« 2006年9月17日 - 2006年9月23日 | トップページ | 2006年10月1日 - 2006年10月7日 »

2006/09/30

勝って兜の

勝って兜の緒を締めよ。

まだまだ点数が入る試合だったしね。

明日、しっかりまとめます。

| | コメント (0)

こちら

京都は暑いです。
試合が17時始まりでよかった、という感じです。

今日も赤い人達がいっぱいです。

| | コメント (0)

2006/09/29

着ちゃいました

着ちゃいました

京都に。

20年ぶりに。

今日は適当に遊びます。

| | コメント (0)

2006/09/28

京葉線・・・

京葉線沿線の皆様、本日はお疲れ様でした。

私は通勤や仕事で京葉線を使うことは、最近なくなりました。
けど、あの混乱を見ると他人事ではないですよね・・・・。

昔、沿線の開発に少しだけ関わったので、少しはあの辺りの状況は分かります。
あれだけ集合住宅(マンションとは言えない代物もあるので、あえてこの呼び方)があると、交通網が1つ狂っただけで、多くの人間が迷惑をこうむりますよ。

まあ、鉄道トラブルは仕方のないものですけどね。

| | コメント (0)

2006/09/27

コレでいいのか、今年の補強

日刊スポーツの記事、読みましたか?
浦和、新卒ルーキー獲得は伊藤翔一本にの記事。

確かに伊藤選手は、あのアーセナルのベンゲル監督からほしいと言われた逸材です。もしそんな有望な選手がレッズに来るのは喜ばしいことです。
ただ、疑問点が2つ。
まず1つ目は「ユースからの昇格は見送る」との記事。これを読んでユースの選手達はどう思うのだろう?モチベーション落ちやしませんか?
2つ目は、このような1本にするなんていうことを、日刊スポーツに誰がしゃべったかということ。前は犬飼社長がリップサービスであれやこれやをしゃべっていましたが、今は誰が補強の情報をホイホイとしゃべってしまうのでしょう・・・。そのあたりのコンプライアンス(法令遵守というか、守秘義務)がレッズにはないのかと、少し疑問に思ってしまいました。

その前に、日刊スポーツの作文(捏造とは言わないな、このレベル)だったら、仕方ないんですけどね・・・。

| | コメント (0)

2006/09/26

山岸が代表の正GKに!?

ヤフーのスポーツナビのこの記事、読みましたか?

山岸が代表の正GKになるのは、凄く喜ばしいことです。
それだけアジアでの厳しい戦いとか、親善試合とはいえ世界の強豪国と対戦できるのは、山岸にとってもレッズにとってもプラスですからね。この記事が噂話で終わらないことを望みます。

さて、山岸のこと以上に驚いたのが、曽ヶ端がまだ代表候補であるということ。
もういいだろ、曽ヶ端は・・・。、

| | コメント (2)

2006/09/25

本日のエルゴラ

本日のエルゴラ、センターでレッズ対エスパルスの記事でした。
そこの中に、吉澤さんの記事がありましたが、その中の文中に『今のレッズはオフトのときみたいに、リスクを犯さない』と書いてありました。

やっぱり、それが勝つためにはいいんだろうけど、もう少しリスクを犯してでも、前線からプレスかけてボールを奪い、速攻で点を獲るサッカーを見たい。

ワシントンの怪我次第で、今後のサッカーは変化するとは思いますけど、ワシントンがいないと・・・。

| | コメント (0)

2006/09/24

対清水戦:結果がすべて

浦和1-0清水
得点者 16分 ワシントン
観衆 48,378人

土曜日は週間天気予報では、曇時々雨なんて言っていたので心配していましたが、実際には晴れてよかったです。
そんなことを思いながら、今日もゴール裏にいました。
P1000679
試合開始前、UBのコールリーダー角田氏は「そろそろ行こうか。俺たちは拳を突き上げろ。いつも突き上げているよな。でも、今日は振り上げる時なんだよ。拳上げているよな。いつもグダグダやっている奴に聞こえるようにやってやろうぜ。ここはホームなんだよ。声出していこうぜ【微妙に違うかも知れません、あしからず】(ウォリアーに続く)」で試合開始。
前半いい形を作っていましたが、なかなか得点には至りません。自分のツレは「達也が勝負に行かない」と不満を漏らしていましたが、確かにそうですね。やっぱりまだカンとか戻っていないのかも・・・。あと一歩がない、とレッズナビでも言ってましたからね・・・。
そんな達也に冴えがなくても、決める人は決めてくれます。ワシントン。前半16分、CKから中央にいたアレックスがふあっとしたボールをワシントンに。それを見事に決めて1-0、レッズが先制します。
その後は山岸のファインプレイあり、レッズが少し押し気味に試合を進めていた感もありますが、追加点は取れず、そのままハーフタイム。

後半開始前、角田氏は「最後の最後まで闘おう。俺たちがいることをレッズの選手に教えてやろうよ。WE ARE REDS!」で試合再開。
後半もここで追加点を取れば楽に勝ちこせるだろうと思ったのですが、シュートがなかなか決まらない。特に後半30分くらいの暢久がシュート、西部がそれをはじいたところにワシントン。ワシントンが大きくふかす・・・。(このプレイの直後、ワシントン自身が交代要請・・・orz)
それで最近、見られる傾向でだんだん足が止まってきて、清水に押し込まれる場面が増えてきました。特に攻守に渡ってよく動いていた(ような気がする)暢久が交代する間際には、ミスが多くなっていましたね。それでもなんとか凌ぐレッズ。
P1000685
ロスタイムが3分表示でしたが、結構長く感じました。
それでなんとか試合終了。
とりあえず、大切な一戦をものにしました。


P1000687
We are Diamonds.を歌い終わった後「お疲れ様でした。こんなんで満足していないよね。もっとビジョン高いから。もっと勝とうな。AWAYだろうが、どこだって俺たちは浦和だから。満足できないけど、勝ちは勝ちだから。次京都、次勝とう。以上」と角田氏。

P1000688
内容は満足できるものではないけど、徐々に良くはなっているような気がします。
特に長谷部と啓太。
長谷部は代表に呼ばれる前のドリブル突破を見せてきた。啓太はここ2試合での休養が効いたのか運動量が戻ってきた。

あとはガンバが調子を落としてくれるとありがたいのですが、今節、川崎がケチョンケチョンにやられちゃった・・・。
ヤマは東海であるAWAY2試合かな・・・。

試合とは直接関係ないんだけど、ピッチ上にずっといた鳩が気になりました。

| | コメント (2)

« 2006年9月17日 - 2006年9月23日 | トップページ | 2006年10月1日 - 2006年10月7日 »