« 神戸戦試合後 | トップページ | 応用力 »

2008/03/23

対京都戦:確かに上向き

京都3-3浦和
得点者
19分 エジミウソン
35分 エジミウソン
36分 徳重
39分 エジミウソン
45分 柳沢
54分 渡辺

日曜日午後5時キックオフだというのに、結構ゴール裏にはイッパイいました。試合開始前に浦和カモンが大音量でTV越しに聞こえてきました。
浦和のスタメンは都築が先発で出場、セルヒオがベンチ入りから外れて、その代わり達也がベンチ入りしていました。今季初のセカンドユニフォームです。

さて、試合。立ち上がりはなんか落ち着かない感じがしましたが、それも最近見慣れてきたような・・・。
そんな中でも、レッズが主導権を握りました。
前半19分、右サイドから梅崎が早めにクロスを上げて、これをエジミウソンがボレーであわせて先制、0-1とします。
その後もレッズペース、前半35分には永井が右からクロス、これを梅崎がシュートしますがGKにはじかれ、また梅崎の所へ、それをエジミウソンがシュートして、2点目。0-2とします。
その1分後の36分、京都のロングスローから徳重にゴールを決められ1-2にされてしまいます。
前半39分、左サイドの相馬がエンドラインギリギリのところからドリブル突破して、エジミウソンにクロスが上がる形に。それをエジミウソンが決めて1-3。2点リードで前半を終了します。

後半、京都は3TOPに布陣を変更してスタート。
後半早々、またロングスローインからパスを受けた柳沢が決めて2-3に。
後半の立ち上がり、レッズの守備は安定していませんでした。それが顕著に出たのは後半10分、守備が上手く纏まらず、渡辺に決められて3-3の同点にされてしまいます。
この後、永井OUT達也IN,平川OUT西澤IN、エジミウソンOUT高崎INとレッズも4バックにしたりと手は打ちましたが、結局実らずこのままタイムアップ。
選手が挨拶して、控え室に引上げるときにララ浦和を歌っていたのが印象的でした。

この試合、確かに調子が上向いているのは分かりました。
ただ、守備が本当に不安定に見えました。特に、坪井-堀之内-堤のバックラインは安定感がなかったです。
そこを3TOPという手段で突いてきた京都のほうが上手だったということかな?

30日の新潟戦、少しは期待を大きくしてスタジアムに行きましょうか?

|

« 神戸戦試合後 | トップページ | 応用力 »

コメント

はじめまして
他チームサポです

浦和は確かに上向きだし近いうちに必ず立ちなおるでしょう
一方うちは復調の兆しまるでナシ!…orz

他サポの愚痴なんて面白くもなんともないですよね
失礼しました

投稿: カミオダ7 | 2008/03/24 14:31

コメント、ありがとうございます。

川崎も大変みたいですね。

でも、こんなレッズ1色に近いブログにコメントなんて・・・。
かなりお疲れのようで。

投稿: ハットリ | 2008/03/25 11:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/40613207

この記事へのトラックバック一覧です: 対京都戦:確かに上向き:

« 神戸戦試合後 | トップページ | 応用力 »