« 大した事なく | トップページ | 結果と再挑戦 »

2008/04/02

対清水戦:逆転

清水1-2浦和
得点者
10分 藤本
58分 永井
70分 エジミウソン

このゲーム、啓太はベンチ入りもせずスタンドで観戦。
その代わり細貝が先発出場。

前半は清水の方が押していました。
その象徴が10分、藤本がペナルティーエリア内で阿部を股抜きしてシュートして、先制点を献上。
その後も清水が押していました。ともかく前半は守備が今後の課題であることが分かった、という感じです。
そんな中でもレッズが惜しかったのは、前半33分の闘莉王のシュートでしょうか。
結局、1-0でハーフタイム。

後半早々、暢久OUTで梅崎IN。
ここからレッズペースになったような気がします。
後半11分、闘莉王のヘディングは西部に防がれてしまいますが、後半13分に梅崎のクロスを永井が押し込んで(というか西部のミスかも)、同点に追いつきます。
後半25分、劇的なシーンが待っていました。エジミウソンがパスをもらい、清水のDFを振り切ってドリブルで持ち込んでゴール、1-2と逆転します。(このシーンを見て、凄い選手なんだと初めて認識しました。)
その後は危ないシーンもありましたが、なんとか凌ぎきってタイムアップ。

これで2連勝。リーグ戦の成績も2勝2敗の5分の星勘定になりました。
ここからです。土曜日のジュビロ、そして来週のアントラーズ、気持ちを引き締めて行きましょう。

|

« 大した事なく | トップページ | 結果と再挑戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/40742388

この記事へのトラックバック一覧です: 対清水戦:逆転:

« 大した事なく | トップページ | 結果と再挑戦 »