衆 19,292人
P1000474
今日は本当にワシントン様様な試合でした。
前半9分、左サイドの相馬からの折り返しをヘディングで決めて1-0。これは楽な展開になるのかな、と思っていたのに、18分にジュニーニョ、32分に中村とゴールを許して1-2と逆転を許して前半を折り返します。
前半終わったときに思いましたよ。こういう記念ゲームには勝てないチームなのかもと・・・。そして奥谷、なんていうことをやらかしてくれるんだと・・・。

しかし、今日は違いましたね。
後半から、調子が良くない、というかタルそうにしていた暢久から平川にチェンジ。(この交代があとから効いてくるとは。)キャプテンマークも暢久からウッチーにチェンジ!
後半からギアが上がったように良い感じでチャンスを作るレッズ。その後半4分、ポンテが蹴った左コーナーキックをワシントンが右足で合わせて2-2、同点に追いつきます。
ここからは落ち着いて、とりあえず勝ち越し点を取れば良いと思っていたところでしたが、後半18分にマルクスが得点を決めて2-3、また川崎に勝ち越されます。
ここで川崎はマルクスを下げて守備固めをし始めました。逃げ切ろうとしたんでしょうね。結果的には裏目に出ました。後半23分、永井からのパスを平川が諦めずにエンドラインギリギリで中央に折り返し、これをワシントンがゴールに押し込み3-3の同点。ハットトリック達成です。
ただ、今回のナビスコは2試合同点の場合、AWAYゴールルールを採用しているのでなんとか勝ち越してほしいと思っていた後半28分。左からの折り返しのボールをペナルティエリア内でもらって、切り替えしを何回かおこなってシュート。これが見事に決まって4-3。レッズ、逆転です。(このシーンを見たシャア少佐なら言ってくれたでしょう、「連邦のモビルスーツは化け物か・・・」と。)
なんとか川崎の反撃を跳ね返して、試合終了。
P1000482
ワシントン×4のTシャツは作られるのかな?ただ、カップ戦だから・・・。

それはともかく、AWAYゴールルールがある場合のホームでの3失点は良くないですね。まあ、等々力で引き分けなら間違いなく準決勝進出。

7日は参戦できないので、参戦される方、よろしくお願いいたします。

画像見てもわかるかもしれませんが、今日は6年ぶりくらいにバックスタンド自由席に行きました。
明日はその話でもUPします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/02

ホームラストゲーム

明日は犬飼社長にとって、最後のホームゲームになるんですね。
今まで何らかの記念ゲームって本当に勝てなかったレッズです。
例えばペトロビッチのラストゲーム、福田のラストゲーム、ギドのホームラストゲーム(これは引き分け)等など。

ここまでのチームにしてくれた犬飼社長に、選手達にはぜひとも勝利という形で恩返しをしてほしいです。
大野勢太郎氏のウォーミングアップミュージックの"ALL THE REDS”の話だと岡野がかなり気合が入っているそうです。
明日は岡野に期待かな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/01

キャプテン、ご乱心

川渕キャプテン、ご乱心ですか?
日刊スポーツに、クラブW杯に開催国枠要求の記事がでました。

確かにJクラブが出場すれば、それなりの観客&盛り上がりはあるかと思いますが、いかんせん、アジアで勝ち残れなかったレベルなのだから、やはり出場権は与えてはいけないと思いますよ、FIFAは。

それよりも入場料金下げるほうが急務だと思われますが、どうなんでしょう、川渕キャプテン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/31

日本の課題

まず、ディレイでわざわざ放送し、なおかつ相変わらずの実況&解説のクオリティーを提供したテレビ朝日には恐れ入りました。もしかして、6月18日に中継するクロアチア戦もディレイですか?そして最恐の実況&解説を提供してくれるのでしょうか?BSかスカパーに逃げます・・・。

そんなことはともかく、今回のドイツ戦を見て思った最大の課題点は、ハイボールに弱いこと。
2失点はいずれもセットプレイというのもありますが、それ以上にハイボールでやられたという印象が強いです。
今後、DF陣は自陣で無駄な反則はしない、しっかりマークに付く、この2つが必要でしょう。

DF、田中誠に代わってハワイで自主トレなのかバカンスしていた茂庭を招集とのこと。正直、茂庭が空中戦に強いかどうかは全く知りませんが、期待するしかないですね。(闘莉王が見たかった。どうせ無理だけど。)

しかしホスト国のドイツは大丈夫か?グループリーグは流石に突破するだろうけど、トーナメントになったら早々にいなくなりそう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/30

達也、復活の日は?

本日の教育リーグ、ヴェルディとの試合で達也がゴールを決めました。(ただフル出場ではなく前半32分で交代でしたが)

ワールドカップ明けの予定と達也の復調具合を考えると、7月中は調整に当てそうな感じなので、TOPチームのベンチ入りは8月12日(土)のホーム埼玉スタジアムでの対FC東京戦頃にはしてほしいです。

まあ、焦らず調整してベストの状態でTOP合流を望みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/29

小瀬のプレリザーブ

7月の甲府のチケット、チケぴでプレリザーブ開始です。
どのくらいの競争率になるのかわかりませんが、かなりの高倍率になりそうな予感です。
この試合、行く気はないです。
行かなくても、スカパーで中継があるので、試合自体は見られるからOKかな?と思っております。

皆さんはどうされます?聞くまでもないですね・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/28

どう考えたら良いものか

日刊スポーツのこの記事、『ジーコは隠さない、完全公開練習貫く』というもの。

普通、セットプレイの練習とかは非公開でやりますよ。それをすべてオープンというのも、ジーコ自体に策がないような気がしてならないのですが、どうでしょうか?それも比較対照がブラジルと来たもんだ。(まあ、ブラジル人だからそこが一番比較しやすいんでしょうけど・・・。)

まあ、ここまで来ちゃったら隠しても仕方がない、っていう考えかもしれませんがね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月21日 - 2006年5月27日 | トップページ | 2006年6月4日 - 2006年6月10日 »