« 韓国行きを | トップページ | 韓国旅行 »

2007/06/23

対清水戦:逃げ切り

清水0-1浦和
得点者 24分 阿部勇樹

今回は日本平に行くのを前々から諦めて、TV観戦。
試合開始前、高らかに PRIDE OF URAWAが聞こえたときに、多くの人が日本平に参戦したのが分かりました。

さて、試合。
試合の序盤はレッズペース。
前半1分、ワシントンのヘッドがクロスバーに当たってしまいましたが、これは行けそうかな、と思いました。
そんな気分の中の前半22分、ポンテのCKから阿部がヘッドで合わせて先制します。
その後、清水ペースに。
特に前半38分、混戦の中からの決定的なピンチを防いだときに、闘莉王が足をケガ。
また41分にも決定的な場面をクロスバーに救われました。
結局、この後、闘莉王は細貝と交代。
これで、前半終了となりました。

後半立ち上がり、立て続けに2連続のピンチを都築が防ぎました。
この立ち上がりが象徴していましたが、暑さのためでしょうね、両チームミスが多かったような気がします。
レッズもそんな中、後半31分のオフサイドになってしまったシーンなど、決定的なチャンスを決めることができませんでした。
それ以上に、清水がチャンスをモノにできない印象でした。

ともかく、なんとか逃げ切りました。
リーグ戦で日本平で勝つ。これって10年ぶりだそうで。
来週のエコパで磐田を負かせば、『魔の東海AWAY』から『魔』がとれますね。

本日、参戦された方、本当にお疲れ様。そして、ありがとういございます。

|

« 韓国行きを | トップページ | 韓国旅行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 韓国行きを | トップページ | 韓国旅行 »