« ACミラン戦の風景 | トップページ | ポンテMVP »

2007/12/16

CWC3位決定戦:対エトワール・サヘル戦

浦和2-2エトワール・サヘル
PK 4-2

 5分 サブール・フレジュ
35分 ワシントン
70分 ワシントン
75分 アミン・シェルミティ

開始5分でDFのミスでPK献上。これを決めれた後は、悲しいくらいのサヘルペース。ボールは持たせてもらえいますが、ノーチャンスの展開。
しかし、ワシントンのヘッドの2ゴールでなんとか勝利かと思ったのですが、75分になんだか中途半端なゴールを決められ2-2の同点となり、PK戦へ。
PKはワシントン、阿部、永井、細貝と無難に決めて、最後に都築が相手PKをしっかりセーブし、3位で大会終了。

なんか今年のレッズを象徴するような試合だったような気がします。
守備重視、選手交代なし、それでも勝負強くなんとか勝ちを拾うという試合内容。

まあ、結果良ければ全て良し、としましょうか・・・。

今シーズンはこれで全ての公式戦は終了。3月まで長いようで短いオフになります。このブログもオフシーズンモードにでもしますかね。

|

« ACミラン戦の風景 | トップページ | ポンテMVP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ACミラン戦の風景 | トップページ | ポンテMVP »