« 2006年12月17日 - 2006年12月23日 | トップページ | 2006年12月31日 - 2007年1月6日 »

2006/12/30

天皇杯準決勝:対鹿島戦

浦和2-1鹿島
得点者 40分 伸二
     69分 岩政
     82分 ポンテ
観衆 35,782人
P1000867
試合開始前、UBコールリーダー角田氏は「そろそろ行こうか。選手たちの目を覚まさせようぜ。(途中よく聞こえず・アイーダに続く)」で試合開始。
試合開始から暫くは鹿島ペースでした。やっぱりシーズンのレギュラークラスがいないとこうなってしまうのか、と落ち込んでいましたが・・・。
その空気を打ち破ってくれたのが伸二でした。
前半40分、伸二がミドルシュート。このシュートの軌道は往年のウーベ・バインのシュートを思い出すような技アリのシュート。これが決まって1-0、レッズが先制します。
気になったことがココで1つ。前半終了時、永井と岩政が小競り合い、ふたりにイエローが出て納まりましたが、何が原因だったんでしょうか?
後半開始前「声を止めるなよ」という角田氏の言葉で、「アレーフォッサ浦和、俺たちとともに」で後半開始。
後半は一進一退って感じですかね。
ただ、鹿島が選手交代で先に動きました。後半20分、あの柳沢からダ・シルバ(ってアイルトン・セナみたいだな)へ、新井場から深井(深井は移籍しちゃうんですか?)へ。
その交代が上手く行ったのか、鹿島FKから岩政のヘッドで1-1の同点に・・・。これは本当に岩政のポジショニングをほめたいですね。
後半37分、素晴らしいプレイが出ました。ポンテから伸二へパス、それを伸二からヒールパスでポンテへワンツーのパス、このボールをポンテがシュート。これが相手DFに当たって、ゴールに吸い込まれて2-1、レッズが鹿島を突き放します。
後半42分、途中に入った酒井が堀之内と交代という少し気になる出来事もありましたが、そのまま逃げ切りました。
P1000868
しっかり鹿の角をへし折りました。

「お疲れ様でした。今日も、厳しい試合だったけど、次、決勝。またガンバだってよ。笑えるじゃねーか。ゼロックスココだったよね。今年これで締めようぜ。ガンバ、しっかり叩いて、一番、一番になろうぜ、俺たち。俺たち、浦和レッズが元旦、一番になろうぜ。元旦、またここで会いましょう。お疲れ様でした。」と角田氏。
その後、ゴール裏の中心から
「もういくつ寝るとお正月
お正月には国立で
ガンバ大阪倒しましょう
早く来い来いお正月」
という歌が・・・。
P1000869

ともかく、ギドのラストゲームを1月1日に迎えられることに非常に嬉しく思います。
最後も勝って、1番になりましょう。そして1番になるようなサポートを展開しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/12/29

もういくつ寝ると

もういくつ寝るとお正月
お正月には
国立でガンバ大阪倒しましょう
早く来い来いお正月

今日は疲れました。
明日、しっかりまとめます。


| | コメント (0)

2006/12/28

セミファイナルに向けて

明日は天皇杯準決勝です。
対戦相手は鹿島。今シーズンは1勝1分け。
鹿島と国立のゲームというと、96年11月、雨の中のPK負けを思い出します。

現在、ウチはトゥーリオ・アレックス・ワシントンはブラジルに帰国。
それに加えて、長谷部が累積2枚で出場停止・・・。

ただ、勝っていただかないと困りますね。
レッズサポの元日の予定は、空けてあると思いますから。
それにギドとのラストゲームもまだ1試合早いですからね。

| | コメント (0)

2006/12/27

反省のお手紙

親愛なる鈴木 啓太 様

今シーズン当初、あの小野伸二選手が復帰することになったときに、3-5-2のフォーメーションで、長谷部選手・ポンテ選手・小野選手・アレックス選手・暢久選手だから、あなたは控えかな?とか言っていました。
ところが、シーズンが始まったらそんなことはなく、リーグ戦34試合中31試合出場し1得点。そして、あのアホな代表監督からオシム監督に代わってからは代表のレギュラーにも定着。
しかも、ウクライナのディモナ・キエフからオファーが来るほどの活躍ぶり。

正直、ここまで鈴木啓太という選手がブレークするとは思いませんでした。
自分の考えが、まだまだ甘いということを認識させられました。反省しております。

今後は、正確なミドルシュートを身につけて、得点も出来る守備的MFになっていただければ、と思っております。

今後とも、あなたの更なる活躍を期待しております。

| | コメント (0)

2006/12/26

M-1グランプリ:雑感

今回のM-1グランプリは、妥当な結果になりましたね。
最近、イロイロ(レッズ絡みだが)忙しくて、お笑い番組(特にネタ見せ番組)は見ていませんでした。
それだけに、M-1は期待してみさせていただきました。
決勝の第一ラウンドでも、チュートリアルは面白かったし、最終決戦もいい漫才をしてましたから。
フットボールアワーは、最終決戦で見せたネタは、以前見たことがあるものだったので、あの時点で勝負を捨てたのかな、とも思いました。
そういう意味では麒麟の方が面白かったかな、と。ただ、噛んだのが敗因か・・・。
笑い飯は1点差で4位、という結果に。2本目見てみたい気もしましたが。

その中でも異色だったのが、変ホ長調でした。
あの脱力系(どこにでもいるようなOL)の漫才は、キャラを作っているとしか思えなかった。


ともかく、久々のネタ見せ番組、面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/25

助けてください。

えー、お恥ずかしい話ですが、天皇杯決勝のチケ、まだ手元にありません。
自由席1枚、譲ってもらえないですか?親愛なる皆様。

29日に鹿島サポから買えるかも、ていうのは甘い考えですかね?

| | コメント (0)

2006/12/24

天皇杯準々決勝:対ジュビロ磐田戦

浦和3-3磐田
 10(PK)9
得点者
31分 前田
46分 福西
54分 永井
63分 伸二
80分 伸二
81分 犬塚
観衆 27,242人
P1000861
試合開始前、UBコールリーダー角田氏は「そろそろ行こうか。選手を本気にさせようぜ。俺たち本気だったか、この前の試合。どうだったんだよ。本気なのかよ。本気だよな。あいつらの目を覚まして、俺たちまた元旦、国立に行こうぜ。俺たちのカップは誰にも渡さないぞ。なあ、天皇杯は俺たちのカップだからな、誰にも渡さない、そうだろう。(アイーダに続く)」で試合開始。
でもそんなゴール裏の声に答えられませんでしたね、前半は。
なんか動きが悪い。攻撃・守備ともに鈍重というか、なんと言うか・・・。
そんな中、前半31分、ジュビロの前田にゴールを決められ0-1、レッズが先制されます。
後半開始前、ゴール裏からは「ゴールで俺たちを熱くさせろ」のチャントで始まりましたが、後半1分、ジュビロのあの福西がいい形でゴールを決めて2失点目。このときはウワーって思いましたよ。
ただ、ココからが違いました。流れを変えたのは、後半から出場した伸二でした。
後半9分、この日TOPだった永井が暢久からのパスをヘディングで押し込み1-2。
後半18分、相馬からのパスを伸二がヘディングで決めて2-2の同点。
そして後半35分、ポンテからのパスを伸二が決めて3-2で磐田を逆転。
しかし、その1分後、磐田の犬塚に同点ゴールを許し3-3の同点に・・・。
結局そのまま延長戦に・・・。
後半36分過ぎくらいから、PRIDE OF URAWAを歌っていました。(延長戦終了まで)
しかし、延長はジュビロのほうが決定的なチャンスは多かったような気がします。
結局、両チームともに得点できずにPK戦へ。
P1000863
PK戦は本当にハラハラしました。
PK戦で勝ったのはいつ以来なのだろう。スタジアムでレッズのPK戦を見て勝ったのなんかはほとんど覚えていないですよ。
最近でも04年ナビスコ決勝、CSの第2戦といい、負けてばっかりですから。結果的に10人目の犬塚が外して終わったわけですが、レッズも4人目の酒井のやり直しがなかったら・・・・。まあ、試合自体の笛はよくなかったですが、それを埋め合わせるようなジャッジをした岡田氏。流石はジャスティスですね。
P1000864
試合終了後「お疲れ様でした。厳しかったけど、また前半、クソだったけど、なんとか勝てたよね。オレ、三つの拘りがあったの、聞いてくれる?まず、1つがここホーム、埼玉スタジアム。(途中聞こえず)ここホームなんだよ。負けてられないんだよ。負けられないだろ。次、2つ目、天皇杯。俺たち、カップウィーナーなんだよね。もっと盛り上げなきゃいけないんだよ。(途中よく聞こえず)次、3つ目、何だと思う?PK勝てて良かった。(周りから拍手が)ここでチャンピオンシップやって、PK勝てなかったよね。だから、俺はここでPKやって勝てて本当に嬉しい。なあ、元旦、国立に行くのは俺たち浦和レッズだからな。なあ、天皇杯とか言って来ない奴、今度連れて来い。リーグと同じくらいの価値に上げようぜ。こんな感じで元旦まで。
去年、準決勝、大宮戦きつかったよね?次の準決勝乗り越えて、元旦の決勝に行きましょう。お疲れ様でした。」
この後ジングルベルを歌った後に「手洗い・うがいをしっかりやろう」と角田氏。

この厳しい戦いを勝てて本当に良かった。
今年のレギュラーが3人いない中で勝てたのが、本当に収穫だと思います。
準決勝は対鹿島アントラーズ。また厳しい戦いになるけど、しっかり勝って元日決戦へ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年12月17日 - 2006年12月23日 | トップページ | 2006年12月31日 - 2007年1月6日 »