« ・・・ | トップページ | 気がついていますよね »

2007/11/25

対鹿島アントラーズ戦:完敗

浦和0-1鹿島
得点者 
66分 野沢
観衆 62,123人

この日はいつものように当日抽選に参加。
番号がなんと2000番台をGET・・・。
この時点で北スタンドでのサポートを諦めていました。
が、偶然にも北スタンド208上段に空いている席を発見。すばやく確保して、北スタンドにてサポートできることになりました。

P1010397
試合開始前、浦和ボーイズコールリーダーの角田氏は、「そろそろ行こうか。勝ちてーよな俺たち。あの鹿島に(良く聞こえず)【ウォーリアーに続く】」で試合開始。
前半からレッズはおかしかったような気がします。(それと同じくらいに扇谷主審の笛が安定しません。この件については、後日時間があったときに。)
なんかパスがつながらないんです。
それに闘莉王が前半7分、明らかに故意のハンドでイエローカード。(闘莉王は次節、累積のため試合に出られません。)
それと平川が前半37分に細貝と交代するハプニング。(平川は頭部打撲だそうです。次節は出場できるかは不明。)
また、レッズはフィニッシュまで行けませんでした。前半唯一のチャンスは37分の闘莉王のポスト直撃のシュートだけでしょう。
前半42分、鹿島の新井場が退場処分。これで数的優位とレッズはなりましたが、なんか嫌な予感がしたのは自分だけでしょうか・・・。
そんな感じで前半は終了してしまいました。

後半は威風堂々で選手をピッチに迎え入れます。
出だしこそはレッズが押していたような気がします。
しかし、後半21分にアントラーズ野沢のミドルが突き刺さって失点、0-1となります。
それからはレッズも必死になって攻撃を仕掛けますが、結果につながりません。サイドを使って攻撃はするもののフィニッシュが決まらない。
P1010399
結局、鹿島に上手いように時間稼ぎという試合巧者的な部分を見せ付けられてしまうという屈辱的な部分もありの中、タイムアップ。
鹿島に完敗です。鹿島に負けたのはアルパイと鈴木の師匠がやりあった、あの試合(05年3月の開幕戦)以来です。
P1010398
試合終了後、角田氏は「横浜で勝とう」みたいなことを言った後に、トラメガを投げ捨てていました。
この試合の北スタンドは明らかに違いました。
なんか全体的に空気が緩んでいました。よっぽど、2-2からPKまでになった城南一和戦の方が一体感がありました。また、人数的にも引けをとらないACL決勝の方が声は出ていたと思います。

正直、認めたくないのですが、鹿島のサポの方が、1人1人の声が出ていた。
サポートでも完敗していました。

どこか、慢心があったのだと思います、この試合。
ラスト1試合。怪我人が続々と出て、なおかつ闘莉王がサスペンション。なおかつ、水曜日には天皇杯4回戦。
良い材料はなかなか見つかりませんが、もう勝つしかない状態までに追い込まれたレッズ。

横浜で勝って終わりにしましょう。


|

« ・・・ | トップページ | 気がついていますよね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/17184724

この記事へのトラックバック一覧です: 対鹿島アントラーズ戦:完敗:

« ・・・ | トップページ | 気がついていますよね »