« 職場環境がかわると | トップページ | クライマーズ・ハイ レビュー »

2008/07/12

対大分戦:酷い

大分2-0浦和
得点者
10分 前田
80分 ウェズレイ

この試合、なんか集中力が切れたときの失点と、パスミスしか印象に残らない感じです。
確かに試合開始時に29度も気温があったら、試合に集中できないでしょう。ただ、それは相手チームも条件は一緒のはず・・・。

前半立ち上がりはレッズが押していましたが、そんな中の前半10分。完全にボールウォッチャーになっているDF陣を横目に、大分の前田がゴールを決めて1-0。
その後、啓太やら闘莉王やらが「オイオイ!」と声を上げてしまうくらいのパスミスをしてくれます・・・。
前半21分、阿部のゴールが決まった感じがしましたが、これはオフサイド・・・。
前半はいいところなくって感じで終了。

後半は、永井とエジミウソンに代えて、高原と梅崎を投入します。
後半17分から後半26分までレッズ側のCKが7本ほどありましたが、得点には至らず。ここでこのチャンスをモノに出来なかったのは本当に痛かった。
後半33分、堤に代えてセルヒオを投入。
ここで守備が混乱したのか、後半35分、ウェズレイにゴールを許して2-0・・・。
これでゲーム終了です。


正直、ここまで酷い試合になるとは思わなかったです。
木曜日のヴェルディ戦、行くの止めようかな・・・。

|

« 職場環境がかわると | トップページ | クライマーズ・ハイ レビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 職場環境がかわると | トップページ | クライマーズ・ハイ レビュー »