« 2006年12月24日 - 2006年12月30日 | トップページ | 2007年1月7日 - 2007年1月13日 »

2007/01/06

移籍情報

オフィシャルに移籍情報が立て続けに出ましたね。

南と新井が愛媛に完全移籍。
大山と近藤が同じ愛媛に1年間のレンタル移籍。
カニが山形に1年間のレンタル移籍。

まあ、選手は試合に出てこそ価値がありますから、まだ若い彼らにはいい結果になると信じています。
サテライト<J2の公式戦だと思いますし。


| | コメント (0)

2007/01/05

当然といえば当然

日刊スポーツのこの記事、読みましたか?
浦和オジェック監督「レギュラー白紙」

この時点でレギュラー(スタメン)が決まっているのはジーコくらいのもの。
自分の目で見定めて、しっかりオジェック監督のスタイルに合う選手選考をすると思います。

けど、今回のオジェックのスタイルは、以前の「守備を固めてカウンター」なんて言うものではないと思っています。
またシステムは2006年もっとも多かったの3-6-1なのか、それともオジェックが前にやっていた3-5-2なのか、はたまた4-4-2なのか・・・。
今から気になっています。

| | コメント (0)

2007/01/04

何が足りないのか・・・

まず、今年もこのことをブログで書けることを感謝します。

ただ、今年も私の母校である城西大学は東京箱根間往復大学駅伝競争で11位となり、目標であったシード権獲得はできませんでした。
去年、大手町まで行ってシード権獲得がダメだったので、今年はTVで様子を見ていました。
8区なんかはいいペースで走ってましたから、これはもしや目標達成か、とも思ったのですが、世の中甘くないですね・・・。

現地まで見に行った大学時代の友人に言わせると、「他の大学と比べて勝ちたい、という気持ちの走りをしていない。特に2区と9区。」とのこと。
自分は駅伝とかは、この正月の時期しか見ませんのでなんともいえませんが、明らかにシード権を勝ち取った大学と比べると何かが足りないんでしょうね。

次回も予選会を勝ち抜かないと正月に走れません。なんとか予選会は勝ち抜いて欲しいですね。

| | コメント (0)

2007/01/03

ayumi hamasaki BEST of COUNTDOWN LIVE 2006~2007

P1000877
天皇杯決勝戦の前日。
今回もチケットがGETできたので、行ってきました、カウントダウンライブ。大晦日に代々木って、もう何年連続?
良くわかんないです。

まずは、もう公開してもいいと思うので、セットリストから。
01.No yet
02.ourselves
03.Fly high
04.Beautiful Fighters
05.NEVER EVER
06.A Song for XX
07.No way to say
08.Free&Easy
09.evolution
10.flower garden
11.untill that Day...
12.AUDIENCE
13.Boys&Girls
[アンコール]
14.Trauma
15.independent
16.Humming7/4
17.BLUE BIRD
P1000875

ただ、こうセットリストを改めて見ると盛り上がるような曲ばかりやりましたね。
今回のライブはFly high、A Song for ××、Boys&Girlsなどに代表されますが、以前やった舞台セットだったものと同じものが多く、なんだか少し「それはないだろー」という感じになりましたよ。
一番がっかりしたのはA Song for XX ですよ。またあのカンフー系のアレンジバージョン・・・。
同じA Song for XX なら、ドームツアーのA Song for XX にして欲しかった。(でもこの曲が合っただけでもOKなのかな?Boys&Girls の噴水は嬉しかったけど。)
"BEST of・・・”と名づけられているのを見た時点で、このようなライブになることは分かっていましたが、もう少し手を加えてくれても良かったのでは、と思います。

でも今回のカウントダウンのメインディッシュは、アンコール後のMC。ヨッチャンこと野村義男様が12キロやせたことで、ウェーブをやったことでしょう。
やー・せー・たー、ネ。(「ネ」がポイントなんですが)

総評としては、今回はとりあえず次回のアジアツアーへの布石。そういう意味でも次回に期待、というところですね。

ところで、今度のアジアツアーで台湾に行くのですが、このデコレーション車は車持込OKの台湾に行くのでしょうか?P1000872
この種の車を見ないと、浜崎あゆみのライブに来た気がしませんし、台湾の人達にも見せてあげたい。


【おまけ】
今回、紅白歌合戦でのayuの姿は、NHKホール前の街頭TVで確認。
代々木のライブに来ていた人たちは、ここでその姿を見ていました。
P1000871


| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007/01/02

天皇杯決勝:A HAPPY NEW URAWA REDS

浦和1-0G大阪
得点者 87分永井
観衆 46,880人

今回、ガムテープで順番を確保し、9時半には国立競技場の中に入れました。
朝から、みんな本当に並んでいましたね。
ビジュアルの手伝いを少しやらしてもらったりして、時間を上手くつぶして、時間を潰していました。

P1000881
試合開始前、UBコールリーダの角田氏は「そろそろ行こうか。もう一丁行こうか。そろそろ行こうか。俺たち、チャンピオンになったけど、1つ気にかかることがあるんだよ。埼スタで自分たちのサッカーができたって言うチームがあるんだよ。あいつらだよ、気にくわねーよな。ぶち倒そうぜ。大阪に帰ってもらおうぜ。あれは俺たちのカップだ。誰にも渡さねーぞ。(ウォーリアーに続く)」
こんな感じで試合開始。
ただ、やはりリーグ戦と比べて、5・6人もスタメンが代わったレッズと、ほぼフルメンバーでやってきたガンバ。実力差はかなりありましたね。
この12月、リーグ戦・天皇杯と見てきた自分にとって、今日ほど完全に押し込まれた試合を見ていません。
前半のスタッツ比較でも、レッズのシュートは4本、それに対してガンバのシュートは11本。
これを都築をはじめとするディフェンス陣の踏ん張りと、ガンバのマグノ・アウベスや播戸などが枠外に外してくれて、前半を0点で凌いでくれました。

後半開始前、「あいつらの攻撃、俺たちの声で跳ね返してやろうぜ」と言った後に、『好きにならずにいられない』を歌い、後半開始。
後半も相変わらずですよ・・・。
ガンバは後半も優位に、いや完全にゲームを支配し、一方的に攻めてきました。
これをなんとか最終防衛線で防ぐしかないレッズ。
そんな状況を打開しようと、後半17分に平川→長谷部に。ただ、この交代はそんなに効果がないように見えました。相変わらずのガンバペース。
後半31分、伸二→岡野。この交代が効きました。一方的に押されていた試合が少しレッズに傾き始めました。
そんな感じで迎えた後半42分、岡野からのクロスを永井が、あの永井がグラウンダーのシュート。シュートが決まって1-0、レッズが勝ち越します。
P1000883

現場で見ている人間には、ロスタイムがハッキリ分からず大変でしたが、チョット長そうなロスタイムをなんとかやり過ごし、タイムアップ。


P1000888

天皇杯優勝しました。
ハッキリ言ってこの試合、かなり押されてて、本当に負けてもおかしくなかったですから。
暢久が高々とカップを掲げるのを見て、「苦しいゲーム、良くものにして、良く勝った。お疲れ様。」というのを強く感じました。

P1000890
We Are Diamonds.を歌った後に、「いきますよ、明けまして(浦和レッズ!)。」といった後、「記憶力大丈夫?イントネーションが違う」と角田氏。
その後もう一回「明けまして(浦和レッズ)、本年も(浦和レッズ)、A HAPPY NEW (URAWA REDS)。【浦和レッズコールに続く)」
「今度、そっち(バック)行くよ。明けまして(浦和レッズ)、本年も(浦和レッズ)、A HAPPY NEW (URAWA REDS)。お疲れ様でした。気に入っているからね、あのカップ。ちっちゃくてな。絶対渡せねー。このカップ戦こだわっていたんだよ。このカップ戦、落としたらさー、リーグの価値落ちちゃうじゃん。あいつらにもう勝てないと、もっと思わせたいんだよ。ナビスコだってやってやるよ。このカップは渡さねー、絶対渡さねー、全部独り占めだ。なあ、優勝慣れしてきた?そんな顔しているけど、このタイトルが、俺は1番嬉しい。14年待っていたんだ。俺たちが獲ったんだ。今回、ベストメンバーじゃなかっただろ。俺たちが勝たしたんだよ。間違いねーよ。みんなで浦和に帰ろうぜ。本年も宜しく御願いいたします。」
なぜかここで三・三・七拍子。その後にバンザイを角田氏がやろうとしましたが、上手く行かずブーイングを受けることに。
そして3回くらいそれを繰り返した後で、万歳三唱で締めて、お正月の歌を歌うゴール裏。
その後アゲインで、明けまして(浦和レッズ)、本年も(浦和レッズ)、A HAPPY NEW (URAWA REDS)と言う感じで、中締めみたいなカタチになり、ギド待ちとなりました。
P1000896
ギドが監督会見が終わるのが、5時過ぎ、5時5分にはこちら(ゴール裏)に来ると言うことが広報から角田氏に、教えられ、それをメガホン使って指示されました。
それまで、「ギド、来い、ギド、来い、オイ、オイ」、「ギド、サンキュー、ギド」とか「ギ・イ・ド、カモン、カモン、カモン」とかやりましたね。
そしたら約束どおり、来てくれました、ギドが。最後にはスタンドの中まで来てくれて、そこで胴上げ。今までの浦和の監督の中で1番良い成績を残してくれた監督です。本当に心から感謝しています。

その見送りの儀式が終わった後「これでギドも送り出したし、来年、また強くなって、またこのタイトル保持して、リーグとって、勝って行きましょう。ギドのためにも、もっと強くなろうよ俺たち。もっと強いレッズになりましょう。今年も宜しく。お疲れ様でした。浦和に帰りましょう。アジアも待っているし、リーグもあるし、今年は忙しいよ。頑張ってお金貯めてアジア行けよ、みんな。水曜日だけど。俺は行くからよ、みんな頑張ろうよ。」と角田氏。

そう、今年はアジアがあります。無駄遣いしないでアジア遠征に備えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/01

連覇

明けまして浦和レッズ。
本年も浦和レッズ。
A HAPPY NEW 浦和レッズ


明日、しっかりまとめます。

| | コメント (0)

2006/12/31

感謝をこめて

今年1年、弊ブログにをご覧頂き、本当にありがとうございました。
先日、約2年で12万HITということになりました。

今年、個人的に出向などの様々な環境変化がありました。そんな中でも、このブログをほぼ毎日更新できたのは、皆様のおかげだと思っています。

本当にありがとうございました。

それでは皆様、よいお年をお迎えください。

今日はこの後、代々木第一体育館→国立競技場です。

| | コメント (0)

« 2006年12月24日 - 2006年12月30日 | トップページ | 2007年1月7日 - 2007年1月13日 »