« ノルマ | トップページ | もし行けるのなら »

2007/05/24

対シドニーFC戦:微妙

浦和0-0シドニー
観衆 44,793人

都内にある会社を定時で出てきて、『ハウス オブ ラブ』を南門前で聞いていました。
やっぱり都内(港区)から埼玉スタジアムまで1時間半はかかってしまいます。
席確保をしてもらっていたので、殆どいつもと同じポジションでやることができました。(平日開催時はいつもありがとうございます。)

P1010130

試合開始前、UBコールリーダー角田氏は、「そろそろ行こうか。オイ、ここはホームじゃねーか。響かせようぜ、俺たちの声。行こうぜ。俺たちのホーム、アジアに見せてやろうぜ。【ウォーリアーに続く】」
前半は伸二のシュートとポンテのシュートが大きな見せ場だったような気がします。
言い換えれば、決定的なチャンスはそれくらいしかなかったような気がします。
逆にレッズのほうがつまらないミス(13番のパスミスや6番のやる気がないような集中力を欠くようなプレー)が多い感じがしました。
P1010131

後半開始前、角田氏は「オイ、もっと声出せるだろ。もっとやろうぜ、俺たち。【威風堂々に続く】」
後半の立ち上がりはレッズペースになりましたが、徐々にシドニーにペースを奪われる展開となり、『あわや・・・』というシーンもしばしば・・・。
後半ロスタイム、ワシントンが切り返してフリーとなり、ショートをするという決定的な場面も在りましたが、スーパーリーチを外すような感覚で不発、となってしまいました。
ともかく、両者とも守備意識を高めたようなので、このスコアーレスには納得しないといけないでしょうね。

P1010135
試合終了後「お疲れ様でした。微妙な試合だったけど、とりあえず、本当にとりあえず、上に行けた。(途中良く聞こえず)AWAYで勝点1しか取れていないじゃん。今度、上(のステージ)に行って、勝点3とって行こうぜ。ところで、アジアに行くって言っていて、あんだけの人数しか来てないじゃないかよ。だから、みんなでアジア行きましょう。返事したからにはアジア、一緒に行くんだぞ、お前ら。とりあえず、みんなで上に行こう。みんなで行くぞ。【みんなでアジアに行こうを歌う】約束したぞ、お前ら。もう、リーグだ。日曜日マリノス戦、ココでやるんで、勝点3とろう。(途中聞こえず)日曜日、来いよ、お前ら。アジアで、この浦和レッズを轟かせようぜ、俺たち。(途中良く聞こえず)最後に、このチーム名を叫んで終わりにしましょう。【浦和レッズコール】日曜日、また会いましょう。」と角田氏。
確かに微妙な試合で『これで良いのか?』という内容でしたが、この際です。今後、チーム状態を上げて行くしかないと思います。
この試合の主審(UAE)はどっちがホームか忘れたかのようなジャッジが多かったです。今後、ノックアウトステージの審判団で泣かされそうな予感が・・・。

追伸
9月の後半に夏休み、取ろうかな・・・。

|

« ノルマ | トップページ | もし行けるのなら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/15180223

この記事へのトラックバック一覧です: 対シドニーFC戦:微妙:

« ノルマ | トップページ | もし行けるのなら »