« 2006年2月19日 - 2006年2月25日 | トップページ | 2006年3月5日 - 2006年3月11日 »

2006/03/04

対ガンバ大阪戦:どう表現したら良いのか

ガンバ大阪1-1浦和レッズ
得点者 2分 ワシントン
    67分 加治
観衆 20,916人

今日は万博までは行けなかったので、NHKでTV観戦。
それでもいつものように、AWAYにもかかわらず、出だしのウォリアーと"Pride Of Urawa”はしっかり聞こえました。
さて試合。
前半15分の入りは、レッズはすばらしいものがありました。
その象徴が、前半2分、右サイドの暢久からのクロスをワシントンがヘッドで決めて0-1、レッズが先制します。
その後、前半20分を過ぎたあたりからガンバが仕掛けてくることが多くなりました。
前半30分過ぎからはガンバが攻勢に出ましたが、レッズが凌いでいた、39分。ポンテがシジクレイにイエローを食らわせるという師匠顔負けの(シミュレーションぎりぎり?)プレイでいい位置のFKをもらいましたがモノにできず、0-1で折り返します。
後半に入って、開始10分はガンバペースでした。CK、FKのピンチが結構ありましたから。
その後レッズが盛り返し、トゥーリオ、ワシントンといいチャンスを作るのですが、モノにできませんでした。
後半22分、ガンバの二川からのパスを加治がアレックスを振り切りシュートしてゴール。1-1、同点に追いつかれます。
この後、レッズは先に動きます。後半28分、ワシントンOUT、永井がIN。(この交代のとき、ワシントンはベンチに戻らず、即ロッカールームに直行、交代に納得いかなかったのか?)
後半34分、長谷部→ポンテ→伸二→啓太がシュート。これがポストにあったのをつめていた長谷部がフリーでシュート。しかしボールはゴールバーの上に・・・。
後半35分、ガンバに得点されそうなピンチがありましたが、なんとか防ぎました。
後半44分、長谷部からのクロスを伸二がヘディングしますが、枠の外。
そのまま、得点は動かずにタイムアップ。1-1、同点で試合終了です。

選手交代に関しては、ワシントンに代わって永井、というカードをギドは使いましたが、確か永井は今週、腰痛か何かで練習別メニューでしたよね。体調的にベストだったのかな、永井。それなら黒部なり、そのままワシントンでも良かったのでは、とも思いました。
守りについてですが、間延びしたときは5バックになっていた感じがしました。(やばいときは大抵こんな感じですけどね。)トゥーリオは相変わらず上がりっぱなしだし・・・。

勝てた試合かもしれません。ただ、この引き分けの勝点1が最終的に効いてくると思いたいです。だって、相手は昨年優勝のガンバだし、AWAYだったんだから。(チョット強引なプラス思考かも・・・。)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006/03/03

2006年リーグ戦での必要な勝ち点

いよいよ明日から2006年Jリーグが開幕します。
12月2日までの34試合。どのくらいの勝点を獲ればリーグ制覇できるか、机上ではありますが、考察してみました。

勝点70。これ以上が優勝ラインになると思います。
昨年は最後に団子状態になってしまいました。
優勝したガンバ大阪の成績が18勝6分10敗:勝点60。対する2位のレッズが17勝8分9敗:勝点59。(こうしてみると、本当に惜しいシーズンでした。)
これと平行して、昨年ジェフ、アントラーズ、セレッソ大阪が負けが7試合という負けが少ないチームでした。
ここに出てきた5チームが最終節まで優勝の可能性があったチームです。

これを踏まえると、6敗まではできると思います。
勝点70以上への条件ですが、昨年1勝もできなかったチームから勝つことが非常に重要です。アントラーズ、ジェフ、ガンバ、セレッソ、トリニータから確実に1勝すること。これで5勝の勝点+15。ただ、引き分けでイッパイイッパイのときもあるでしょうから、5敗から3勝2分の勝点+11。
それと昨年は降格したチームに負け(柏)、もしくは引き分けた(神戸)試合が2試合ありました。今年はそれを確実に負けた試合は引き分け、引き分けた試合は勝って取りこぼしをしない、ということで1分1敗から1勝1分の勝点+3。
これで、21勝10分3敗:勝点73。これで優勝ラインは突破です。

ただ、3敗で終わるなんて考えてもいません。長いシーズンですから、調子を崩す時期が絶対にあるはずなので、21勝7分6敗:勝点70。2004年シーズンでもレッズは6敗でリーグ戦を終えたんだから、できるはずです。

そんなことを言っても、これは机上の話。
明日から、長いシーズン、チームと一緒に最後まで闘っていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/02

そろそろ

そろそろ、Jリーグが開幕します。
シーズンチケットを所有し始めてから、まったく気にならなくなったホームチケットの販売状況。
興味本位でココを覗いてみたら、売れ行き好調ですね。
駒場チケットはともかく、開幕戦のチケット、残り1万を切っていますね。

ゴール裏にも新しい方々が結構来られると思うけど、煩わしいと思わずに接しないといけませんね。ただ、北側で地蔵モードだけは勘弁してほしい。
1年は長いけど、あっちゅーまに過ぎて行くんだろうなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/01

日本対ボスニア・ヘルツェゴビナ

日本2-2ボスニア・ヘルツェゴビナ

今回の試合をみて思ったことは2つありました。
まず第一に、今回の海外組招集は成功した、というか結果を出した、と言って良いでしょう。
前半ロスタイムに俊輔が蹴ったCKを高原がヘディングで先制。後半ロスタイムにも俊輔からのクロスをヒデがヘディングでゴールを決めて同点。
第二に思ったのが、ジーコは本当に悪運が強い。
普通、負け試合ですよ。それが後半ラストワンプレイで追いついてしまうんだから。
これが6月のワールドカップのグループリーグにおいてどこまで続くか、本当に興味が出てきました。
意外とブラジルから勝ち点取っちゃったりするかも・・・。

しっかし、能活、ハンブルしないでくださいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/28

チーム数増加!?

鈴木チェアマンがこんな発言をしておりました。「JFL以外からの昇格可能に
チーム数の増加ですか?
これって微妙な感じです。メインの話はJFL以外からの昇格可能にするということですが、気になったのはJ1チームを20チームに、という部分。

このままこの案が通ると、なんとかJ1チームとJ1の首位争いをするチームの力の差が開くことにより、下位のJ1チームがラフプレイで首位争いチームを止めるなんてことが・・・、とかネガティブに考えてしまいました。(昔、レッズもあったよね。J2のときとかに。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/27

浦和レッズイヤーDVD2005:感想

P1000191
181分で7,014円。
高く感じましたよ、今年のDVD。福田正博引退DVDも高かったけどね。それでも購入してしまうのがレッズサポなのかな?
まあ、全試合収録しているのかと思いましたが、5月のジェフ戦が入っていなかったのが残念。(といってもダイジェストを期待するのが悪いのかな?)けど、まとまっていましたから、一応良し、としましょう。
それよりも、オプションのシークレット映像を見るのに一苦労。
こんな面倒な設定、やめた方がいいと思いますよ。内容が結構、良かっただけにね・・・。

あれだけゴール裏のシーンがあったから、自分や知り合いが映っているかな、と思ったのですが、まったく映っていませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/26

昨日、突っ込みたかったこと

昨日の国立で突っ込みたかったことを2つばっかし。

まず第1に、この画像から。
P1000178
ガンバのサポーターの皆様、この試合開始前に出された大弾幕。"ANTI PINK"の文字に、セレッソの狼を鎖につないだ絵。
今回の相手はセレッソですか?なんか意味のない弾幕ですよね。
まあ、どーでもいいんですけどね。

次に選手がゴール裏に挨拶に来ているのを、邪魔したとまでは言いませんが、進路を妨害した報道カメラマンの皆様。
P1000189
仕事ですからそんなに文句は言いませんが、選手たちが控えてくれ、と訴えているのに進路妨害するのはいかがなものでしょうか?
まあ、所詮はプレシーズンマッチですから、どーでもいい、と言ったらそれまでなんですけどね。
しかし、周りは結構怒っている人多かったですね。そんなに怒るようなことでもないような・・・。

怒るといえば、いつも怒りたくなるようなジャッジでお馴染みの主審の西村様ですが、今回はそんなにスペクタクルな笛がなくてよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月19日 - 2006年2月25日 | トップページ | 2006年3月5日 - 2006年3月11日 »