« 2006年9月3日 - 2006年9月9日 | トップページ | 2006年9月17日 - 2006年9月23日 »

2006/09/16

内容はともかく

勝って良かった。

こんなところで負けてられないからね。

明日、まとめます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/09/15

明日の広島戦

結構チケットが余っていますね、明日の広島戦。
3連休の初日、遠くへ外出する人が多いんでしょう。

ただ、今後は1試合1試合がとても重要になってくるので、油断なんかしないで、勝ち点3をしっかり取りましょう。
明日は曇りの予定。自転車で埼スタかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/14

やるじゃん、俊輔

ヨーロッパチャンピオンズリーグ、マンチェスターユナイテッド対セルティック。

俊輔、FKからゴールを決めましたね。
あのマンUからゴールしたのは、正直嬉しかったりします。
試合自体は負けちゃったけど。

けど、ヨーロッパの名門とガチで勝負が出来ることが、羨ましかったりします。
レッズも来年アジアを勝ち抜いて、ヨーロッパや南米のチームとガチでやってほしい・・・。(けど、現状でアジアを勝ち抜けるかが不安)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/13

家本主審・・・

最近、不安程度ナンバー1の家本主審が研修という処置を取らされることになった。ニュースソースはココ

’05年と’06年の家本主審とレッズの関係を調べてみました。

05年 6月 4日 対大宮戦(ナビ杯・AWAY)3-1で勝利。
カード・・・暢久に黄色1枚。
05年10月29日 対川崎戦(リーグ・HOME)3-2で勝利。
カード・・・暢久、酒井、長谷部、都築、マリッチに黄色が1枚づつで計5枚。
06年 4月22日 対清水戦(リーグ・AWAY)1-2で敗戦。
カード・・・坪井、ポンテ黄色2枚で退場。アレックス、啓太、長谷部、都築が黄色1枚づつで計8枚。
06年 7月19日 対新潟戦(リーグ・AWAY)1-2で敗戦。
カード・・・0枚。

なんか不安定なジャッジです。それと今シーズンは負けているので、暫くは笛を吹いてほしくないです。

サッカー関係の仕事で一番やりたくない仕事ですよね、審判って。
普通にやって当然。間違えたら、みんなから責められるポジションですからね・・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/12

埼玉スタジアム:AWAYにある風景

P1000649

まずは、南スタンドメインよりのDOCOMOの看板です。
久しぶりに見たら、加藤あいちゃんがいなくなっていました。
やけにシンプルなデザインですよ。
やっぱり埼スタであんまり試合をやらない、なおかつレッズ戦では看板がシートで包まれてしまう大宮にとっては、ここでの宣伝広告費をかけても仕方ないのでしょうね。
P1000652
試合開始前、センターサークルフラッグがこっちまで来るとは思わなかったですよ。
こんなに挑発的にフラッグが来るとは・・・。
フラッグ担当の子供達も、ブーイングを食らって大変です。

P1000653

挑発といえば、こちらには大宮を挑発したゲートフラッグがありましたね。
この画像の栗鼠を叩いたものとか、栗鼠がゴミ箱に捨てられているものとか・・・。
あと、アルディ君(だっけ?あの大宮のリスのキャラクター)ダーツがゴール裏にありました。

ダービーはいろんな感じで盛り上がりますね。
今度はアッパーを開放してください、大宮さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/11

対大宮戦:埼玉には浦和だけ

大宮0-2浦和
得点者 44分 ワシントン
     89分 永井
観衆 35,059人

スタジアム入りしたのが6時前でしたが、暑かったですねー。
すぐに汗びっしょりになってしまいましたよ。
そんな中でもプレイをしなきゃいけない選手達には脱帽です。
今回はサスペンションで出られない伸二と啓太の代わりに、暢久と酒井が先発。また代表の疲れが残っている(と思われる)達也に代わって永井が2TOPの一角、という布陣になりました。
P1000654

この埼玉ダービーの試合開始前UBのコールリーダー角田氏は「そろそろ行こうか。向こうにいるのはどこのチーム?ここは浦和だよな。(向こうにいるチームは)知りません。俺たち浦和だよな。どこのチームよりもカッコイイチームだよな。どこのチームよりも強いチームだよな。あいつらに教えてやろうぜ(浦和レッズコールに続く)」
そんな中、試合開始。
前半は浦和ペース。攻めはするんですがフィニッシュが上手く行かない・・・。
シュート数がそれを如実に物語っています。浦和が11本に対して大宮が5本。これは後半大変なことになっちゃうかも、とか思いながらサポートしていた前半ロスタイム。酒井(だと思う)のシュートのこぼれ球をワシントンが押し込んで0-1、浦和が先制します。

後半開始前「後半あと45分、しっかりやりましょう。後半大宮が俺たちの目の前を攻めてくる。俺たちが声を上げてドンドン跳ね返してやろうぜ。(「アレ、フォッサー浦和、俺たちとともに」に続く)」と角田氏。
後半は逆転して大宮ペース。時間が経つにつれてなんだか浦和の選手の足が止まっていきます。恐ろしいくらいに・・・。前半から中途半端なプレイをしていた印象の暢久からポンテに、連戦の疲れから動きが徐々に悪くなったアレックスに代えて相馬。それでも事態は好転せず、最後にはワシントンを内舘に代えて対応しました。大宮に最後の決定力があったら、この試合、間違いなく落としたでしょう。
それでもレッズは後半ロスタイム、今まで上手く機能していなかった永井が、FWの仕事をして0-2、これで勝負ありました。
試合内容はグズグズながらも、ガンバ、フロンターレと上位が土曜日に勝ってプレッシャーをかけて来た時に勝ったと言う事実が嬉しいですね。
P1000656
試合終了後、角田氏は「今日は大宮のホームだが、ココは俺たちのホームだから。思い切り歌いましょう。(WE ARE DIAMONDS.を歌う)」その後「こんなところで躓いていられないよな。次もここ、ホームで広島、清水と続くけれど、ここで勝たないとね。まだまだ負けられないよ。(途中よく聞こえず)お疲れ様でした」と角田氏。
P1000658


この後に、中心地から「幸せなら手を叩こう」のフレーズでチャントが聞こえてきました。
さいたまには浦和だけ (パン パン)
サイタマには浦和だけ (パン パン)
埼玉には浦和があればいい
だから大宮はイラネ

それと「静かな湖畔の森の影から」のフレーズのチャントで、
オレンジ色した冴えない奴等
お前等J2よく似合う
リス、リス、リス、リス、リス

ということで、今回は勝利で終わりました。

これからは一戦一戦、本当に大変な試合が続きます。一つ一つ確実に勝っていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/09/10

おめでとう

P1000647
純愛を貫いた結婚、本当におめでとう!

幸せな家庭を築いてください。


一姫、二太郎が逆になるほうに3000点。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月3日 - 2006年9月9日 | トップページ | 2006年9月17日 - 2006年9月23日 »