« 言った言わないよりも | トップページ | 実感がない »

2008/05/03

対神戸戦:引分け

神戸1-1浦和
得点者
70分 阿部
79分 吉田

この試合が始まる前に、神戸サポがビジュアルをやっていましたが、これがTV画面を通してみても、それほど完成度の高いものではありませんでした。
すかさず、レッズサポからは鹿島戦の時のようにやり直せコールがおきました。
試合開始時は、”アレアレアー浦和”のコールで始まりました。

さて試合。
この試合は珍しく、レッズペースで試合に入れました。
シュート自体は神戸の方が多かったのですが、カタチはレッズでした。
まあ、そうは言ってもだんだん神戸も攻めてくるようになって、次第にゲームは一進一退気味になりました。
前半素晴らしかったのは、5分の高原のオーバーヘッドと、32分の永井のFKを堀之内が外したヘディングシュートでしょうか?

後半開始4分に平川が接触プレイでOUTし、その代わり相馬がIN。
その後後半6分、神戸の馬場(かな)のシュートがクロスバーを直撃・・・。これがかなり危なかった。
そうこうしているうちに後半20分が過ぎてしまい、ゲルト監督は暢久に代えて、梅崎を投入。
梅崎をTOP下、永井を右サイドに代えて対応します。
後半25分、メイン側のCKを梅崎が入れて、1回はじかれた後、もう一度梅崎が入れて、闘莉王が折り返したボールを阿部がボレーシュート、これが決まって0-1、レッズが先制します。
後半31分、神戸にゴールポストに当てられるシュートをされてしまい、これはまずいと思った、後半34分。神戸吉田の左からの突破を許してゴール、1-1の同点となります。
後半42分、ゲルト監督は高原に代えて内舘を投入し、闘莉王を最前線に貼り付けます。
4分間のロスタイムに3本ほどシュートを放ちますが、結局得点には至らず・・・。

1-1の同点で試合終了でした。

正直、今回神戸まで行っていないので、なんとも言えません。

次節のジェフ戦、しっかり勝ちましょう。

|

« 言った言わないよりも | トップページ | 実感がない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75337/41079428

この記事へのトラックバック一覧です: 対神戸戦:引分け:

« 言った言わないよりも | トップページ | 実感がない »